FC2ブログ

オメガトライブ(神津島)【舞台探訪・聖地巡礼】

2001年から2008年まで「ビッグコミックスピリッツ」で連載された玉井雪雄先生の漫画『オメガトライブ』の舞台になった神津島を訪ねてきました。厳密にいうと、神津島は改題されたあとの『オメガトライブ キングダム』というか、最終章に該当する『オメガトライブ キングダム クロニクル』にも登場するのですが、便宜上、まとめて『オメガトライブ』として取り扱います。『20世紀少年』と『21世紀少年』もまとめたら20世紀少年ですよね…。
P_20190719_230901_vHDR_Auto.jpg
コミックスでいうと、9巻に収録の88話「島の女」から10巻収録の105話「息子」が“姉島”こと神津島が舞台となるエピソードです。
そして、最終巻収録のクロニクルⅡ“3年後”にも少々登場します。
国会議事堂から防衛大学校まで、様々な場所が主要舞台として登場する本作ですが、姉島は恵美を巡って小菅と激しいバトルを繰り広げ、敵対していた荒戸源一郎を仲間に加える非常に重要な場所として登場しますので、本作の熱心なファンで、かつ離島めぐりも趣味としている私としては、ずっと訪れたいと思っている憧れの地でした。
ちなみに、この島が神津島なのだろうというのは、上記の俯瞰カットからもすぐ分かるのですが、なんといっても赤崎の遊歩道ですね。島を代表する観光スポットですので、特定作業をした当時はまだGoogleのストリートビューもありませんでしたが(今は遊歩道上まで網羅されてます)、神津島と画像検索すれば、木造の遊歩道が岩場に敷かれている画像が沢山でてきますので、すぐに分かります。
そういったわけで、架空の島でないことはすぐに分かりましたが、“姉島”なる名前にしたのは、異母姉妹たる英姫と恵美の関係からということですかね。
というわけで、比較画像です。先ずは、姉島に向かう大型客船から。

【東海汽船 さるびあ丸】

P_20190719_194049_vHDR_Auto[1]
東京は竹芝桟橋と大島・利島・新島・式根島・神津島を結んでいる大型客船が“さるびあ丸”です。現在のさるびあ丸(2代目)は1992年に就航していますので、作中のさるびあ丸も現在のものと考えてよかろうかと思います。こちらは航海船橋甲板の左舷後方側になるのですが、きっちり一致しています。新海誠監督の「天気の子」でも登場していましたね。ちなみに、現在のさるびあ丸(2代目)は2020年6月5日に退役することになっており、新造船(3代目のさるびあ丸)が建造中です。このカットが回収できる残り時間は短いです。

【渚橋】
P_20190719_231327_vHDR_Auto.jpg
神津島に唯一ひとつだけ設置されている信号機の近くにある橋です。もうひとつ東側に潮見橋という橋が並んでおり、潮見橋の袂から見たカットになります。

【前浜集落中心部】
P_20190719_231233_vHDR_Auto1.jpg
神津島の中心部、前浜を見下ろしたカットです。千歳橋という橋の左岸側あたりから海方面を見たものになるのですが、作画用に写真を撮影して、それを元に描いたのだろうという位細かい点まで一致して、大興奮でした。海の向こうに見える島は、恩馳島という島です。

【前浜港】
P_20190719_231146_vHDR_Auto.jpg
神津島と本土を結ぶ、高速船・大型客船が就航する島の玄関が前浜港です。気象条件により、島の反対側にある多幸湾(三浦港)に就航する場合もありますが、島の中心地にある港がこちらの港です。港のカットは、神津島のものではなさそうなものが多かったので、一致しないのかと思っていたら、これに関してはばっちり実在の風景を参考にしていました。右手の山を見て頂きたいのですが、大きな木らしきものが2つほどピョンと飛び出しており、そこまでしっかり一致しているところを見ると、このカットはどう考えてもここで正解なのではと思います。ただ、一致したのはこれ位でした。

【赤崎遊歩道】
P_20190719_231437_vHDR_Auto.jpg
島を代表する観光地です。姉島編がクライマックスを迎える重要な舞台です。改変はされているものの、この辺りをモデルにしたのだろうなぁ…というのは、橋の構造が一致していることからも窺えます。

P_20190719_231528_vHDR_Auto_20190723010115c33.jpg
こちらも撮影資料を基に描いたというよりは、参考に作画したといった雰囲気です。

P_20190719_231507_vHDR_Auto.jpg
一致する場所が、ありそうでない…赤崎のカットに関してはそんな感じのところが多かったです。

P_20190719_231709_vHDR_Auto.jpg
或いは、現在侵入が禁じられている部分に一致する場所があった可能性は否定できません。右の写真は、遊歩道の一番北側なのですが、見事に破損して進入できなくなっていました。遊歩道の北側はかなりの範囲で立入ができない状態でした。

というわけで比較画像はこんなものです。姉島の風景は作中において、かなり沢山登場するのですが、どうも実在の島の風景ではなさそうなものが大半です。その一方で、明らかに島での風景を資料として作画しているものが混在しており、どういった意図なのか何とも不思議な感じでした。
いずれにせよ、長年夢見たオメガトライブの舞台にやってくることができ、大興奮でした。『天気の子』目当てで神津島を訪れる人は一定数いそうですが、アニメ・漫画が好きならば、是非、オメガトライブもご一読の上、訪問してみてもらいたいものです。
P_20190721_104320_vHDR_Autoagr.jpgP_20190721_104338_vHDR_Auto_HP.jpg
ちなみにですが、紹介した渚橋のカットを撮影した傍らに、アニメイトがありました。
東京都最南端のアニメイトかと思いましたが、多分、最西端でもありますねw
スポンサーサイト

天気の子(神津島)【舞台探訪・聖地巡礼】

※ネタバレを含みますので未鑑賞の方は注意下さい。

令和元年7月19日に公開された新海誠監督の映画「天気の子」に舞台モデルとして登場した神津島に赴きました。
DSC_0148.jpg
本作は当初より離島から東京に出てきた家出少年が主人公だと“あらすじ”で語られており、トレーラーが公開された際に、主人公帆高が東海汽船のさるびあ丸に乗船しているカットが含まれていたため、伊豆諸島のいずれかの島の出身なのだろうと推察されていました。普通に考えれば、通常さるびあ丸が就航している大島~利島~新島~式根島~神津島のいずれかということになるというわけです。
P_20190720_222109_vHDR_Auto.jpg
7月9日に公開された新たな映像では、フェリーの金額が入った帆高のメモが映り、ネット上での島の特定議論は更に白熱します。乗船日が6月となると、通称三八航路(三宅島~御蔵島~八丈島)に就航している橘丸がドッグ入りしており、さるびあ丸が三八航路に就航する時期だからです。
zc.png
帆高の出身地はどの島だ…そういった議論を嘲笑う様な新PVでしたね。この結果、島の選択肢が広がった訳なのですが、6510円という乗船料金が分かっている為、学生割引で2割引になることを考えると、作中の島が実在の島の設定に準じている場合、金額的に選択肢は八丈島と神津島しかなくなりました。割引無しなら三宅島なんかの料金も含まれるので、全然絞られたわけでもなかったのですが、結果的には実際の料金設定を作中でも踏襲していたわけです。
DSC_0330.jpg
個人的には、沢山の人が関わっている有名監督の新作であり、ロケハンもあったであろうにも関わらず、全くWeb上に情報が漏れて来ない事を考えると、「島の描写は実在の島の風景ではない。ただし過去の新海作品にも見られたら様に、モデル地は実在して、国内の何処かで撮影した資料を元に作画した」というのが最終的な予想でした。見事に外れてしまいました…
ただ、やっぱり島の描写は僅少でしたね。島の登場シーンが豊富で、神津島であることの必然性が要求されるほど重要な場所であったならば、プロデューサーや監督なども入った大規模なロケハンが生じた筈で、その場合、どう考えても関係者が大量にいて情報が漏洩しただろうと考えます。

前置きが長くなりましたが、離島巡りも趣味にしている当方にとっては、まだ未上陸で、いずれ訪問すべく準備もしていた島でしたので、折角なら「天気の子」熱がアツい内に訪問しようと思い立ち、公開日翌日の23時に東京竹芝桟橋を出航する“さるびあ丸”に乗って神津島に赴いたというわけです。ちなみにですが、神津島は私の大好きな玉井雪雄先生の漫画『オメガトライブ』に出てくる姉島のモデルでして、場所の特定作業で元々ストリートビューで結構チェックをしていたので、意外と頭の中には島の風景が最初から刻まれていました。

さて、比較画像ですが、神津島の他に映画のエンドロールで協力としてクレジットされていた東海汽船の“さるびあ丸”、さるびあ丸の到着する竹芝埠頭の3つに分けています。先ずは伊豆諸島神津島から。

【神津島】
1.東京都立神津高等学校
DSC_0884.jpgDSC_0889_2019072119250727a.jpg
敷地外から撮影可能な登場カットはこの2枚だけだったと思います。左は校門前の道路、右は体育館と校舎です。
あの体育館の中で、卒業式が行われていたわけですね。
神津高校のホームページに、卒業後の進路が掲載されているのですが、それによると平成30年度の卒業生は8人の様です。
作中でもかなり人数の少ない卒業式でしたが、全校生徒合わせても20~30名程度しか在校生はいないようですね。

2.はるか展望台 東屋
DSC_0879.jpg
神津高校の校門のすぐ西側の道路沿いにあります。Googleマップには「はるか展望台」と記載されていて、地元の方のツイートなどでもこの表現が見かけられたので、はるか展望台と記載しましたが、現地に行ったところ、特に名称の入った看板などはなく、観光マップにも記載はされていません。
いずにれせよ、前浜海岸の白いビーチを眼下に望む素晴らしい眺望の展望台であることは間違いありません。そこにある東屋なのですが、訪問時には立ち入りが禁止されていました。3名ほどの地元の方が作業をしておられ、周辺全体が工事中といった感じです。東屋ごと解体されるということはないと思いますが…
DSC_0876.jpgDSC_0882.jpg
この東屋では卒業式の後、後輩に帆高が告白!?されていたわけですが、もうちょっとアップのカットも幾つかあったような記憶ですが、どんなアングルか曖昧です。

3.多幸湾
DSC_0618_201907211952549ca.jpgDSC_0587.jpg
神津島には船が着く港が2つあり、メインの集落に近いのが神津島港(前浜港)。この港の反対側にあるのが多幸湾三浦港です。作中に登場していたのはこのメイン集落と離れた多幸湾だったように思います。港の向き的に北風が吹く冬場は多幸湾に就航してたりしそうですが、帆高が家出した6月の時期っていうのはどうなんでしょう。どちらかというとレアなんじゃないかという気がするんですが、実際、私が訪問した日も“さるびあ丸”と下田と神津島を結ぶ“フェリーあぜりあ”は多幸湾に入港しました。
ちなみにですが、同日、高速船は全て前浜港に就航してましたので、単純に風や波などの気象条件だけの影響ではないのかもしれません。

ちなみにですが、このこちらの港に到着した場合、集落まで歩いていける距離ではないので、前浜の集落まで村営バスで移動することになります。バスは200円の前払いで、船に接続していますが、時間ロスと余分な経費がかかるのも事実…ですが、多幸湾海水浴場の白いビーチと青い海は前浜とはまた違う美しさがあって良いですよ。それに、作中の再現をしようと思うと、多幸湾に就航してもらわないとなので、手間は増えますが、喜ばしいことと思って受け入れましょう。

4.千両池への道
DSC_0946.jpg
帆高が雨に濡れながら走っていた道です。こちらは似てる…というところで、本当にここがモデルかはちゃんと検証しないと何ともですね。先に現地を訪れた探訪者の方々もここだろうとおっしゃっているほか、私も事前のストリートビューの下調べでも、モデルがあるとしたら、この辺りしかないかなと思いました。
千両池は島を代表する観光スポットのひとつですので、そのままご覧になるのが良いと思います。

【さるびあ丸】
天気の子PV1a
東海汽船の大型客船「さるびあ丸」です。さるびあ丸に関しては、トレーラーで登場していた2カット分だけ、比較画像があります。
といいながら、こちら、きちんとした回収が出来ていません。作中では帆高が東京に上ってくるシーンが描かれているので、作中のシーンを再現するには、東京行きのさるびあ丸に乗船する必要があります。今回は神津島に行く際はさるびあ丸、戻りは高速船を使用しました。そんなわけで、こちらはレインボーブリッジに合わせて撮影したものです。

天気の子PV1b
同じカットですが、こちらは船に合わせて撮影したものです。この船の一番上のデッキは、さるびあ丸では航海船橋甲板と呼称されています。いずれにせよ、私のカメラでは広角が足りませんでした。

天気の子PV2g
アンテナ?避雷針?なのか分かりませんが、航海船橋甲板の後部です。これも広角が全然足りません。これ以上後ろに下がれないので、広角が確保できないのです。全体的に作中では航海船橋甲板がすごく広く描かれていたような気がするのですが、実際はあまり歩ける場所がありません。

DSC_0391.jpgDSC_0497_20190721210912783.jpg
須賀に助けられた帆高が定食とビールをおごらされていた船内のレストランです。こちら致命的なミスを犯し、作中で出てきたのは4番テーブルだったのですが、そこは回収できませんでした。こういった客船ではよくあるのですが、レストラン営業時間外は休憩スペースとして開放されるものかと思っており、いざレストランの営業が終了する朝7時30分過ぎに向かったところ、見事に準備中となっており入室できませんでした。4番テーブルの位置は、外部からだと見えない位置です。作中の再現をしたければ、レストラン営業中に食事を取りに行くことをお勧めします。ちなみに1200円もする定食は扱っておらず、一番高いジャンボエビフライカレーでも1150円です。また、作中では980円もしたビールですが、実際は600円ですね。さすがにビール一杯で980円も取る客船のレストランは、探してもないのではw

DSC_0444.jpgDSC_0451.jpg

DSC_0434.jpgDSC_0421_2019072121164508b.jpg
あとは、なんとなく登場した様な気がする場所を…
なお、現在のさるびあ丸(2代目)は2020年6月5日に退役することになっており、現在、新造船(3代目のさるびあ丸)が建造中です。というわけで、作中に登場した現さるびあ丸に乗船できるのは、来年6月までなので、作中の雰囲気を味わい方はお早めに。ということで、帆高同様に6月12日に神津島から東京に向かうということは映画公開から一度もチャンスが無いというわけなのです。

【竹芝客船ターミナル】
P_20190720_222920_vHDR_Auto.jpgP_20190720_222923_vHDR_Auto.jpg
船を降りた帆高と須賀圭介が会話していたのが、竹芝埠頭の竹芝客船ターミナルです。
うろ覚えですが、数カット出てきただけだったように思います。

以上です。
まだ、比較用に用意できる画像がないので何となく…というレベルになってしまうのですが。
神津島、『天気の子』の舞台どうこうとは無関係に、とても美しくて面白い島ですので、是非、訪れて欲しいです。
ちなみにですが、今回、舞台となる場所を巡るのには、レンタルバイクを活用しました。徒歩で多幸湾まで行くのはちょっと厳しいですし、起伏もあって自転車もしんどいと思います。その他の観光スポットを巡るのにも、原付が最強でしょう。
島には「レンタルバイク・スズキ」と「神津島オートサービス」という2つの店があり、料金体系などはいずれも同じようです。
3時間3300円(税・ガソリン代込み)で、「天気の子」の登場箇所と主要観光スポットは回れるかなという感じですが、私がレンタルした日は、片方のお店が満車、もう一方も自分が借りたのが最後の一台だったので、夏期はまず原付確保するのに苦労するかもしれないですね。島旅好きとしては、とにかく原付レンタルをオススメします。
今回は日帰りだったので、ちょっと物足りなかったので、次は天上山登山に挑戦したいものです。
P_20190721_115002_vHDR_Auto_HP.jpg

オーイ!とんぼ(トカラ列島)【舞台探訪・聖地巡礼】

2011年から「週刊ゴルフダイジェスト」にて連載中のゴルフ漫画『おーい!とんぼ』の舞台となっているトカラ列島を訪問して来ました。本作は1~7巻が「トカラ編」となっており、トカラの中心的な島、中之島を中心に物語が進行します。作中では中之島は火之島、悪石島が悪礫島となっており、一応架空の島という形になっていますが、その他の島の名前はそのまま登場しており、作中で具体的に描かれるこの2島だけ敢えて島の名前をアレンジしたようです。
DSC_0726_2019060115104633c.jpg
実はトカラ列島に赴くのは初めてではなく、2015年に宝島を訪れたので2回目の訪問です。その際には本作の事は知ってはいたのですが、実は三島村に行く船に乗る予定が欠航になってしまい、セカンドプランだった十島村行きをその場で決めた為、何の準備もしていなかったのと、初訪問だったので一番奥の島まで行ってみたいという興味が勝り、宝島行きを決めました(一番奥の島まで行けば船からその他の島を全て見れるからです)。
CIMG9282.jpgCIMG9284.jpg
その際には、鹿児島港の船の待合所に本作の試し読み版が置かれていたり、ポスターみたいなものも掲げられてたのですが、今回はこれらは見当たりませんでした。撤去されてしまったんですかね…。ちなみに宝島にある十島村役場の出張所にも同じポスターが掲示されており、出版社側がプロモーション展開をしていたことが伺えました。今もあるのか知りたいものです。
CIMG9687.jpgCIMG9689.jpg

本作は、ゴルフ雑誌に連載されている漫画であるにも関わらず、心を揺さぶる少女の成長譚にもなっており、その面白さはホリエモンこと堀江貴文氏の折り紙付きです。漫画好きで知られる堀江氏は、以前にこの作品を書評で取り上げていました。幸い私はゴルフのルールや文化は分かるのですが、分からなくても十分に面白い漫画になっているので、是非、読んで頂きたいと思います。特にトカラ編のラストとなる7巻は、ハンカチ無しでは読めないと思いますね。この7巻はゴルフ要素が全くない巻です。

そんな訳で、ずっとそのメイン舞台たる中之島に赴きたいと思い、モデルの特定や訪問用資料なども準備を整えていたのですが、いざ宿を取ろうと思ったら、まさかの全宿満室。フェリーは週2便で空路はありませんので、中之島に上陸するには民宿の予約が必須です。十島村や三島村などの離島では、こういうケースはよくあります。元々宿泊施設が僅少であることや、工事関係者が大人数で長期滞在したりといったことが要因です(表向きはそういうことになっていますが、本当は別の事情もあったりしますね…)。
DSC_0894_20190601161956434.jpgDSC_0502.jpg
今回、往路・復路とも中之島沖にNTTコミュニケーションズグループの海底ケーブル敷設船「きずな」が停泊していたのですが、どうもこのインフラ関係工事で滞在者が多かった様で宿が取れなかったみたいです。実際、中之島では結構な数、会話の内容からNTT関係者と思われる方々が降りていきましたし、船上からも工事関係者なんかが見えました。
DSC_0443.jpgDSC_0955_201906011622201f3.jpg
そんな訳で、中之島は諦めて、舞台となるもう一つの島、悪石島に赴いたというわけです。といいながら、中之島の登場箇所には港も含まれ、船上からでないと回収できないカットもありますので、それらに関してはばっちり写真に収めてきました。また、一部、鹿児島市も登場しますので、本記事で紹介するのは「悪石島」を中心に「中之島」「鹿児島港」「フェリーとしま2船内」の4か所ということになります。
CIMG9392.jpgCIMG9297.jpg
早速、比較写真を…というところですが、私の別の趣味である離島訪問について発表する場がないので(自分のやっているブログはこれのみで、このブログは舞台探訪・聖地巡礼についてのみ取り上げると決めているためです)、このブログを本作の舞台に赴く人の為の交通・宿泊案内も兼ねて、「フェリーとしま2乗船記」、「悪石島訪問記」的な形で書こうと思うので、余分な要素が多く、長文になりますがお許し下さい。
実は僻地の離島というのは、これだけネットが充実した今の世にあっても、意外とWeb上に知りたい情報がなかったりするものなのです。これでも悪石島が訪問離島143島目である位には島を巡っていますので、離島訪問者の視点から、旅に必要な情報を盛り込みたいと思っているので、「おーい!とんぼ」目的ではなく本記事を訪問した人にも、参考になる内容になれば幸いと思います。

【鹿児島港】
P_20190515_232026_vHDR_Auto.jpg
先ずは、トカラ列島行きの船が出る鹿児島港から行きたいと思います。いがいががとんぼに嘘を付いて鹿児島に出ていく際に登場します。ドルフィンポートという複合商業施設です。

P_20190515_232044_vHDR_Auto.jpg
船の乗り場からすぐ近くですので、フェリーの出港まで時間を潰すのにもいい場所です。土産物屋から飲食店、雑貨から家具、呑み屋やコンビニまで何でも揃っています。フェリーの乗船開始は21時、出港は23時なのですが、こちらに入っているコンビニは21時で終了なのでご注意下さい。
DSC_0323.jpg
鹿児島港発着の航路は多いので、船を眺めているだけで面白いですよ。しかも雄大な桜島をバックに見ることができるので。写真左手前に停泊しているのが、トカラ列島行きの村営定期船「フェリーとしま2」です。船の出発は23時ですが、初めての訪問なら日が暮れる前から港あたりをうろうろすることをオススメします。今回の旅で、鹿児島発着航路のフェリーは殆ど全部見れたんじゃなかなって感じですね。
DSC_0165.jpgDSC_0245.jpg
鹿児島野―竹島・硫黄島・黒島<フェリーみしま>/鹿児島―種子島<プリンセスわかさ>

DSC_0497.jpgDSC_0305.jpg
鹿児島―奄美大島・徳之島・沖永良部島・与論島・本部・那覇<フェリー波之上>/同航路<フェリーあけぼの>

DSC_0898.jpgDSC_0488.jpg
鹿児島―奄美大島・徳之島・沖永良部島・与論島・本部・那覇<クイーンコーラル8>/同航路<クイーンコーラルプラス>

DSC_0906_2019060122461646a.jpgDSC_0474.jpg
鹿児島―喜界島・奄美大島・徳之島・沖永良部島<フェリーきかい>/同航路<フェリーあまみ>

DSC_0301.jpg
鹿児島―屋久島<フェリー屋久島2>

「フェリーとしま2」には浴場はありませんが、シャワー室は設置されています。ただ、有料ですし、1室しかないので、事前に鹿児島港周辺の温泉施設で湯に浸かっておくことをオススメします。鹿児島市街は桜島という絶賛活動中の活火山が目の前にあるような土地柄なので、温泉施設は充実しています。いわゆる町中の銭湯が、鹿児島の場合、普通に天然温泉なのです。港の一番近くの温泉だと「かごっま温泉」ですかね。ここは2015年に宝島に訪れた際に、フェリー乗船前に入泉しました。としま旅客待合所からちょうど1km位の場所にあります。390円という料金も魅力的です。天文館にある「ホテルニューニシノ」に併設されている天然温泉&サウナもちょうど1km位の距離です。ただし、こちらは男性専用で、料金も銭湯というより健康ランド的設定ですね。今回は悪石島から鹿児島に帰ってきた夜にこのホテルに宿泊したので、こちらも入泉しました。
CIMG9288.jpgP_20190526_182527_vHDR_Auto_HP.jpg
ただ、実は意外と近い隠れたオススメ温泉がこちら、桜島にある国民宿舎レインボー桜島に併設された「桜島マグマ温泉」です。直線距離は3km弱ありますが、フェリーとしま2の乗船場と桜島行きのフェリー乗り場は800m程しか離れていないため、桜島港のすぐ近くにあるこちらの温泉までは徒歩での距離は1.2km位のものです。桜島フェリーの往復料金が掛かってしまいますが、たかだか片道160円ですし、入泉料は390円と割安です。市街地の銭湯的なつくりの温泉と違い、いわゆる日帰り温泉施設といった感じで、シャンプー・ボディーソープ等も設置されていますし、湯上りに休む休憩スペースもあります。今回はここで19時位まで時間を潰しました。
DSC_0269.jpgDSC_0289.jpg
桜島側にいると西側が鹿児島市街になるので、錦江湾の向こうに沈む夕日を拝むことができます。日没前後の桜島フェリーも最高でした。
DSC_0349.jpgDSC_0352.jpg

DSC_0264.jpgDSC_0284_2019060200315721f.jpg
というわけで、こちらが鹿児島港のトカラ列島行きの船が発着する場所。実際に乗る時は夜で真っ暗なので、昼間に撮影したものです。
DSC_0393.jpgDSC_0392.jpg
待合所の中はこんな感じ。こちらで乗船券を購入します。乗船開始となる21時前くらいは、結構な人の数で待合室は賑わっています。

【フェリーとしま】
さて、次は鹿児島~トカラ列島~奄美大島を結ぶフェリーについでです。トカラ列島は諏訪之瀬島に飛行場(場外離着陸場だけど…)があったりはしますが、定期運行便はなく、このフェリーが現実的には唯一の訪問手段となります。
DSC_0388.jpgDSC_0380.jpg
週に2往復の運行となっており、23:00に鹿児島港を出港し、翌朝、トカラ列島の各島に寄港し、15:20に奄美大島は名瀬に到着し、翌日の深夜02:00に名瀬港を出港し、トカラ列島各島に寄って18:20に鹿児島港に着くというスケジュールになっています。そのため、島では最低1泊が必須ですが、逆に云えば島に1泊でトカラ列島に行って帰ってくる事が出来ます。週末なら金曜日23:00に鹿児島港を出港し、日曜日の18:20に鹿児島に戻ってくるスケジュールですので、平日勤務の社会人でも大阪位に住んでいればギリギリ休暇を取らずに行って帰ってくることが可能なスケジュールです。ただし、時刻表通りに船が運航すればの話ですが…。今回、私が訪問した際は定刻通りに鹿児島を出港して、定刻より15分早く鹿児島に戻って来ましたが、以前に宝島を訪問した際は1時間以上遅延しました。また、欠航・抜港のリスクもあるので、現実的には怖くてなかなか週末だけで会社員が訪問するのはリスクが高いですけどね。ただ、船が2018年に新しくなって元々の運航スケジュール自体も以前の船の時より30分も早く鹿児島に着くようになっていますし、2時間位なら遅れても、博多駅までの新幹線には間に合います。
dfhn.jpg
さて、今回行きは2等の指定寝台、帰りは2等を使用しました。指定寝台は予約が出来ますので、事前に電話で予約を入れておきます。多客期でなければ満席にはならないとは思いますが、何があるか分からないですからね、離島は。イベントや祭りとか、工事とか、何かの理由で満席になる可能性もありますので。
P_20190524_203148_vHDR_Auto_20190604230540d4e.jpg
21時から乗船が可能ですが、予約席の受付は21時までとなっているため、予約を入れた場合は21時までに乗船場の受付に行かねばなりません。ここでお金を支払い、乗船券を受け取ります。2等は往復で買えますので、基本往復で購入しましょう。島で乗船券を買うのは面倒臭いです。港で販売している訳ではなく、役場の出張所などが販売窓口です。他の島に寄るとか奄美に抜けるとかでないか限り、どうせ復路もフェリーを使う訳ですし、指定寝台は等級は同じく2等で付加料金を支払って指定寝台を取るという概念の為、往路は指定寝台、帰りは2等という形でも、往復購入可能です。指定寝台の場所は、乗船券を購入の際に指定され、右上のF-〇〇となっているところが自分の席になります。
では、それぞれの席がどんな感じかという事についてです。

P_20190524_214324_vHDR_Auto.jpg
フェリーとしまの客室は1階・2階となり、1等×2室、2等(指定寝台)×6室、2等×10室あります。2等室の数え方は区切れ目が微妙なところがありますが…。また、これらの通常の客室とは別途、女性専用室と75歳以上の高齢者の方用の特別室が設けられています。「多目的室」と書いてあるのがそれです。

■1等
P_20190526_180711_vHDR_Auto_HP.jpgP_20190526_180718_vHDR_Auto_HP.jpg
P_20190526_180730_vHDR_Auto.jpgP_20190526_180725_vHDR_Auto.jpg
P_20190526_180720_vHDR_Auto.jpgP_20190526_180742_vHDR_Auto.jpg
たった2室しかない最も高いグレードのお部屋です。私が宿泊したわけではないですが、鹿児島に下船直前にこの部屋の方が出てきたので、中をお見せ頂きました。指定寝台と同じタイプのベッドが4つ並んでおり、ゆったりくつろげそうなテーブルと椅子が用意されていました。船主側に位置しており、窓からの景色もよさそうです。テレビや冷蔵庫もあり、とても快適そうでした。お金があったら是非、使ってみたい…。なお、この部屋はベッドが4つでしたが、1等のもう1室はベッドが2台の部屋だそうです。そちらは入っていないので写真はありません。

■2等(指定寝台)
P_20190524_225606_vHDR_Auto.jpgP_20190525_082020_vHDR_Auto.jpg
P_20190525_082003_vHDR_Auto_HP.jpgP_20190525_082012_vHDR_Auto.jpg
DSC_0704fjg.jpgDSC_0703.jpg
A~Fまで全部で6室あり、1室につき4つの寝台があります。全室確認したわけではないですが、多分、スペース的に全室4寝台だと思います。となると、全部で24名分しかないということになり、意外と少ないなという印象です。各部屋に、テレビと時計がありますが、基本的に相部屋なので、全員同じグループでない限り、ちょっとテレビは付けにくいですかね…。同寝室のテレビに一番近い乗客がザッピングしながら、好き勝手に結構大きな音量でテレビを見ていて、正直言ってうるさかったです。消灯時間になったら勿論消してましたが、はっきり云って相部屋前提の部屋にテレビはかえってない方がありがたいと個人的には思いますね。テレビを見たい人はパブリックスペースで幾らでも見れますし。ベットはかなりふかふかで柔らかいです。照明とコンセントも各寝台にありますので、何も困ることはありません。2等の料金にプラス4000円で指定寝台が利用できます。

■2等
P_20190526_072112_vHDR_Auto_HP.jpgP_20190526_072106_vHDR_Auto.jpg
P_20190524_214757_vHDR_Auto.jpgP_20190524_214735_vHDR_Auto.jpg
DSC_0417.jpgP_20190525_070346_vHDR_Auto.jpg
最低ランクの2等でもこのクオリティ。各自にマットレスがあり、下もやわらかくてとても快適です。大きな部屋では10名以上が入りますが、一番小さい部屋は3名部屋となっており、部屋サイズは結構バラバラです。繁忙期には満員になったりするのかもしれませんが、そうでなければ、びっしり人で埋まるというケースはあまりないでしょうから、これだけのスペースが一人分で確保されていれば、十分快適だろうと思います。コンセントはなんと1名あたり2つの挿し口があります。指定寝台でも1つなのに、凄いですね。
1話4
ちなみに、先代の「フェリーとしま」の2等室はこんな感じ。作中で登場するのは先代の「フェリーとしま」であるため、基本的に現在就航中の「フェリーとしま2」に乗船しても、カットは回収できません。2015年に乗船した際に、写真を撮影しておいたので、こちらはその時の写真です。

■女性専用寝台
P_20190524_223127_vHDR_Auto.jpg
1Fの右舷、中心よりにあります。女性専用なので詳細どうなっているか不明ですが、窓の外から撮った写真、あとから確認したらこれが女性専用の部屋だったようです。通常の指定寝台とは少し構造が違っています。こちら、女性が指定寝台料金を支払った際に誘導される部屋なんですかね!?ちょっと分からないです。女性に生まれ変わったら、乗ってみたいと思います。

■多目的室
P_20190524_214456_vHDR_Auto.jpgP_20190526_172824_vHDR_Auto_20190605005249795.jpg

P_20190524_214514_vHDR_Auto.jpgP_20190526_172839_vHDR_Auto.jpg
1階に3室がある多目的室です。75歳以上の高齢者・障害者・要介護者の方が利用できる部屋になります。先代の「フェリーとしま」は2000年に就航し、2018年まで18年にわたって運用されました。本船は2018年に就航しましたが、同じように18年使用されると、その頃には2036年になります。超高齢化社会を迎える中で、僻地の離島のそれはことさらです。そういったことまで見越して、こういった部屋にかなりのスペースを割いているのかなと思いました。

■レストラン・売店
さて、ここからはパブリックスペースの紹介です。先ずはレストラン・売店です。
P_20190525_085614_vHDR_Auto.jpg
鹿児島から乗船の際は、出港後30分後まで、つまり23時30分まで営業し、翌朝6時30分から13時まで営業します。

P_20190525_085405_vHDR_Auto.jpgP_20190525_085338_vHDR_Auto.jpg
P_20190525_085331_vHDR_Auto.jpgP_20190525_085356_vHDR_Auto.jpg
こちらがカウンター。ここで食事を注文し、完成すると呼び出されるシステムです。食事類のほか、お菓子やお土産も多少販売されていました。
P_20190525_085322_vHDR_Auto.jpg
メニューはこんな感じ。

DSC_0429.jpgDSC_0427_20190606003508ef0.jpg
DSC_0422.jpgDSC_0421.jpg
席の方はこんな雰囲気です。私が乗船した日は乗客は100名はいない位の感じでした、乗船後はほぼ満席といった感じで賑わっていました。

P_20190515_231952_vHDR_Auto.jpg
作中で登場する先代の「フェリーとしま」とは、かなり雰囲気が違います。

P_20190515_231946_vHDR_Auto.jpg
「フェリーとしま2」では半分が座敷席になっているが特徴的です。マットレスなんかも置かれていて、場合によりこの座敷も客室に変更可能な仕様といった感じです。
ffyfjy.jpg
そのまま「レストラン・売店」もある2階のパブリックスペースを紹介します。

■パブリックスペース
P_20190524_214229_vHDR_Auto.jpgP_20190524_214235_vHDR_Auto.jpg
P_20190524_214908_vHDR_Auto.jpgP_20190524_214237_vHDR_Auto.jpg
こちらが2階の中心部、なんていったらいいんでしょう。ロビー的なスペースです。椅子が沢山ならんでいて、ゆったりとできます。無料の給水機もあります。
P_20190526_101942_vHDR_Auto.jpg
さらに本棚もあり、漫画も結構置かれています。
P_20190524_214851_vHDR_Auto.jpgP_20190524_223501_vHDR_Auto.jpg
岩代俊明先生の『PSYREN -サイレン-』、激アツなのも並んでます。こちらですが、以前の「フェリーとしま」にも設置されていました。しかしながら、前にはあった本が結構処分されている感じでした。できれば、ここに、「オーイ!とんぼ」を全巻設置しておいてもらいたいものですな…
P_20190524_214246_vHDR_Auto.jpg
エレベーターの横にはキッズルームも設置されています。私が乗船した時は上りも下りも幼子は一人も乗っておらず、使用はされていませんでした。
P_20190524_222725_vHDR_Auto.jpgP_20190524_222730_vHDR_Auto.jpg
続いてはトレイです。新しい船だけあって、ものすごくきれいです。和式便座はありません。洋式便座が2つとなっています。

P_20190524_222734_vHDR_Auto.jpg
シャワールームもこの2階のトレイの場所に男女別にあります。少なくとも男性の方は1つしかありませんでした。

P_20190524_214352_vHDR_Auto.jpgP_20190524_214343_vHDR_Auto.jpg
最後に2階にある自販機についてです。レストラン前におつまみやカップ麺の自販機が1台、レストラン内に、パン・カップ麺の自販機と、アサヒビール・アサヒ飲料の計3台の自販機が設置されています。アサヒビールの自販機には、スーパードライのほか、大口酒造のさつま焼酎<伊佐錦>も並んでいます。1階にはセブンティーンアイスもありますし、最悪、特に何も買わずに船に乗り込んでも、食べ物に困るということはないかと思います。

ag.jpg
続いて1階のパブリックスペースです。
P_20190524_214417_vHDR_Auto.jpgP_20190524_214424_vHDR_Auto.jpg
ちなみに1階と2階をつなぐ中央部の階段はこんな感じ。

P_20190525_070328_vHDR_Auto.jpgP_20190524_214649_vHDR_Auto.jpg
P_20190524_214431_vHDR_Auto.jpgP_20190525_065416_vHDR_Auto.jpg
1階の中心部分、案内所がある前のスペースです。案内所の隣には診療所がありました。診療所?診療室でなくて?と思いましたが…。このスペースにはテレビが設置されていて、その向いには自販機が3台並んでいます。コカコーラ・明治・セブンティーンアイスの3つです。自販機の横には無料の給水機も設置されています。
なお、このテレビ、放送が映ってないときは、艦橋からの映像が流れていて、船内にいながらどの辺りを航行しているのか分かるようになっていました。
P_20190525_070344_vHDR_Auto_HP.jpgP_20190524_214440_vHDR_Auto.jpg
船内には公衆電話もありますし、タバコの自販機もあります。本当に何も困らないです。

P_20190524_214549_vHDR_Auto.jpg
Wi-Fiもありましたが、自分が使った時はちょっと速度はしんどい感じだったので、普通にパケット使ってスマホいじってました…

■外部デッキ
P_20190515_232211_vHDR_Auto.jpg
作中はこれまで同様先代の「フェリーとしま」なので、本船とはあまり一致しないです。

DSC_0493.jpgDSC_0722.jpg
2階の外部です。左の写真が左舷側、右の写真が右舷側です。
DSC_0691.jpgDSC_0539.jpg
3階に該当する甲板です。船内図では「第一遊歩甲板」とも表記されています。さらにこの上に4階があるのですが、残念ながら行きも帰りも、階段は封鎖され、入ることができませんでした。船内図ですと、4階もプロムナードデッキ扱いにはなっているので、本来、一般乗船客が入れる構造にはなっている筈ですが、入れること、あるんですかね。

P_20190526_094448_vHDR_Auto.jpg
こんな感じで、外部の甲板はあんまりスペースがありません。そのため、港に着岸前後は、様子を眺める人だかりができて、結構写真は撮りずらいくらいでした。

■外観
1話1
まだ先代の「フェリーとしま」が就航していた際に撮影したものです。まあ、そのまんまですね。

1話2
そして、こちらは「フェリーとしま2」で比較してみたものです。基本的に似た船なので、こうやってみると正面から見た感じはそっくりですね。

1話3
同じカットで「フェリーとしま」と「フェリーとしま2」をそれぞれ並べて比較してみたものです。
こうやって見るとよく分かるかと思うのですが、先代に比べて「フェリーとしま2」の方が外部の通路が減ってるんですよね。全体的なシルエットはほぼ同じ感じです。

DSC_0586.jpg
ということで「フェリーとしま」は以上です。

【中之島】
さて、いよいよ次はとんぼが住んでいる本作の中心的な舞台、火之島こと中之島です。冒頭で述べた様に上陸することは叶わなかったので、船上から再現できるカットのみ回収しました。
1話6
接岸した際に、デッキから外海側を撮ったものです。取材に基づいて作画されていることがよく分かります。

1話8
トカラの有人島で、警官が常駐しているのは、中之島だけとなっています。作中では、フットジョイというゴルフブランドの手袋を警官が付けているという、その後の展開に繋がる演出がなされています。右手にグローブつけてますが、左利きなのか、はたまたグローブを両手に着ける派なのか…。ってか、大事なゴルフ用品を通船作業にも転用してるんですねw実際にこの日いたお巡りさんは、素手でした。

P_20190515_231835_vHDR_Auto.jpg
25話で、いったん五十嵐が火之島を離れる際のカットです。船が出た直後に桟橋があのように見えることはありません。桟橋があの位置になるとすると、既に船体がかなり桟橋から離れているためです。先代の「フェリーとしま」では船首側に外部デッキが伸びていたので、その位置から見たものか、分かりやすく離別の雰囲気を出すため、桟橋の先端まで見える形で描きたかったという演出上の理由でしょう。

【悪石島】
いよいよ、今回上陸した悪石島こと悪礫島です。しかし、中之島→中之島・悪石島→悪礫島と、島の特徴をうまく表現し、さらに音の響きまで意識した名称変更は見事だと思いますね。悪礫島…なるほどぉ。
P_20190515_204529_vHDR_Auto.jpg
まずは、日本の特産種にして、トカラ列島のシンボル的な鳥「アカヒゲ」です。作中でも説明されている通り、十島村の村鳥にもなっています。島内を歩いていると、結構見かけるのですが、ブレなく写真に収められたのはこの1枚だけでしたね。

P_20190516_000747_vHDR_Auto.jpg
悪石島を船上から眺めたものです。

P_20190516_000824_vHDR_Auto.jpg
桟橋の様子です。先端部分のしっかりと悪石島の桟橋が再現されていることが分かります。

P_20190516_000847_vHDR_Auto.jpg
桟橋で通船作業をしている人達が来ている「悪」Tシャツです。作中に出てるこれは「悪」つなぎ?ですかね。
DSC_0819_20190618215301285.jpgDSC_0557.jpg
結構いろんな色のTシャツがあるみたいです。なお、この“二重の極み”を繰り出すことができるようになりそうな悪Tシャツは、悪石島自治会で2500円で販売されているようです。民宿の食堂の壁に貼ってありました。自治会とどうやってコンタクトとるんでしょう…売店すら1件もない島なのに。宿泊した民宿とかで云えばいいですかね。

P_20190516_000807_vHDR_Auto.jpg
桟橋に描かれている歓迎の壁画です。こちら、連載時には左側の絵しか描かれていなかったのですが、2018年にユネスコの無形文化遺産に「悪石島のボゼ」が構成要素となっている 「来訪神:仮面・仮装の神々」が登録されたことを記念して、右側の絵が追加されました。

P_20190516_000932_vHDR_Auto.jpg
こちらは湯泊温泉という温泉の露天風呂です。男女別に露天があるのですが、残念ながら現在は使用できない状態になっており、ボウフラが沢山沸いていました。

P_20190516_000932_vHDR_Auto2.jpg
男風呂の方の脱衣所です。そのまんまですね。

P_20190516_000950_vHDR_Auto.jpg
そして、とんぼが入っていた女風呂ですが、こちらは水も抜けていて空っぽになっていました。

DSC_0015.jpgDSC_0018.jpg
DSC_0019.jpgDSC_0026.jpg
しかし、ご安心下さい。露天は使用できませんが(いつまでできないのか、いつから使えない状態なのか不明です)、内湯は普通に入浴可能です。露天と内湯は、ちょっとだけ離れたところにあり、繋がっているわけではありません。
こちらの温泉ですが、200円の入浴料で使用するこができます。シャワーは4つ、そんなに大きな湯舟ではありませんが、100名も住んでいない島なので、混雑して芋洗いになるということもないのでしょう。

P_20190516_001015_vHDR_Auto.jpg
昭和19年に学童疎開輸送中にアメリカ海軍の潜水艦の攻撃を受けて沈没し、1500名近い犠牲者を出した対馬丸の慰霊碑です。港から集落に向かう途中にあります。看板が左右入れ替わってますね。

P_20190530_232821_vHDR_Auto_1.jpg
桟橋を上からみたカットです。こちらも港から集落に向かう途中あたりかた見たものです。

P_20190516_003037_vHDR_Auto.jpg
旧暦7月16日に行われるボゼ祭りです。実在の場所を描写しているのか分からなかったのですが、写真の建物が作中のものとそっくりでした。悪石島のシンボル的な扱いの仮面神ボゼですが、残念ながら島内にボゼの実物や模造品等の展示物は一切ありません。唯一あるのが、桟橋のこの絵くらいです。モノが見たければ、とんぼの住む中之島にある歴史民俗博物館に行けば展示されているらしいです。

DSC_0325.jpg
そう云えば、荷積岬というところのトレイの横にあったシャワーがなんだかボゼ感のあるデザインだったのですが、まさかこれ、意識して設置されている…?w

ということで、クタさんの造ったショートコースはプレイできませんでしたが、登場した場所は大方回ることができたかと思います。
悪石島といえば「咲-Saki-」のハッちゃんこと永水女子の薄墨初美の出身地の設定で有名ですが、“悪石の巫女”とはどの神社のことなんですかね。
DSC_0203.jpgDSC_0305fg.jpg
zsdg.jpg
悪石島には幾つか神社がありますが、神主が常駐している神社は無いそうです。島の方に訊いてみたのですが、1年交代で氏子総代が回って来て、その人が神事もやるとのこと。従って島民なら誰しも神事に関わる可能性があり、神秘の島だし女性なら「悪石の巫女」と呼んでもいいかもしれないですね

悪石島探訪は以上です。次こそは、火之島に訪問してみたいと思います。
DSC_0046.jpgDSC_0960.jpg

つうかあ(三宅島)【舞台探訪・聖地巡礼】

2017年10月クールに放送された『つうかあ』の舞台を巡りに、離島めぐりがてら三宅島に赴きました。本ブログは舞台探訪・聖地巡礼のみ扱うことにしておりまして、収載作品も100を超えましたが、沢山の猛者がいるこの界隈より、離島巡りの方が本当はブログを書く価値のある趣味なのかもしれません(今のところその気はないですが)。この三宅島が140島目の訪問島になりました。島を日帰りで観光することを主目的に回ったので、細かいカット合わせなどもしておらず、島旅を楽しみながら「つうかあ」の雰囲気にも浸ってきた。そんな感じですので、半分旅行記みたいになっています。旅程構築にお役立て下さい。

本作はシルバーリンクの10周年記念作品として制作されたオリジナルテレビアニメーションで、三宅島で開催されるサイドカーレース「女子高校レーシングニーラー全国大会」で女子高生達が全国優勝を目指す青春群像劇です。
OP9
三宅島は調布飛行場から空路で行く方法と竹芝桟橋さんから東海汽船の大型客船で向かう方法がありますが、今回は大型客船「橘丸」で現地に向かいました。この黄色く目立つ船体の橘丸は、作中にも登場しています。
DSC_0780.jpg
竹芝桟橋自体は、JR浜松町の駅から徒歩10分もあれば着く場所にありますので、大変アクセスが良いですが、運行の時間は結構過酷です。竹芝桟橋を22:30に出発する夜行便が毎日出ているのですが、三宅島に着くのが早朝05:00とかなり朝早くです。04:35には船内の照明が通常照明に切り替わり、船内アナウンスで間もなく到着の旨が放送されますので、どんなに寝れても5時間といったところでしょう。
P_20190517_222356_vHDR_Auto.jpgP_20190517_222405_vHDR_Auto.jpg
往路は特2等、復路は2等を使用してみました。この写真が特2等の船室です。各個人にコインロッカーが割り当てられており、コインはリターン式となっています。照明のところにコンセントの挿し口もあるので、スマホも充電可能です。下の部分も同じ東海汽船のさるびあ丸(2代目)と比べると、かなり柔らかく寝やすいと感じました。カーテンを締めればプライベートな空間が確保できますので、繁忙期に使用する方には、特2等をオススメします。現在の橘丸は2014年に就航した比較的新しい船で、2等室もかなり考えられて造られていますから、夜行バスで4列シートが気にならない方は2等で十分だとは思いますが。

P_20190517_224206_vHDR_Auto.jpgP_20190518_200722_vHDR_Auto.jpg
こちらが2等の部屋です。区画によって差はありますが、10名位入る部屋が多いのではと思います。仕切り版があり、場所はチケットを買う際に指定されるので、空いていれば偏らないように、各部屋数名程度という形で配慮してもらえる筈です。戻りは夜行でもないし空いていそうだったので、2等を使いました。実際、私が使った席では、同じ部屋に3名だけでした。なお、こちらの席では部屋にコンセントが2つのみでした。復路は13:35に三宅島を出て竹芝桟橋に着くのが19:45という昼行便ですので、休憩スペースや外部デッキの椅子で時間をつぶすこともできますし、こういう時間構成の船に乗る時は、行きが指定寝台、帰りが雑魚寝をいつも使っています。東京~三宅島だと3000~4000円違いますしね(時期によって結構値段が違う)。

DSC_0142.jpgDSC_0121.jpg
さて、上述のとおり橘丸の三宅島への到着は早朝で、私が訪問したのは5月でしたが、まだ薄暗い状態でした。冬だったら真っ暗でしょうね。

DSC_0167.jpgDSC_0171.jpg
DSC_0199.jpgDSC_0192.jpg
そして、ついに上陸。この日は5月の金曜日夜発便でしたが、三宅島に降り立ったのは150名程でした。お客さんの半分くらいは太公望とバードウオッチャーって感じでしたかね。まだ朝の5時過ぎなので、当然港近くのお店も空いておらず、殆どの人が予約してあった民宿等なのでしょうか、車やバスで何処かに消えて行きました。港の待合所は空いていましたが、ここで時間を潰していたのは、私ともう1グループのみでした。ちなみにここで注意なのが、三宅島のどの港に接岸するかということです。海の状況に問題がなければ、通常は錆ヶ浜(阿古)港に到着しますが、波の高さや向き等によっては別の港に到着することがあります。錆ヶ浜港・三池港・伊ヶ谷港という3つの港があり、いずれもかなり離れています。さらに恐ろしいのは、私も三宅島に着いたあと知ったのですが、行きと帰りで、寄港する港が変わることが稀にあるとのこと。これはリスキーです…。島内のバスは1日5便しかありませんので、万が一港が変ってしまったら、レンタカーをどうするかとか、色々な問題が生じますね。

DSC_0232.jpgDSC_0225.jpg
OP11
無事に錆ヶ浜に着けたなら、ここで早速『つうかあ』に出会えます。阿古漁港船客待合所(愛称:ここぽーと)の正面(と云っても港側から見れば裏側だけど)入ってすぐに『つうかあ』コーナーが設置されていて、実車スケールの「明日葉丸」が展示されています。観光協会のTwitterによると2018年7月に設置されたものらしいので、放送後、かなり時間が経過してからの設置だったようです。既述のとおり、この待合所は早朝も入ることが出来ますので、船で三宅島に着いたなら、まずはこのコーナーを見たいところです。

P_20190518_053619_vHDR_Auto.jpgP_20190518_052557_vHDR_Auto.jpg
なお、このコーナーに『つうかあ』の舞台マップも置かれています。舞台マップといっても、地元が許諾を得て作成したとか、観光協会と版元がコラボして作ったみたいな類のものではなくて、一迅社の発行している雑誌「Febri」内の特集コーナー“舞台百景”を別刷りしたみたいな形のものです。
P_20190518_053552_vHDR_Auto.jpg
島内の舞台モデルが全島バランスよく10カ所に絞ってキャプチャ画像とともに紹介されており、これを参考に舞台巡りをしても良いかもしれません。私もここに掲載されている10カ所は全て参考に回りました。
P_20190518_094410_vHDR_Auto.jpgP_20190518_094400_vHDR_Auto.jpg
他に何処に設置されているかは不明ですが、私が今回廻った限りだと、三宅島空港と作中にも登場する山辺旅館には置いてありました。

ということで、舞台巡りのスタートです…と云いたいところですが、時間はまだ朝5時過ぎ、5月だったので景色が見える位には明るいですが、そもそも足がありません。今回、錆ヶ浜の港から1km超のところにある「朝信レンタバイク」というお店で原付をレンタルしたのですが、借りることが出来たのは朝8時からでした。観光協会の運営しているレンタサイクルにしても、利用できるのは9時からなので、いずれにしたって、時間を港周辺で潰すほかありません。早朝対応のレンタカー屋もあるみたいですが、金銭面や手間、舞台の回りやすさなどの機動力、どれを取っても原付のレンタルが最善なので、初めに港周辺を原付を借りられる8時まで、徒歩で巡ります。港から近い順に行くとこんな感じ。

【大野原島】
OP14
阿古港の西南9 km程のところある無人島です。高い所は100m以上の高さがあるらしく、阿古周辺からだとかなり目立ちます。

【阿古駐在所】
sdf1話
三宅一周道路沿いに立地しています。そのまんまの姿で登場します。

【民宿 夕景】
OP4
阿古の集落の北の方にある民宿です。作中では民宿・暁となっており、ゆりの実家の民宿のモデルです。入口の大きな岩も再現されています。

OP12b
OP12a
ゆりの実家は「民宿・暁」、めぐみの実家は「みつわ旅館」、作中ではふたつが隣同士ということになっています。上の写真が「民宿夕景」、下の写真が「山辺旅館」なのですが、離れた場所にある2つの宿泊施設を、民宿夕景の位置に並べた設定になっています。

【ヤマノベ旅館】
OP2
阿古の集落の南側にある旅館です。この看板は三宅島一周道路沿いに設置されているものです。観光協会のHPでは「ヤマノベ旅館」とカタカナになっていますが、Googleマップ上では「やまのべ旅館」と平仮名、この看板では「旅館山辺」となっており、どれが正しい表記なのか不明です。旅館の玄関の上の部分には「山辺」とだけ掲げられていました。作中では、民宿暁の隣に立地することになっています。

OP3
内部も一致していました。昼食を頂いた囲炉裏の間も作中そのまんまでした。折角なので、今回はこちらで釜飯を頂きました。旅館の方も「つうかあ」の舞台として登場していることはご存知で、「つうかあ」の舞台巡りで訪問した旨を伝えると、既述の舞台マップを下さいました。また、写真撮影・掲載にも快く応じて下さいました。
DSC_0851.jpgDSC_0852.jpg
DSC_0856.jpgDSC_0857.jpg
私が頂いたのは海鮮釜飯です。はっきり云って“うまい”です。「つうかあ」目的の方もそうでない方も、是非ご賞味頂きたい味です。税込み1600円でした。お茶碗の真ん中あたりにある貝は、地元の人が「あさり」と呼んでいる貝だそうです。岩場にへばり付いている一枚貝らしいのですが、今まで食べたことのない貝でした。味噌汁もカメノテが入っていたりで、しっかり離島感のある釜飯になっています。ちなみにオススメは金目鯛の釜飯とのことでした。

【ティー・ハウス ノン・ノ】

tyjd_2019052023114985b.jpg
作中で多可女学園のまおとひとみが宝塚ばりに踊っていた場所のモデルがこのカフェなのですが、やまのべ旅館に併設されているカフェです。食事は旅館の囲炉裏のある部屋で頂いのですが、釜飯は席に運ばれてから20分ほど加熱するので、その間の時間で見学させて頂きました。とても趣きのある喫茶店です。

DSC_0821_20190520231824495.jpgDSC_0825.jpg
DSC_0850.jpgDSC_0847.jpg
店内には、ポスターのほか、田村正文監督のイラスト入りサイン色紙も飾られていました。

【三宅島一周道路】
OP17
山辺旅館に入る小路の辺りから、阿古の集落方面を撮影したものです。既述の旅館の看板がある辺りですね。この道路の最高速度が、作中では∞となっています。奥に見えるのが錆ヶ浜です。

ということで、以上が錆ヶ浜の阿古集落周辺で、徒歩で回れる舞台モデルです。それ以外の場所の巡り方についてですが、バスは1日5本しかなく、公共交通機関で巡るのは非常に厳しいと思います。今回利用したのが、レンタルバイクでした。レンタルバイクは、いつでもさっと、停車して写真が撮れますし、観光スポットに寄る時も、レンタカーと違って駐車のことなども全く気にする必要がない、最高の交通手段だと思います。値段も車より遥かに安いですしね。幸いにも、阿古の集落には「朝信レンタバイク」というバイク専門のレンタル屋さんがあり、ここが島で唯一のレンタルバイクのお店となっています。
DSC_0817.jpgDSC_0820.jpg
見た目はオンボロで、店主も常駐はしていませんが、しっかり営業しています。この日は5月の土曜の晴れでしたが、借りに来たのは私1名だけとのことでした。なんででしょう…150名くらい下船した筈なんですけどね。レンタルバイクって無い離島も多いですし、このお店が営業しているということを、幸運と思わないといけない位に思うのですが。ちなみに、そんな感じなので、満車になるということはまずないでしょうが、お店に人が常駐していないということもあり、事前に電話で予約をしておくことをオススメします。
DSC_0819.jpgDSC_0414.jpg
お店にも「つうかあ」のポスターが貼られていました。私は50ccの原付を借りましたが、原付2種もそれ以上の2輪も用意してあるようです。料金は、基本3時間で2500円、以後、1時間ごとの500円?という計算のようです。8時から13時まで借りて3500円でした。なお、ガソリン代も税金も含まれており、掛かるのはこの値段だけ。かなり良心的です。なんで借りる人いないんだろう…と思いましたが、考えてみたら自分みたいな一人旅の旅行者じゃないと、レンタカーの方借りちゃいますよね。
DSC_0801.jpgDSC_0647.jpg
貸し出してもらったのは、ホンダのTODAYでした。三宅島の一周道路は起伏も多いので、2ストがいいなぁ…なんて思ったりもしましたが、4ストで十二分です。というわけで、以下から、阿古集落から離れた場所の紹介になります。半時計回りに並べています。

【新澪池跡】
OP1
三宅島TTのスタート地点になっている場所は、観光地でもある新澪池のあたりの一周道路沿いです。
DSC_0441.jpgDSC_0445.jpg
かつては美しい池があったのですが、1983年の噴火で流入した溶岩により水蒸気爆発が起こり、池の水が無くなってしまったという地球のパワーと畏さが感じられる観光スポットです。

【大路池】
df.png
キービジュアルになっている場所は、大路池の北桟橋です。途中から道路が舗装されていないので、原付での訪問の際は、運転にご注意下さい。

OP8
観光協会のHPによれば「周囲2Km、水深30mの伊豆諸島最大級の淡水湖。」だそうです。

【迷子椎】
OP20
ゆり、めぐみがそれぞれ棚橋コーチを呼び出していたのがこの場所で、大路池の北桟橋に向かう途中にあります。三宅高校からは結構離れている…以前に山奥なので、女子高生がひとりでいるような場所ではありません。ただ、密林に迷い込んでも、この大木を目標にすれば助かるという謂れがあり、自分達を見失いつつあるゆり・めぐみ、それを導く棚橋コーチといった関係性をこの神木に重ねたのでしょう。

OP7
ちなみに、この大路池の周辺は、野鳥の宝庫として知らているらしく、私が訪問した際も幾組ものバードウオッチャーがいました。「三宅島ふれあい自然センター アカコッコ館」という観光施設もこの池の手前に立地しています。アカコッコは、島のシンボル的な存在の野鳥で、伊豆諸島周辺でしか見ることのできない固有種です。作中にも1話冒頭から登場しているうえ、ゆりだかめぐみのバッグにもアカコッコのキーホルダーらしきものが付いていました。島に着いてすぐに阿古の集落で見ることができたので、島をぐるっと回っていれば、どこかで出会えると思います。

【都立三宅高校】
OP16
作中では「三宅女子高等学校」となっていた、島唯一の高校です。男性はどこの高校行ってるんですかね…
校舎はあんまり一致していませんが、校舎とグランド、一周道路との位置関係などはそのまま再現されています。

OP19
学校前の一周道路、これはほぼそのままですね。

【三池浜橋】
OP21
EDで登場している場所です。奥に見えるのが三池浜、そして三池港となっています。

【三七山園地】
DSC_0665.jpgDSC_0666.jpg
あんまり作中で出ていた記憶はないのですが、既述の舞台百景に紹介されていたので立ち寄ってみました。下の伊豆岬灯台を含め、舞台百景で紹介されている全10スポットは、これで回ったことになります。

【伊豆岬灯台】
比較
1909年に伊豆諸島に初めて建てられた灯台だそうです。四角い柱が特徴的で、抜群のロケーションに建っていてとても絵になります。

ということで、比較画像は以上です。細かく回っていたら、とても1日では済まないと思います。島の観光半分、つうかあ探訪半分という感じならば、大型客船による日帰りで、十分楽しめるかと思います。ただし、原付をレンタルした場合の話ですが。唯一、心残りなのは、作中にも登場していた島の温泉「ふるさとの湯」に入ることが出来なかったことです。さすがにいそいそと観光スポットを回り尽くそうとしている状態で、温泉にゆっくり浸かっている時間はありませんでした。火山の島に行ったら、やっぱり温泉に入って大地のエネルギーを感じたいものです。三宅島の火山は「雄島」という山で、中心にある大きな山がそれです。これなんかは、どの位置から撮ったのかいまいち再現しきれませんでしたが。
OP6
雄島に特徴づけられた空中からの三宅島も観てみたい・・と思ったので、往路は大型客船、復路は航空機ということも考えたのですが、島を周回しているバスが、16:00三宅島発の新中央航空調布行きに接続していないため、結局、帰りも船の方が実質的な滞在時間は確保できるため、航空機の利用は避けました。もちろん、飛行機と飛行場の様子だけは見ておきましたけれども。
DSC_0574.jpgDSC_0594.jpg

離島に訪れたら、行政施設や郵便局・漁協などは、一通り撮って回るようにしているのですが、三宅島で特徴的だなと思ったのは、役場・高校・空港・国の出先機関などが、それぞれバラバラに別の集落に立地しているということですね。普通は一番大きな集落にこういった施設は集中するものなのですが、「阿古」に村役場・観光協会、「伊豆」に警察署・東京都三宅支庁・ヘリポート、「坪田」に高校・空港などといった具合です。幾度も噴火があり、全島避難の歴史もあるような島なので、特定エリアが壊滅的な打撃を受けても村が機能するように、リスクを分散している…?ということなのかなと思いました。
DSC_0806_20190521012015655.jpgDSC_0580_20190521012014405.jpg
DSC_0763_20190521012012136.jpgDSC_0761_20190521012011931.jpg

というわけで、結論を云うと、離島巡りは楽しいし、アニメ・漫画の舞台だったらさらに最高だということです。まだまだ紹介しきれない素晴らしい場所が山ほどあったのですが、とりあえず今回はここまでとさせて頂きます。長文にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。
DSC_0621.jpg

ぽんこつポン子(沼津市戸田)【舞台探訪・聖地巡礼】

「週刊ビッグコミックスピリッツ」2019年17号より連載が始まった矢寺圭太先生の『ぽんこつポン子』ですが、舞台となる日坂町(ひさかちょう)のモデルが沼津市の戸田地区となっています。第1話冒頭で「静岡」とはっきり書かれており、JR沼津駅南口が描写されていたので、ここから何処まで南下するんだろう…っと思っていたら、ギリギリ沼津市内の旧戸田村がメイン舞台でした。
ちなみにですが、連載の時点では「日坂町」と「日板町」の両方の表記が混在していて、どちらが正解なのか分からない…という状況になっています。
日板町または日坂町
戸田は2005年4月1日に沼津市と合併する前までは田方郡戸田村という独立した自治体だったエリアで、沼津市でありながら沼津駅から車で1時間程掛かるという場所にあります。
伊豆半島にありますので、観光地には勿論なっていますが、西伊豆らしいのんびりとした空気が流れる鄙びた漁村です。本作ののほほんとした雰囲気には良くあった町だと思います。

【出逢い岬あたり】
1話a
作中の様に道路を走るバスと御浜岬、そして集落が同時に見えるという場所はありません。写真は出逢い岬という展望台などがある場所から撮影したものです。多少のデフォルメがありますが、戸田を知っている人が見れば、一瞬で戸田と分かる特徴的な風景です。

【戸田漁業協同組合直売所】
2話?1
集落中心部を南北に走る県道17号線沿いにある漁協直営の直売所の前あたりです。

【港橋】
2話?2
同じく主要地方道17号沼津土肥線の橋「港橋」です。横を流れているのは「大川」という川になります。

【お食事処かにや 戸田本店】
2話2
網元直営のお食事処です。これは再現度がかなり高くて、本当にそのまんまという感じです。

【の一食堂?】
2話3
戸田の名物、タカアシガニや深海魚などを出す食堂です。お店の前に水槽が設置してあり、高足ガニが沢山放り込まれていたので、作中のカットはこの水槽を参考したのではないかなぁ…と思います。

【小舟ヶ浜 桟橋】
2話10
御浜岬の先端側、諸口神社の赤い鳥居の横にある桟橋が手前に描かれています。奥に見えるのは、戸田の中心部です。
山の稜線も、何となく実際のものを再現しているように見えます。

【喫茶セピア】
2話6
作中では“海風”というお店になっています。外観には多少の改変が見られます。

2話?4
写真では左側の方にあるためこの中には収まりませんでしたが、作中同様、なぜかカフェなのに「貸ボート」の看板が出ています。

2話12
外観だけかなぁ…と思って入ってみたところ、なんと内部もそのままモデルになっていました!

2話19
カウンター側も概ね、そのまま。

2話14
お店の方も知り合いから聞いたということで、本作に登場していることは承知をしており、雑誌コーナーに当該エピソードを掲載したスピリッツが設置されていました。

2話20
細かいところはアレンジされていますが、明らかに取材して書いている感じですね。

2話23
私はお店の売りだというセピアラーメンを頂いたのですが、喫茶店のラーメンと侮るなかれ。何故カフェにこんな本格的なラーメンが…というクオリティ。しかも600円(税込)という良心的な価格です。コーヒーも300円(税別)でして、とても伊豆の観光地にある喫茶店とは思えません。観光客は勿論ですが、地域の人がよく使うお店だからこそのメニューや価格設定なんだろうなぁ…と思いました。実際、私が訪問した際は常連さんと思しきお客さんが2組カウンターにおりました。
P_20190421_141358_vHDR_Auto.jpg
現在のところ、一番の“聖地”と云ってもいいようなスポットなので、是非、入店してみてもらいたいお店です。
※なお、お店から許可を頂いて写真撮影およびブログ掲載をしています。

というわけで、西伊豆のちょっと辺鄙な場所にある漁村、旧戸田村でした。最後になりますが、戸田は『へだ』と読みますので、お間違えなく。細い路地裏なんかもとても良い雰囲気の港町なので、またゆっくりと訪れてみたいと思います。
P_20190421_132616_vHDR_Auto_HP.jpg
プロフィール

スカイDJ

Author:スカイDJ
※2015年春頃までに作成した記事についているMAPがGoogleの何らかの仕様変更で現在閲覧不能になっております。申し訳ございません(_ _)作成者である私自身も地図にアクセスできない状態なのです。

アニメや漫画の舞台を巡って旅する旅行中毒者。B級スポット・離島・神社・水族館なども好物です。

・BTC舞台探訪者コミュニティ関西支部所属
・リンクはご自由に

カウンター
聖地巡礼:アニメ別一覧(五十音順)
最新記事
最新コメント
リンク