スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1518!イチゴーイチハチ!(川越・大宮)【舞台探訪・聖地巡礼】

2014年の夏より「ビッグコミックスピリッツ」にて連載中の相田裕先生の漫画「イチゴーイチハチ!」の舞台を訪ねてきました。
本作の舞台となる私立松栢学院大付属武蔵第一高校は埼玉県川越市に所在する設定となっており、川越周辺の実在の場所がモデルとして登場しています。

ただ、松武高校の外観モデルと思われる高校は市内には見当たらず、登下校シーンとの位置関係上、位置モデルと思われる高校も見出すことができません。学校以外の場所は忠実に描かれていますが、話の舞台となるのが大抵、学校敷地内のため、きっちりと舞台設定が実在の都市になっている漫画にしては、モデルありの背景は少なめと云えるかもしれません。

それでは比較画像です。
巡礼の導線も意識して、おおむね川越駅に近いところから並べています。
この順に従って回ると回りやすいと思いますが、伊佐沼と川越運動公園は徒歩で行くところじゃないですね。
死ぬ程疲れました。

【川越駅】

P_20180223_212914.jpg
10話。JR川越駅の3番ホーム。

【川越駅東口ペデストリアンデッキ】

P_20180223_212204a.jpg
6話。東口の入口あたり。よくみると看板も参考になってるっぽいですね。

P_20180223_212204.jpg
6話。

P_20180223_213243.jpg
13話。

P_20180223_215126.jpg
29話。烏谷が幸との待ち合わせで座っていたベンチ。

P_20180223_215117.jpg
29話。アトレ川越前あたり。

【クレアモール】

P_20180223_214835.jpg
24話。商店街の入口の看板。

DSC_1006.jpg
単行本発売後差し替え。35話。ファーストキッチン川越丸広前店。ファーストキッチンは川越に3店舗ありますが、この店舗だけが路面店で、残り2店舗はビル内にあるので、モデルがあるとすれば消去法でこの店舗ということになると思われます。

【川越市川越伝統的建造物群保存地区】

DSC_1086.jpg
5巻発売後差し替え。35話。時の鐘。川越のシンボル的な建造物ですね。

DSC_1075.jpg
5巻発売後差し替え。35話。菓匠右門時の鐘店。むらさきいものソフトクリームを買ったお店。

DSC_1069.jpg
5巻発売後差し替え。35話。薬師神社。ナカナツとコーシローがソフトクリーム買った後に入った神社。

DSC_1068.jpg
5巻発売後差し替え。薬師神社の境内にあったコーシローとナカナツが乗っていたブランコのあった場所。残念なことに、この重要なブランコはすでに消失していました。地元の方にお訊きしたところ、時の鐘か神社のことか分かりませんが、数年前に改修工事があり、このブランコの場所にプレハブの事務所を設置したそうです。その際にブランコは撤去され、今も更地のままになっているとのことでした。時の鐘のすぐ裏に滑り台があるというアンマッチさも面白いなと思っていたのですが、初訪問時にすでに失くなっていて残念でした。

【新河岸川沿い】

P_20180223_211928.jpg
2話。幸と烏谷が歩いていた道。氷川橋からはちょっと上流側。

【氷川橋周辺】

P_20180223_212040.jpg
3話。本作のキースポットです。作中、幾度も出てくる物語上もとても重要な場所になります。

P_20180223_212005.jpg
2話。この橋の周辺、桜が綺麗に咲きそうです。「聲の形」の美登鯉橋のように…

P_20180223_212246.jpg
6話。私立松栢学院大付属武蔵第一高校(松武高校)はこの橋を渡った辺りにある設定の模様。

P_20180223_212555a.jpg
8話。ただ、学校と駅の位置関係を考えると、通学路の設定はやや謎な部分もある感じです。

P_20180223_212616.jpg
8話。

P_20180223_212640.jpg
8話。

P_20180223_212716.jpg
8話。実際には下流側から上流側のカットだと思いますが、下流側は撮影できるスペースが立ち入れない様になっていたので、上流側から撮影したものです。

P_20180223_215154.jpg
29話。川の右岸、氷川神社の裏辺りになります。

【川越氷川神社】

P_20180223_212450.jpg
8話。神社正面。そのまんまですね。

P_20180223_212522.jpg
8話。社務所。会長と幸がお守りなどを覘いていた。ただ、どうも一致しません。多分、取材後に社務所を建て替えたのではないでしょうか。社務所、かなりきれいでしたし。

P_20180223_212450b.jpg
8話。拝殿。

P_20180223_212459.jpg
8話。拝殿。

P_20180223_212450a.jpg
8話。参道上にテーブル等がおいてあったので、角度は合わせませんでした。

35話。烏谷ガナカナツを待っていた大鳥居。

【初雁公園野球場】

P_20180223_215555.jpg
32話。野球応援で登場した場所。売り場だけちょっと変わってますが、他はそのまんまです。

P_20180223_215820.jpg
32話。もう完全にそのまんまです。

P_20180223_215726.jpg
32話。駐車場あたりにある水道。

【伊佐沼公園】

DSC_1313.jpg
40話。烏谷と幸が花火見てたいた場所。小高い丘の上に藤棚があり、その下です。

DSC_1312.jpg
40話。屋外スピーカー。

DSC_1308.jpg
40話。蓮見橋です。藤棚の場所から左下に見えています。

【川越運動公園陸上競技場】

P_20180223_213542.jpg
15話。「新入生歓迎マラソン」の舞台。反対側は中に入れなかったので、雰囲気だけ。

P_20180223_213723.jpg
16話。競技場の外周。ちょっと場所が違ったかもですが。

P_20180223_213746.jpg
16話。競技場のゲート。

P_20180223_213803.jpg
16話。園内の道路。

P_20180223_213909.jpg
17話。撮影場所がもう少し後ろでした。甘かった…

P_20180223_213924.jpg
17話。運動公園の入り口あたり。川越のシンボル、時の鐘をイメージしたオブジェでしょうか。

P_20180223_213938.jpg
17話。運動公園と公道の境界のあたり。電柱の傾き具体まで一致するので、写真から作画してるんでしょうかね。

P_20180223_214024.jpg
18話。左手の運動公園の看板が見つからなかったのですが、いずれにせよ、もっと奥から撮るべきでしたね。入間川だか荒川だか分かりませんが、マラソンコースになっている堤防道路みたいなところは何処だかよくわかりませんでした。というより、徒歩で駅から歩いたので、力尽きました…

【大宮駅】

P_20180223_213000_20180225193847f8d.jpg
10話。何故か多くの生徒が荒川を超えて大宮側から学校に通っています。

P_20180223_213000b_20180225193849657.jpg
10話。JRのホーム。右奥の構造物はエレベーターだと思いますし、エレベーター左下の黒いタイルも一致するのですが、何か全体的には一致しないですね。場所が違うのか…

P_20180223_213351_20180225193850035.jpg
13話。西口から駅舎。

P_20180223_223648_1.jpg
13話。大宮駅のコンコースにあるオブジェ「まめの木」。の正式名称は「行きかう・線」というらしいです。

P_20180223_213414.jpg
13話。「まめの木」の正式名称は「行きかう・線」というらしいです。

P_20180223_213510.jpg
14話。西口のペデストリアンデッキから西正面を見たカット。

P_20180223_213510a.jpg
14話。奥にDOMというショッピングセンターが見えており、ビルの形状や位置関係は一致するのですが、二人のいるデッキ部分とどう一致させたらいいかよくわかりませんでした。


ということで以上です。「月がきれい」もそうでしたが、川越が舞台になっている作品って結構ある気がします。
東京から一番近い重伝建ということもありますし、美しい町並みが魅力的な町だからでしょうか。
DSC_1093.jpg
次は是非、桜が満開の時期に氷川橋に行ってみたいと思います。
聲の形みたいに、作中でも印象的な桜のカットが出るといいなぁ。
スポンサーサイト

終電ちゃん(箱根)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
終電ちゃん(東京)【舞台探訪・聖地巡礼】
終電ちゃん(大阪)【舞台探訪・聖地巡礼】
終電ちゃん(箱根)【舞台探訪・聖地巡礼】

モーニング2015年40号から月1連載中の藤本正二先生の漫画『終電ちゃん』の第18話「終電ちゃんと大みそか」で、舞台として箱根が登場したので、そのモデルを訪ねてきました。
本エピソードは、大晦日から元旦にかけての終夜運転で、一年で唯一終電のない12月31日に、小田急線の終電ちゃんの呼びかけで、各路線の終電ちゃんが箱根の温泉旅館に一堂に介すという内容です。

それでは比較画像ですが、肝心の箱根の旅館のモデルは見つけられていません。
そもそもモデルがあるのかも不明ですが、寺岡が箱根の名物ソバ(「はつ花」のことだと思いますが)を取材した帰りに終電ちゃんの宿泊している旅館を見つけるという設定なので、場所のモデルは箱根湯本のいずれかということになるかと思います。

【箱根神社】
比較
箱根神社の元箱根側の入口にある鳥居(第三鳥居)です。鳥居の形状や左手の大木や灯籠との位置関係、よく似ています。
箱根の旅館に泊まってバスで行く初詣の場所という設定ですから、これは箱根神社で間違いないのではないかと思います。

比較3
参道を探してみましたが、きれいに一致する場所は見つけられませんしでした。
そもそも実在の場所を参考にしているのかどうか…

比較2
箱根神社の絵馬掛所は拝殿脇にあり、作中のような奉納場所はありませんでした。
ということで、状況と第三鳥居のカットから作中登場の神社のモデルは箱根神社と思われますが、作画で参考にしているのは参道の第三鳥居あたり位という感じでした。

【駒ヶ岳ロープウェー】
比較4b
駒ヶ岳ロープウェーは通常は夕方までの営業ですが、実際に元日には日の出前から営業をしています。作中では、終電ちゃん達しかおらず、閑散としていますが、実際は、かなり混雑しているみたいです(…と、旅行サイトの口コミなどに書いてありました)。
こちらは山頂の東側の展望台です。あんまり一致してません…

比較4
こちらは山頂駅横にある展望台。南西に向いていますが、正面に山があったりする眺望や双眼鏡が多数設置されている点などではこちらの方が似ています。

比較5
というわけで、箱根でロープウェイで観に行く初日の出となると、駒ヶ岳ロープウェイしか考えられないので、山頂の展望台と様子を比較してみましたが、参考に作画している感じではありませんでした。というのも箱根界隈のロープウェイはそもそも「箱根駒ヶ岳ロープウェー」と「箱根ロープウェイ」しかなく、箱根ロープウェイは元日に早朝営業はしていませんし、初日の出がきれいに拝めるような東側に開けた場所もありません。
箱根ロープウェイは丸みを帯びた形状ですが、駒ヶ岳ロープウェイは作中の様に長方形型ですので、これはモデルになっているかもです。

ということで、箱根編は以上です。
本当ならば大晦日から箱根に泊まって元日に訪問したいところでしたが、実際に終電に乗ってみるのと同じくらいハードルが高いので、日中に楽しんできました。
DSC_1771.jpg
駒ヶ岳の山頂にある箱根元宮の鳥居、とても絵になります。

不沈アタッカー(牧之原市)【舞台探訪・聖地巡礼】

「不沈アタッカー」は『週刊ヤングマガジン』に2013年1月から翌1月まで連載された粂田晃宏先生による静岡県が舞台のバレーボール漫画です。
主人公の通う静波高校は榛原高校がモデルになっており、藤木東→藤枝東・葵学園→静岡学園といった具合に実在の高校がモデルとして登場します。その他、静岡県内の実際の場所が幾つも登場するのですが、何故か、駅のない筈の静波近辺に駅があったり、乗っている電車が首都圏のものだったり、ところどころ創作も入り混じっています。

というわけで、それほど多い数ではありませんが、物語の主要舞台である静波周辺のモデルを訪ねてきました。

【榛原高校】
P_20180105_133400_vHDR_Auto_1.jpg
作中では静波高校となっている榛原高校の校門です。諸般の事情でアングルは違っていますが、そのまんまですね。

P_20180105_133645_vHDR_Auto_1.jpg
こちらは体育館です。これもかなり忠実に再現されています。

P_20180105_133425_vHDR_Auto_1.jpg
敷地外から撮影しているので、あんまりこれは合いませんでした。


【アントレー】
P_20180105_133234_vHDR_Auto_1.jpg
作中では夢街道となっているバレー部行きつけのお店です。榛原高校の真ん前にあります。

【静波海岸】
P_20180105_133108_vHDR_Auto_1.jpg
第15話で玉木が吼えていた場所です。左に見えるのは2代目自由の女神像です。
静波といえば、関東で云うところの湘南!?とまではいかないものの、静岡中部でいえば、ちょっとしたブランド感のある海岸ですかね。

P_20180105_133143_vHDR_Auto_1.jpg
これは改変もあるので、合わないですが、看板の形はそのままです。

DSC_0499.jpg
ということで、牧之原のカットは以上です。同市内では玉木の両親が経営する「洋食 grill Tama」のモデルが見つけられていないのですが、果たしてモデルがあるのか…

著者の粂田晃宏先生は牧之原市の出身で、コミックスが発売された際には、市のホームページにもその旨が告知されました。
牧之原市HP「本市出身漫画家のデビュー作が単行本化しました!

舞台での盛り上がりにも期待をしていたのですが、残念ながら約1年の連載で打ち切りになってしまいました。
毎週楽しみに読んでいたのですが、残念でなりません。なぜ、こんなに面白い漫画が途中で打ち切られてしまったのか…
是非、続きをどこかで描いて欲しいです!

「ゆるキャン△」(静岡県編)【舞台探訪・聖地順礼】

=関連記事=
「ゆるキャン△」(身延町・南部町 編)【舞台探訪・聖地順礼】
「ゆるキャン△」(静岡県編)【舞台探訪・聖地順礼】
アニメ版「ゆるキャン△」(山梨県 本栖・内船)【舞台探訪・聖地順礼】

『まんがタイムきららフォワード』に連載中の「ゆるキャン△」で登場する静岡県の舞台を幾度かにわたって訪ねました。
本作の登場人物たちは身延線沿線に居住しており、山梨県を中心に物語が展開されますが、なでしこの出身地は「浜松の端っこの町」となっており、浜名湖周辺のほか、富士宮・清水・御前崎・掛川・磐田等、様々な場所が登場します。
4巻まではキャンプ地として富士宮が登場したり、回想的なシーンでカットが挿し込まれる程度でしたが、5巻でリンが静岡に来ることになり、登場シーンがいっきに増えました。

東から順に記載します。

【道の駅朝霧高原】
第5話「道具を揃える所からがキャンプです」。前エピソードの回想シーンでソフトクリームを食べていた道の駅。
P1014675.jpg
これは再現すると車道上からになってしまいそうだったので、アングル合ってませんが。

【ふもとっぱらキャンプ場】
第3~4話でリンが当初ソロキャンしていたキャンプ場。

【富士山YMCA グローバル・エコ・ヴィレッジキャンプ場】
第20話「せっかちキャンパーとアウトドアおやつ」~第23話。野クル、先生も含めての初のキャンプ先。

【新東名新清水出口手前】
12話富士山比較
第12話。ここは本編中で“清水”というキーワードが出てきているので、静岡市清水区の高速道路上であることは疑いの余地はありません。山梨県側に向かう場合は通常、新東名を使うことになるでしょうし、富士山の左手前にある山の雰囲気も再現されている感じですので、ここで合っているのではないかと思います。なお、この写真は運転中に撮影してものではなく、助手席の協力者に撮影してもらった写真です。

【御前崎灯台】
第25話「大晦日のソロキャンガール」。リンが赴いた灯台。
御前崎灯台 (1)

御前崎灯台 (3)

御前崎灯台 (4)

御前崎灯台 (5)

御前崎灯台 (6)
広角が足りない…というか、これは魚眼レンズで撮影したものをもとに作画してますよね。

御前崎灯台 (8)

御前崎灯台 (7)

御前崎灯台 (9)

御前崎灯台 (10)
犬の足跡ですが、そのまんまのものがあって驚きました。2つ上のカットのところ辺りにあります。

御前崎灯台 (11)

【茶菓きみくら】
第25話「大晦日のソロキャンガール」リンが母からお茶を買うように頼まれて寄ったお茶屋さん。
きみくら (1)

きみくら (2)
外観もそのまんまですが、内部もそのまんまです。リンが食べていた抹茶ティラミスも2階でいただくことができます。

【福田海岸】
第26話「一年の はじまり」リンが初日の出を見た場所。
as.jpg
駐車場から海に向かうリン。

P_20171229_193554_vHDR_Auto.jpg
海岸には結構、すぐ着きます。

P_20171229_193601_vHDR_Autos.jpg
砂浜に出ました。奥に鳥居が見えます。

P_20171229_193601_vHDR_Autosf.jpg
この鳥居ですが、初日の出のイベントのために用意されるものなので、見ることが出来る時期は限られています。

P_20171229_193635_vHDR_Auto.jpg
ご来光カットはさすがに回収してません。撮影は2017年の年末です。

P_20171229_193607_vHDR_Auto.jpg
“チャリティー賽銭箱”作中まんまの文字が賽銭箱に書いてあります。

【見付天神(矢奈比賣神社)】
第24話「師走 のお仕事、みんなのお休み」第25話「大晦日のソロキャンガール」。リンが訪れた神社。

【竜洋海洋公園周辺】

竜洋海洋公園 (1)
磐田市竜洋海洋公園オートキャンプ場。第25話「大晦日のソロキャンガール」。リンがソロキャンしたキャンプ場。入場はしていないので、カットは受付の建物のみ。これも敷地外からの撮影。

竜洋海洋公園 (2)
しおさい竜洋。第25話「大晦日のソロキャンガール」リンが後で入ろうとしていた銭湯。作中では竜洋の湯となっている。

竜洋海洋公園 (3)
しおさい竜洋。

竜洋海洋公園 (4)
しおさい竜洋の横にあるスペース。いまいちきっちりカットが合わなかったが、撮影の仕方が悪い?かもしれない。

竜洋海洋公園 (5)
掛塚灯台。第25話「大晦日のソロキャンガール」リンがキャンプ張った場所の近くの灯台。

竜洋海洋公園 (7)
掛塚灯台。

竜洋海洋公園 (6)
掛塚灯台から見る遠州灘。きれいです。

【スウェン浜松店】
カリブー
初出は第14話「みのぶカリブーまんじゅううまい」。アウトドアショップカリブーのモデルと思われます。山梨県からは遥か離れていますが、お店だけモデルにしたということですね。写真は敷地外から撮影しています。

【奥浜名湖展望公園展望台】
第28話「改めて思ったこと」。夜景を見た場所。

【さくめ】
第27話「海と湖とたなぼたキャンプ」 第28話「改めて思ったこと」 うなぎを食べたお店。

【浜名湖佐久米駅】
第27話「海と湖とたなぼたキャンプ」 リンとなでしこの待ち合わせ場所。

【天竜浜名湖線踏切】
第28話「改めて思ったこと」なでしこの家に向かう途中の路

【浜名湖北岸県道310号線沿い】
第28話「改めて思ったこと」。なでしこの祖母の家があると思われる場所。

【舘山寺温泉】

喜福
第27話「海と湖とたなぼたキャンプ」 通り過ぎたうなぎ屋

志ぶき
第27話「海と湖とたなぼたキャンプ」 通り過ぎたうなぎ屋

しず花
第27話「海と湖とたなぼたキャンプ」リンが いちご大福を買ったお店。作中ではしず香


【弁天島(渚園入口あたり)】
ゆるキャン
第12話。渚園の入口あたりから南側を見たカットになります。なでしこは弁天島出身なんですね。
本当はもっと奥から引いてズームで撮影という感じですが、車道上からの撮影になってしまうので写真は横断歩道上から撮影。

【弁天島(県道323号線沿い?)】
P1014680.jpg
第12話。天気がいいと富士山が弁天島からも見えるらしいです。位置的には渚園東側の県道323号線沿いだと思うのですが、この元絵からだとはっきりと一致できる場所を探すのは難しそうな感じです。手がかりになる富士山が見えていれば…

【弁天島海浜公園周辺】

弁天島海浜公園
第27話「海と湖とたなぼたキャンプ」。夕日を眺めたところ。

開春楼
第27話「海と湖とたなぼたキャンプ」リンが温泉に入ったお宿。作中では弁天楼。



【舞阪表浜公園】
第27話「海と湖とたなぼたキャンプ」。浜名大橋を観に来た場所。


5巻までの場所をプロットした舞台マップを置いておきます。

「ゆるキャン△」(身延町・南部町 編)【舞台探訪・聖地順礼】

=関連記事=
「ゆるキャン△」(身延町・南部町 編)【舞台探訪・聖地順礼】
「ゆるキャン△」(静岡県編)【舞台探訪・聖地順礼】
アニメ版「ゆるキャン△」(山梨県 本栖・内船)【舞台探訪・聖地順礼】


『まんがタイムきららフォワード』に連載中の「ゆるキャン△」の舞台を訪ねて来ました。

本作の登場人物たちは身延線沿線に居住しており、山梨県を中心に静岡・長野などが舞台モデルとして登場しています。
そこそこ広域に舞台が広がっていますが、その中でも今回は山梨県の南側、南巨摩郡にあたるエリアの舞台を訪ねて来ました。
北の方から順に紹介していきます。

【本栖湖周辺】
田貫湖
本栖湖は第1話に登場。国道300号と県道709号の分岐点あたりにある展望スペースです。

田貫湖2
上述の場所のほど近く。中之倉トンネルというトンネルを抜けて本栖湖側に出てきたと時に出てくる道路看板です。

本栖湖4
上述の看板があるところの近くにある駐車スペースです。奥に見えるのが中之倉トンネル。

本栖湖2
なでしこのお姉さんが迎えに来た場所、ひとつ上のカットを逆方向に見たカットです。

本栖湖3
「浩庵」の建物。リンがキャンプの受付をしていた場所です。

本栖湖トイレ2
浩庵の少し手前にある「本栖湖公衆トイレ」です。なでしこが寝ていた場所ですね。

本栖湖トイレ
このトイレの後ろに中之倉峠の展望台に向かう登山道があります。

本栖湖トレイ
トイレの全景。もう、そのまんまですね。

このエリアのメインは「浩庵キャンプ場」となりますが、ゆるくキャンプしている時間もないので、周辺のカットのみにしています。
こちらのキャンプ場ですが、アニメ版の公式HPのトップ画像にもなっており、原作通り、アニメにも登場することが予想されます。
作中に出ている湖の畔のテントサイトは、既述の展望スペースから確認することができます。
DSC_1936.jpg

【JR身延線甲斐常葉駅】
甲斐常葉駅3
第13話でなでしこが列車を待っていた駅です。

甲斐常葉駅
無人駅です。列車がこない時間は全く人気がありませんでした。

甲斐常葉駅2
このカットはちょっとホームの上からでは広角が足りないですね。

甲斐常葉
特急も止まらず、在来線も本数が少ないので、列車を使って通学するのはかなり大変でしょう…。

【JR身延線身延駅周辺】
身延2
第14話「みのぶカリブーまんじゅううまい」で、カリブーというアウトドアショップに向かう際に降り立ったのが身延駅です。
ちなみにですが、カリブーは身延にはありません。モデルは浜松にあるスウェン浜松店だと思われます。

身延
こちらは駅前の趣きのある町並みですが、魚眼レンズでもないとこういうカットは撮れませんね。

身延3
駅の真ん前にある「ゆたかや」さんという飲食店。入店はしませんでしたが、お店の前ののぼりなどが登場。

身延4
「栄昇堂」という身延まんじゅうのお店です。ある意味、この場所が身延エリア一番の聖地なのでは…

身延7
ご覧の通り、私の訪問時には休業してました…悲しい。今度、食べにいこっと。

身延8
栄昇堂からもう少し歩いていくと、富士川がきれいに見えるちょっとしたスペースがあり、こちらに饅頭を食べていたベンチがあります。ここも魚眼気味のレンズでないと再現できませんね。本作、そうしたカットが結構、あります。

身延10
こちらも広角が足りなそうだったので、一応、全天球カメラで広角確保してみました。

身延9
お饅頭食べていたベンチから身延駅方向を向いたカットになります。

身延6
ベンチからさらに北進すると、「吉田屋金物店」というお店があります。そこからさらに北の方を向いたカットです。
このわんちゃんですが、なんと、実際にお店の前にいました!

身延5
ご覧ください。この“犬”の再現度。吉田屋金物店でお飼いになられているワンちゃんだと思います。
これにはびっくりしました。あfろ先生、間違いなく取材でここに訪れてますね。
DSC_2030.jpg
かわいいです。みんな、なでしこの様にはしゃがない様にね。

【JR身延線内船駅】
内船駅
第13話「テストにでるおしゃれキャンプ入門」で、甲斐常葉駅から列車に乗ったなでしこが降り立ったのがこちらの駅です。

内船駅3
身延駅前を北方向に向いたカットになります。

内船駅2
同じく、駅の南側を向いたカットになります。
こちらの内船駅ですが、アニメ版のティザービジュアルでホームが登場しています。
アニメ版でもばっちり登場するかもしれませんね。
DSC_2065.jpg

ということで以上です。
今回訪問したところ以外もマップ作っておいたので、参考にして下さい。

プロフィール

スカイDJ

Author:スカイDJ
※2015年春頃までに作成した記事についているMAPがGoogleの何らかの仕様変更で現在閲覧不能になっております。申し訳ございません(_ _)作成者である私自身も地図にアクセスできない状態なのです。

アニメや漫画の舞台を巡って旅する旅行中毒者。B級スポット・離島・神社・水族館なども好物です。

・BTC舞台探訪者コミュニティ関西支部所属
・リンクはご自由に

カウンター
聖地巡礼:アニメ別一覧(五十音順)
最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。