終電ちゃん(伊豆箱根鉄道)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
終電ちゃん(東京)【舞台探訪・聖地巡礼】
終電ちゃん(大阪)【舞台探訪・聖地巡礼】
終電ちゃん(箱根)【舞台探訪・聖地巡礼】
終電ちゃん(伊豆箱根鉄道)【舞台探訪・聖地巡礼】

モーニング2015年40号から月1連載中の藤本正二先生の漫画『終電ちゃん』。第37話「伊豆の終電ちゃん」にて、静岡県がついに初登場となったので、伊豆箱根鉄道の終電ちゃんに会いに伊豆に行ってきました。

本エピソードでは、伊豆急行線と伊豆箱根鉄道駿豆線の終電ちゃんが登場するわけなのですが、今回は伊豆箱根鉄道の沿線のみ巡りました。作中では“伊豆箱根鉄道の終電ちゃん”と表現されていましたが、大雄山線はどうなったのでしょう…。
本来なら“駿豆線の終電”ちゃんではないかという気もしますが、まあ、細かいことは忘れましょう。
それでは、比較画像です。

【韮山反射炉】
2
世界文化遺産にも登録されている韮山反射炉です。

4.png
駐車場の前辺りにあるお店です。簡易テントが設置されているのもそのまんま。再現度高めです。

1
今回のエピソードは伊豆のクラフトビールを巡る話なのですが、反射炉の横に株式会社蔵屋鳴沢が運営する「反射炉ビヤ直営レストラン ほむら」があり、店内も作中そのまんまでした。今回は店内の写真は撮ってはおりません。登場するビール「大吟醸政子」もそのままでしたね。

【伊豆長岡駅】
6.png
韮山反射炉の最寄り駅、伊豆長岡駅です。『ラブライブ!サンシャイン!!』の装飾でお馴染みの駅ですね。
こちらもそのまんまでした。

【修善寺駅】
8.png
ついに伊豆箱根鉄道の終電ちゃんが登場なのだ。南口あたりの歩道はこんな感じの舗装がされているのだ。
いずっぱこの終電ちゃんの語尾は“~のだ”なのだ。

9.png
南口にある「駅弁カフェたけし」というお店の前あたりです。
車道に出ないと同じアングルにならないので、カット合わせはこんなものんで。

10.png
もうちょっと引いた辺りから。作中の描写が暗くて細かな部分が判別できなかったのですが、南口前であることは間違いないかと。

11.png
改札前です。こちらもそのまんま。この手前には、「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR」で使用されたSLの模型が展示されています。

【修善寺温泉】
7.png
修善寺温泉郷には、赤い欄干の橋がいくつかあるのですが、どの橋かまで判別できませんでした。
恋愛成就だと虎渓橋あたりでしょうか。

以上です。
伊豆急の終電ちゃんにも近く、会いにいきたいですね。
ちなみに、修善寺発三島行きの終発は23:07で、23:42に三島駅に着いても接続する列車はすでにないです・・・
スポンサーサイト

きっと愛され女子になる!(沼津)【舞台探訪・聖地巡礼】

「まんがタイムオリジナル」にて連載中の瀬戸口みづき先生著『きっと愛され女子になる!』の舞台を訪ねて来ました。
本作は芳文社の公式HPや各種サイトの紹介でも主人公が“静岡東部で惣菜店を営む三十路女性”とされており、姉妹作の『ローカル女子の遠吠え』と同様、静岡県が舞台であることが明確にされています。

…というより明確に本編では沼津という設定があるのですが、あらすじ等では静岡東部という表現の仕方になっている感じですね。
しかし、『ラブライブ!サンシャイン!!』や『キャッチャー・イン・ザ・ライム』をはじめ、女性が主人公の沼津舞台の作品が集中する流れはいったい何なのでしょう。不思議です。

ということで、比較画像です…まあ、『ローカル女子の遠吠え』と比べると静岡ネタはやや薄目なので、ほとんど実在の場所は出てこないのですが。
【沼津駅】
P_20180716_181021_vHDR_Auto_111.jpg
JR沼津駅の駅舎です。南口側です。ちょっと楯横の長さの比が違うので、完全には合わせられませんが。
冒頭では佐東惣菜店は“静岡県東部のとある商店街”にあると書かれているのですが、その後、このカットからも明らかな様に、静岡東部とは沼津であることが明らかになります。

P_20180716_181510_vHDR_Auto_1 (1)
沼津駅の券売機ですが、まあ、基本的な構造はJR東海の券売機のそれですね。
4コマ漫画で、あまり細かい実在の風景の再現は必要ないので、あまり細かく追っても意味はありませんが。

佐東惣菜店は静岡市にも支店があるとのことなので、今後静岡市が出てこないかも楽しみですね。
それより、沼津の商店街とは一体、どこなのでしょう…
DSC_1312_20180717001539281.jpg
もしかして、こんなところにあったりするんですかねw

キャッチャー・イン・ザ・ライム(沼津・御殿場)【舞台探訪・聖地巡礼】

週刊ビッグコミックスピリッツに連載されていた背川昇先生の百合×ラップ漫画『キャッチャー・イン・ザ・ライム』の舞台として登場した場所を訪ねて来ました。
監修に般若とR−指定が入っている異色の…そして本格的なフリースタイルラップ漫画だったのですが、作品の舞台となる高校は「沼津女子高」という設定で、『ラブライブ!サンシャイン!!』で絶賛盛り上がり中だった沼津に、さらなる聖地誕生!と思いながら、楽しみに読んでいた作品です。

といっても作中の大半の時間は学校内で流れていくため、それほどたくさん実在の場所が描かれるわけでもないのですが、低山ではあるものの軽くヤマノススメな登山も決行しないとカット回収不可な案件があったりで、何気にハイクラスな舞台探訪案件だったりもしました。
というわけで、登山と大混雑の商業施設の2カ所は避けてしまったので、比較画像はありませんが、その他で登場するのは以下くらいだったりするので、お楽しみください。

【香貫山公園香陵台】
10話1
第10話。沼津にある香貫山の中腹にある公園です。左後ろに見えているのは慰霊塔ですね。ここまでは車で来ることができます。作中でもここを起点にハイキングがスタートします。

11話1
第11話。この後、沼津アルプスを南に進んでいくことになるのですが、小鷲頭山にある通称「中将さん」という平重衡が隠れ住んだ洞窟の史跡が登場したりします。突然の降雨でここで雨宿りをするのですが、実際に登ったことがないと、作中でこういう描写しないだろうなぁ…って思いました。登山はつらいので、私は車で香陵台に来て終わりでした。

【御殿場駅箱根乙女口】
26話
26話は御殿場プレミアム・アウトレットに行く話でした。沼津からなら御殿場線で1本ですから、アクセスは悪くないです。
御殿場駅の東側の出口、箱根乙女口側ですね。

26話1
エレベーターの部分もしっかり再現されており、何かを参考に作画したことが窺えます。

26話1no5
乙女口からアウトレット行きの無料シャトルバスが運行しており、これもそのままです。
この後、実際にアウトレットでショッピングをする話になるわけですが、そちらもきちんと実在の風景を参考に作画されているように見えます。
人込みの中、カット回収するのも疲れるので、アウトレットにまでは行きませんでした。

ということで以上になります。
いつか沼津アルプスを縦走してカット回収してきたいです…

すのはら荘の管理人さん(静岡県)【舞台探訪・聖地巡礼】

ねこうめ先生原作の漫画で平成30年7月よりアニメ版の放送がスタートした『すのはら荘の管理人さん』の第一話で、静岡県の実在の場所等が登場しました。
中学進学を機に上京してきた主人公亜樹くんは静岡県出身という設定で、静岡の親父殿にムスコ(意味深)が元気な旨を伝えるポエム的なシーンで、静岡っぽい風景が挿し込まれます。
ほんのちょっと紙芝居で出てくるだけですが、うち二つは修善寺温泉と舘山寺温泉で間違いなかろうと思います。

拝啓、静岡のオヤジ殿、お変わりなくお元気でしょうか。息子はとても元気です。比較画像をアップしますので、ご確認下さい。

【富士山】
すのはら荘の管理人さん1話1
まずは静岡を代表するランドマーク、富士山です。この黄色い花、何処かに名所があるのかもしれませんが、自分はわかりませんでした。
富士山の形をみると、朝霧高原とか、富士山西麓エリアのように見えます。写真は富士山の南側のもので適当です。

【茶畑】
すのはら荘の管理人さん1話2
お茶畑ですね。広大な茶畑となると、一番有名なのは牧之原台地ですが、静岡県内ならその他、いくらでもあります。
とりあえず写真は牧之原台地のものです。

【修善寺温泉】
すのはら荘の管理人さん1話3
お次は伊豆の温泉地“修善寺温泉”のシンボル「独鈷の湯(とっこのゆ)」です。上述の2つと比べると、いきなり具体的な場所になったなという感じですね。おおむね、作中に合わせた写真を撮ることもできました。

【舘山寺温泉】
すのはら荘の管理人さん1話4
修善寺温泉が出てきたと思ったら、今度は一気に西の方へ移動して舘山寺温泉になりました。浜名湖も入り込むので、静岡っぽい感じは出る場所のひとつですね。東西を代表する温泉が出揃ったという感じでしょうか。なお、作中の風景は大草山から温泉郷を見下ろしたものでしょう。写真も大草山からのものですが、ちょっと場所が違いますね。

【うなぎ】
すのはら荘の管理人さん1話5
さて、東西の静岡のシンボリックな場所が4か所登場して、ここから2つは静岡の“食”です。
浜名湖や吉田町なんかが養鰻では有名ですが、三島なども有名なうなぎ屋さんがあったりします。
写真は、浜松の藤田さんでうな重を頂いた時のものです。

【おでん】
すのはら荘の管理人さん1話6
そして最後は“静岡おでん”です。
判然としないものも多いですが「うずらのたまご」「だいこん」「たこ」「ちくわ」「ごぼう巻」「たまご」「ウインナー」「厚揚げ」「こんにゃく」「牛スジ」っぽいものが見てとれます。私の知る静岡のおでんとはちょっと違う雰囲気ですね…煮汁も透明っぽいですし。
写真は掛川にある「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」でも登場していた“すいのや”さんのものですが、ご覧の通り真っ黒です。黒はんぺんも入ってないですし、静岡のおでんに対する知識がない人が描いたようにしか見えません、静岡の親父殿。

以上、静岡の名物でした。

1518!イチゴーイチハチ!(川越・大宮)【舞台探訪・聖地巡礼】

2014年の夏より「ビッグコミックスピリッツ」にて連載中の相田裕先生の漫画「イチゴーイチハチ!」の舞台を訪ねてきました。
本作の舞台となる私立松栢学院大付属武蔵第一高校は埼玉県川越市に所在する設定となっており、川越周辺の実在の場所がモデルとして登場しています。

ただ、松武高校の外観モデルと思われる高校は市内には見当たらず、登下校シーンとの位置関係上、位置モデルと思われる高校も見出すことができません。学校以外の場所は忠実に描かれていますが、話の舞台となるのが大抵、学校敷地内のため、きっちりと舞台設定が実在の都市になっている漫画にしては、モデルありの背景は少なめと云えるかもしれません。

それでは比較画像です。
巡礼の導線も意識して、おおむね川越駅に近いところから並べています。
この順に従って回ると回りやすいと思いますが、伊佐沼と川越運動公園は徒歩で行くところじゃないですね。
死ぬ程疲れました。

【川越駅】

P_20180223_212914.jpg
10話。JR川越駅の3番ホーム。

【川越駅東口ペデストリアンデッキ】

P_20180223_212204a.jpg
6話。東口の入口あたり。よくみると看板も参考になってるっぽいですね。

P_20180223_212204.jpg
6話。

P_20180223_213243.jpg
13話。

P_20180223_215126.jpg
29話。烏谷が幸との待ち合わせで座っていたベンチ。

P_20180223_215117.jpg
29話。アトレ川越前あたり。

【クレアモール】

P_20180223_214835.jpg
24話。商店街の入口の看板。

DSC_1006.jpg
単行本発売後差し替え。35話。ファーストキッチン川越丸広前店。ファーストキッチンは川越に3店舗ありますが、この店舗だけが路面店で、残り2店舗はビル内にあるので、モデルがあるとすれば消去法でこの店舗ということになると思われます。

【川越市川越伝統的建造物群保存地区】

DSC_1086.jpg
5巻発売後差し替え。35話。時の鐘。川越のシンボル的な建造物ですね。

DSC_1075.jpg
5巻発売後差し替え。35話。菓匠右門時の鐘店。むらさきいものソフトクリームを買ったお店。

DSC_1069.jpg
5巻発売後差し替え。35話。薬師神社。ナカナツとコーシローがソフトクリーム買った後に入った神社。

DSC_1068.jpg
5巻発売後差し替え。薬師神社の境内にあったコーシローとナカナツが乗っていたブランコのあった場所。残念なことに、この重要なブランコはすでに消失していました。地元の方にお訊きしたところ、時の鐘か神社のことか分かりませんが、数年前に改修工事があり、このブランコの場所にプレハブの事務所を設置したそうです。その際にブランコは撤去され、今も更地のままになっているとのことでした。時の鐘のすぐ裏に滑り台があるというアンマッチさも面白いなと思っていたのですが、初訪問時にすでに失くなっていて残念でした。

【新河岸川沿い】

P_20180223_211928.jpg
2話。幸と烏谷が歩いていた道。氷川橋からはちょっと上流側。

【氷川橋周辺】

P_20180223_212040.jpg
3話。本作のキースポットです。作中、幾度も出てくる物語上もとても重要な場所になります。

P_20180223_212005.jpg
2話。この橋の周辺、桜が綺麗に咲きそうです。「聲の形」の美登鯉橋のように…

P_20180223_212246.jpg
6話。私立松栢学院大付属武蔵第一高校(松武高校)はこの橋を渡った辺りにある設定の模様。

P_20180223_212555a.jpg
8話。ただ、学校と駅の位置関係を考えると、通学路の設定はやや謎な部分もある感じです。

P_20180223_212616.jpg
8話。

P_20180223_212640.jpg
8話。

P_20180223_212716.jpg
8話。実際には下流側から上流側のカットだと思いますが、下流側は撮影できるスペースが立ち入れない様になっていたので、上流側から撮影したものです。

P_20180223_215154.jpg
29話。川の右岸、氷川神社の裏辺りになります。

【川越氷川神社】

P_20180223_212450.jpg
8話。神社正面。そのまんまですね。

P_20180223_212522.jpg
8話。社務所。会長と幸がお守りなどを覘いていた。ただ、どうも一致しません。多分、取材後に社務所を建て替えたのではないでしょうか。社務所、かなりきれいでしたし。

P_20180223_212450b.jpg
8話。拝殿。

P_20180223_212459.jpg
8話。拝殿。

P_20180223_212450a.jpg
8話。参道上にテーブル等がおいてあったので、角度は合わせませんでした。

35話。烏谷ガナカナツを待っていた大鳥居。

【初雁公園野球場】

P_20180223_215555.jpg
32話。野球応援で登場した場所。売り場だけちょっと変わってますが、他はそのまんまです。

P_20180223_215820.jpg
32話。もう完全にそのまんまです。

P_20180223_215726.jpg
32話。駐車場あたりにある水道。

【伊佐沼公園】

DSC_1313.jpg
40話。烏谷と幸が花火見てたいた場所。小高い丘の上に藤棚があり、その下です。

DSC_1312.jpg
40話。屋外スピーカー。

DSC_1308.jpg
40話。蓮見橋です。藤棚の場所から左下に見えています。

【川越運動公園陸上競技場】

P_20180223_213542.jpg
15話。「新入生歓迎マラソン」の舞台。反対側は中に入れなかったので、雰囲気だけ。

P_20180223_213723.jpg
16話。競技場の外周。ちょっと場所が違ったかもですが。

P_20180223_213746.jpg
16話。競技場のゲート。

P_20180223_213803.jpg
16話。園内の道路。

P_20180223_213909.jpg
17話。撮影場所がもう少し後ろでした。甘かった…

P_20180223_213924.jpg
17話。運動公園の入り口あたり。川越のシンボル、時の鐘をイメージしたオブジェでしょうか。

P_20180223_213938.jpg
17話。運動公園と公道の境界のあたり。電柱の傾き具体まで一致するので、写真から作画してるんでしょうかね。

P_20180223_214024.jpg
18話。左手の運動公園の看板が見つからなかったのですが、いずれにせよ、もっと奥から撮るべきでしたね。入間川だか荒川だか分かりませんが、マラソンコースになっている堤防道路みたいなところは何処だかよくわかりませんでした。というより、徒歩で駅から歩いたので、力尽きました…

【大宮駅】

P_20180223_213000_20180225193847f8d.jpg
10話。何故か多くの生徒が荒川を超えて大宮側から学校に通っています。

P_20180223_213000b_20180225193849657.jpg
10話。JRのホーム。右奥の構造物はエレベーターだと思いますし、エレベーター左下の黒いタイルも一致するのですが、何か全体的には一致しないですね。場所が違うのか…

P_20180223_213351_20180225193850035.jpg
13話。西口から駅舎。

P_20180223_223648_1.jpg
13話。大宮駅のコンコースにあるオブジェ「まめの木」。の正式名称は「行きかう・線」というらしいです。

P_20180223_213414.jpg
13話。「まめの木」の正式名称は「行きかう・線」というらしいです。

P_20180223_213510.jpg
14話。西口のペデストリアンデッキから西正面を見たカット。

P_20180223_213510a.jpg
14話。奥にDOMというショッピングセンターが見えており、ビルの形状や位置関係は一致するのですが、二人のいるデッキ部分とどう一致させたらいいかよくわかりませんでした。


ということで以上です。「月がきれい」もそうでしたが、川越が舞台になっている作品って結構ある気がします。
東京から一番近い重伝建ということもありますし、美しい町並みが魅力的な町だからでしょうか。
DSC_1093.jpg
次は是非、桜が満開の時期に氷川橋に行ってみたいと思います。
聲の形みたいに、作中でも印象的な桜のカットが出るといいなぁ。
プロフィール

スカイDJ

Author:スカイDJ
※2015年春頃までに作成した記事についているMAPがGoogleの何らかの仕様変更で現在閲覧不能になっております。申し訳ございません(_ _)作成者である私自身も地図にアクセスできない状態なのです。

アニメや漫画の舞台を巡って旅する旅行中毒者。B級スポット・離島・神社・水族館なども好物です。

・BTC舞台探訪者コミュニティ関西支部所属
・リンクはご自由に

カウンター
聖地巡礼:アニメ別一覧(五十音順)
最新記事
最新コメント
リンク