FC2ブログ

オメガトライブ(式根島)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
オメガトライブ(神津島)【舞台探訪・聖地巡礼】
オメガトライブ(式根島)【舞台探訪・聖地巡礼】

2001年から2008年まで「ビッグコミックスピリッツ」で連載された玉井雪雄先生の漫画『オメガトライブ』の姉島の舞台モデルとなった伊豆諸島の式根島を訪ねました。コミックスでいうと、9巻に収録の88話「島の女」から10巻収録の105話「息子」が“姉島”こと神津島と式根島が舞台となるエピソードです。
DSC_0596.jpgDSC_0631.jpg
予てより、この姉島のモデルは俯瞰カットにおける島の形状や赤崎遊歩道の様な分かりやすい描写から、神津島であると考えており、令和元年年7月にようやく念願叶って神津島を訪問できたのですが、これも一致した~!!!と大興奮のカットが幾つもあった一方で、これはモデルなかったなぁ…というカットも多く、釈然としない気持ちはありました。
そして、その神津島の舞台探訪記事を、著者の玉井雪雄先生がご覧くださり、Twitterで以下の通りつぶやかれたので、もしや…と思い、式根島をストリートビューで探していたところ、一致しそうな神社を見つけ、式根島も実在の風景も参考にしていることを確信し、今回の訪問に至りました。

しかし、取材で死にかけるとは一体…という前に、架空の島の作画の為に、わざわざ離島を2つも廻って取材しているって、凄い!って話ですよね。というわけで、比較カットです。

【さるびあ丸】
P_20191002_222644_vHDR_Auto.jpg
先ずは姉島に向かう東海汽船の大型客船“さるびあ丸”の航海船橋甲板の左舷後方側から。写真は新島から式根島を航行中に撮影したもので、写真に写っているのは新島です。船の後方側を向いたカットなので、作中に描かれているのも式根島のひとつ手前の島である新島かもしれません。そういえばですが、以前に神津島を訪問した際は、すでに『天気の子』は公開されていたのですが、その時にはなかったポスターが船内に掲示されていました。
P_20191006_003807_vHDR_Auto.jpg
ちなみに、神津島の訪問記事にも書きましたが、現在のさるびあ丸(2代目)は2020年6月5日に退役することになっており、新造船(3代目のさるびあ丸)が建造中で、このカットが回収できる残り時間は短いです。

【山神神社】
P_20190719_231224_vHDR_Auto.jpg
島の中心部近くにある小さな神社です。上述の玉井先生のツイートを見てGoogleのストリートビューで島の神社をひとつひとつ見ていったところ見つかりました。ちなみにですが、この姉島総合病院なる病院は式根島にも神津島にも該当しそうなものがありません。いずれの島も小さな診療所があるだけです。

【野伏港】
P_20190719_231559_vHDR_Auto.jpg
式根島を発着する全ての定期旅客船はこの野伏港に就航しています。基本的にそのまんまなのですが、船の上からの撮影なので、完全には一致させられませんでした。

P_20191002_222631_vHDR_Auto.jpg
大型客船“さるびあ丸”とフェリーあぜりあは外海に面したこの位置に停泊していましたが、ジェット船と連絡船にしきは、この桟橋の内側に着岸していました。

見付けられたのは、この2か所だけでした。そもそも、式根島でも神津島でもなさそうなカットもありますし、もしかしたら、見落としているだけなのか、島以外の何処かをモデルにしているのか、或いは実在の場所ではないカットなのか、それは分かりません。ただ、やはり式根島よりは神津島のカットの方が多い感じでした。作中に描写される島の規模感からも、式根島は全体的な雰囲気もあまり近しいところはありませんし。
というわけで、式根島の訪問記でした。今回は大型客船で9時05分に到着し、13時15分発のジェット船で本土に戻るという
日帰り旅行でしたが、次はのんびり温泉に浸かりたいものです。
DSC_0476_201910082219099f5.jpgDSC_0510_201910082219127b0.jpg
スポンサーサイト



星合の空(東京都大田区六郷)【舞台探訪・聖地巡礼】

2019年10月から放送がスタートする赤根和樹監督が原作・監督・脚本を務めるオリジナルテレビアニメーション『星合の空』の舞台を訪ねて来ました。といっても、訪問時はまだPVしか存在しておらず、PVで出てくる場所を事前に回ってきた…というだけですが。
本作は2005年に放送された『ノエイン もうひとりの君へ』以来、実に15年振りの赤根監督の原作作品となるほか、TBSの製作作品では『ヒートガイジェイ』以来17年振りに監督を務めるということになるでしょうか。

本作の舞台ですが、東京都大田区の多摩川付近、かつて六郷村(六郷町)だったエリアが舞台となっているようです。
なお、今回の訪問には、以下のサイトを参考にさせて頂きました。
最新の情報が余すことなく網羅されており、放送後も最も充実な本作の舞台探訪サイトになると思います。

【徒然なるままに、日暮らし、パソに向かひて、心にうつりゆく由なきネタを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ(何)】 別館   聖地巡礼特集 「星合の空 舞台探訪」

【六郷水門】
PV5.png
昭和6年に竣工した多摩川沿いの水門。かつて利用されていた六郷用水という長大な用水路の多摩川への排水口になっていた、歴史的な建造物です。

PV6.png
多摩川の土手沿いの道路。通勤・通学の描写の定番ですね。

新PV1
左岸の土手から、下流側の方向。

PV2弾2
これ、ラケットの描写、めちゃくちゃ細かくないです!?

PV1.png
六郷水門の上流側は緑地になっているのですが、その手前側あたりから上流側を見るとこんな風景が広がります。

PV7.png
多摩川。

【雑色商店街】
PV3.png
眞己と柊真が走っていた商店街は、京浜急行雑色駅の駅前にある雑色商店街です。当該の場所は、駅の北側あたりから西に向かって延びるアーケードの中にあります。「フラワーショップ豊花園」というお花屋さんの前あたりを、方角的には西から東、つまり雑色駅に向かって走り抜けていく感じです。

PV4.png
こちらはひとつ上のカットより、駅側になるのですが、やや改変があります。ゆうちょのATMの隣は実際には不動産屋なのですが、何故か対面ある衣料品店がこの不動産屋の位置にはめ込まれていました。

ということで、訪問した場所は以上です。
本編でどんな場所が出てくるのか、今から楽しみです。


終電ちゃん(大阪2)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
終電ちゃん(東京)【舞台探訪・聖地巡礼】
終電ちゃん(大阪)【舞台探訪・聖地巡礼】
終電ちゃん(大阪2)【舞台探訪・聖地巡礼】
終電ちゃん(箱根)【舞台探訪・聖地巡礼】
終電ちゃん(伊豆箱根鉄道)【舞台探訪・聖地巡礼】
終電ちゃん(岡山)【舞台探訪・聖地巡礼】

週間モーニングで2015年40号から月イチで連載され、第52話から『モーニング・ツー』に移籍した藤本正二先生の漫画『終電ちゃん』の第45話「おおさか東線の終電ちゃん(前編)」第46話「おおさか東線の終電ちゃん(後編)」の舞台を訪ねてきました。コミックスでは7巻に収録されています。
CIMG8986.jpg
本エピソードの舞台となる「おおさか東線」は、2008年3月に放出~久宝寺間が部分開業し、残りの放出~新大阪間が2019年3月16日に開業し、全線開通となりました。当方は鉄道の乗り潰しもしているので、JR西日本の鉄道網は完乗済みだったのですが、この新規開業にともない完乗が崩されてしまいました。写真は2015年に撮影した放出駅です。当時はまだ国鉄103系電車が少ないながらも普通に走ってましたね。

ちょうど、乗り直しに行かなければ…と思っていたところに、黒髪で儚げなかわいい終電ちゃんが登場したので、心躍らせながら、残り区間を乗車して来ました。もちろん、最終電車ではないですけどね。
というわけで、時間の都合もあって未乗区間だけ乗ってきたので、放出~新大阪間しか乗っておりません。それ以外でも阪急淡路駅、久宝寺駅などがちょろっと出てきますが、もともと殆どが駅構内が舞台の終電ちゃんですので、作中の同じ路線を同じタイプの車両で乗れれば、おおむね雰囲気は味わえるというものです。

【放出駅】
P_20190922_223937_vHDR_Auto.jpg
本エピソードのメイン舞台と云っていいのがこの放出駅です。おおさか東線の久宝寺~新大阪間の中間に位置しており、2008年3月15日の放出~久宝寺間が部分開業した際に、終電ちゃんが誕生した場所でもあります。

P_20190922_223949_vHDR_Auto.jpg
放出駅はホームだけでなく、外観や駅周辺が少しだけ出てはきますが、今回はホームだけ。

【新大阪駅】
P_20190923_003521_vHDR_Auto.jpg
大和路線の終電ちゃんが新大阪駅にいるという不思議。

【国鉄201系電車 車内】
P_20190922_223849_vHDR_Auto.jpg
おおさか東線の普通列車で使用されている国鉄201系電車の車内。

P_20190922_223835_vHDR_Auto.jpg
おおむね実際の201系の内部と一致していますが、ドア横に小窓がないなど、完全には一致せず。これ201系のバージョン違いでこういうタイプもあるんですかね。鉄道は詳しくないので分かりませんが。

P_20190922_223805_vHDR_Auto.jpg
しかし、新大阪~放出開業前のおおさか東線の終電ってこんなに空いてたんですかね…
当時の時刻表を持ってないので、何とも言えないですが。

ということで、おおさか東線の終電ちゃんを訪ねる旅でした。
終電ちゃん、ちらほら巡ってますが、実際に最終電車に乗ったことはないので、そろそろ1回終電に乗らないとですかねw
DSC_0469.jpg

オメガトライブ(神津島)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
オメガトライブ(神津島)【舞台探訪・聖地巡礼】
オメガトライブ(式根島)【舞台探訪・聖地巡礼】

2001年から2008年まで「ビッグコミックスピリッツ」で連載された玉井雪雄先生の漫画『オメガトライブ』の舞台になった神津島を訪ねてきました。厳密にいうと、神津島は改題されたあとの『オメガトライブ キングダム』というか、最終章に該当する『オメガトライブ キングダム クロニクル』にも登場するのですが、便宜上、まとめて『オメガトライブ』として取り扱います。『20世紀少年』と『21世紀少年』もまとめたら20世紀少年ですよね…。
P_20190719_230901_vHDR_Auto.jpg
コミックスでいうと、9巻に収録の88話「島の女」から10巻収録の105話「息子」が“姉島”こと神津島が舞台となるエピソードです。
そして、最終巻収録のクロニクルⅡ“3年後”にも少々登場します。
国会議事堂から防衛大学校まで、様々な場所が主要舞台として登場する本作ですが、姉島は恵美を巡って小菅と激しいバトルを繰り広げ、敵対していた荒戸源一郎を仲間に加える非常に重要な場所として登場しますので、本作の熱心なファンで、かつ離島めぐりも趣味としている私としては、ずっと訪れたいと思っている憧れの地でした。
ちなみに、この島が神津島なのだろうというのは、上記の俯瞰カットからもすぐ分かるのですが、なんといっても赤崎の遊歩道ですね。島を代表する観光スポットですので、特定作業をした当時はまだGoogleのストリートビューもありませんでしたが(今は遊歩道上まで網羅されてます)、神津島と画像検索すれば、木造の遊歩道が岩場に敷かれている画像が沢山でてきますので、すぐに分かります。
そういったわけで、架空の島でないことはすぐに分かりましたが、“姉島”なる名前にしたのは、異母姉妹たる英姫と恵美の関係からということですかね。
というわけで、比較画像です。先ずは、姉島に向かう大型客船から。

【東海汽船 さるびあ丸】

P_20190719_194049_vHDR_Auto[1]
東京は竹芝桟橋と大島・利島・新島・式根島・神津島を結んでいる大型客船が“さるびあ丸”です。現在のさるびあ丸(2代目)は1992年に就航していますので、作中のさるびあ丸も現在のものと考えてよかろうかと思います。こちらは航海船橋甲板の左舷後方側になるのですが、きっちり一致しています。新海誠監督の「天気の子」でも登場していましたね。ちなみに、現在のさるびあ丸(2代目)は2020年6月5日に退役することになっており、新造船(3代目のさるびあ丸)が建造中です。このカットが回収できる残り時間は短いです。

【渚橋】
P_20190719_231327_vHDR_Auto.jpg
神津島に唯一ひとつだけ設置されている信号機の近くにある橋です。もうひとつ東側に潮見橋という橋が並んでおり、潮見橋の袂から見たカットになります。

【前浜集落中心部】
P_20190719_231233_vHDR_Auto1.jpg
神津島の中心部、前浜を見下ろしたカットです。千歳橋という橋の左岸側あたりから海方面を見たものになるのですが、作画用に写真を撮影して、それを元に描いたのだろうという位細かい点まで一致して、大興奮でした。海の向こうに見える島は、恩馳島という島です。

【前浜港】
P_20190719_231146_vHDR_Auto.jpg
神津島と本土を結ぶ、高速船・大型客船が就航する島の玄関が前浜港です。気象条件により、島の反対側にある多幸湾(三浦港)に就航する場合もありますが、島の中心地にある港がこちらの港です。港のカットは、神津島のものではなさそうなものが多かったので、一致しないのかと思っていたら、これに関してはばっちり実在の風景を参考にしていました。右手の山を見て頂きたいのですが、大きな木らしきものが2つほどピョンと飛び出しており、そこまでしっかり一致しているところを見ると、このカットはどう考えてもここで正解なのではと思います。ただ、一致したのはこれ位でした。

【赤崎遊歩道】
P_20190719_231437_vHDR_Auto.jpg
島を代表する観光地です。姉島編がクライマックスを迎える重要な舞台です。改変はされているものの、この辺りをモデルにしたのだろうなぁ…というのは、橋の構造が一致していることからも窺えます。

P_20190719_231528_vHDR_Auto_20190723010115c33.jpg
こちらも撮影資料を基に描いたというよりは、参考に作画したといった雰囲気です。

P_20190719_231507_vHDR_Auto.jpg
一致する場所が、ありそうでない…赤崎のカットに関してはそんな感じのところが多かったです。

P_20190719_231709_vHDR_Auto.jpg
或いは、現在侵入が禁じられている部分に一致する場所があった可能性は否定できません。右の写真は、遊歩道の一番北側なのですが、見事に破損して進入できなくなっていました。遊歩道の北側はかなりの範囲で立入ができない状態でした。

というわけで比較画像はこんなものです。姉島の風景は作中において、かなり沢山登場するのですが、どうも実在の島の風景ではなさそうなものが大半です。その一方で、明らかに島での風景を資料として作画しているものが混在しており、どういった意図なのか何とも不思議な感じでした。
いずれにせよ、長年夢見たオメガトライブの舞台にやってくることができ、大興奮でした。『天気の子』目当てで神津島を訪れる人は一定数いそうですが、アニメ・漫画が好きならば、是非、オメガトライブもご一読の上、訪問してみてもらいたいものです。
P_20190721_104320_vHDR_Autoagr.jpgP_20190721_104338_vHDR_Auto_HP.jpg
ちなみにですが、紹介した渚橋のカットを撮影した傍らに、アニメイトがありました。
東京都最南端のアニメイトかと思いましたが、多分、最西端でもありますねw

天気の子(神津島)【舞台探訪・聖地巡礼】

※ネタバレを含みますので未鑑賞の方は注意下さい。

令和元年7月19日に公開された新海誠監督の映画「天気の子」に舞台モデルとして登場した神津島に赴きました。
DSC_0148.jpg
本作は当初より離島から東京に出てきた家出少年が主人公だと“あらすじ”で語られており、トレーラーが公開された際に、主人公帆高が東海汽船のさるびあ丸に乗船しているカットが含まれていたため、伊豆諸島のいずれかの島の出身なのだろうと推察されていました。普通に考えれば、通常さるびあ丸が就航している大島~利島~新島~式根島~神津島のいずれかということになるというわけです。
P_20190720_222109_vHDR_Auto.jpg
7月9日に公開された新たな映像では、フェリーの金額が入った帆高のメモが映り、ネット上での島の特定議論は更に白熱します。乗船日が6月となると、通称三八航路(三宅島~御蔵島~八丈島)に就航している橘丸がドッグ入りしており、さるびあ丸が三八航路に就航する時期だからです。
zc.png
帆高の出身地はどの島だ…そういった議論を嘲笑う様な新PVでしたね。この結果、島の選択肢が広がった訳なのですが、6510円という乗船料金が分かっている為、学生割引で2割引になることを考えると、作中の島が実在の島の設定に準じている場合、金額的に選択肢は八丈島と神津島しかなくなりました。割引無しなら三宅島なんかの料金も含まれるので、全然絞られたわけでもなかったのですが、結果的には実際の料金設定を作中でも踏襲していたわけです。
DSC_0330.jpg
個人的には、沢山の人が関わっている有名監督の新作であり、ロケハンもあったであろうにも関わらず、全くWeb上に情報が漏れて来ない事を考えると、「島の描写は実在の島の風景ではない。ただし過去の新海作品にも見られたら様に、モデル地は実在して、国内の何処かで撮影した資料を元に作画した」というのが最終的な予想でした。見事に外れてしまいました…
ただ、やっぱり島の描写は僅少でしたね。島の登場シーンが豊富で、神津島であることの必然性が要求されるほど重要な場所であったならば、プロデューサーや監督なども入った大規模なロケハンが生じた筈で、その場合、どう考えても関係者が大量にいて情報が漏洩しただろうと考えます。

前置きが長くなりましたが、離島巡りも趣味にしている当方にとっては、まだ未上陸で、いずれ訪問すべく準備もしていた島でしたので、折角なら「天気の子」熱がアツい内に訪問しようと思い立ち、公開日翌日の23時に東京竹芝桟橋を出航する“さるびあ丸”に乗って神津島に赴いたというわけです。ちなみにですが、神津島は私の大好きな玉井雪雄先生の漫画『オメガトライブ』に出てくる姉島のモデルでして、場所の特定作業で元々ストリートビューで結構チェックをしていたので、意外と頭の中には島の風景が最初から刻まれていました。

さて、比較画像ですが、神津島の他に映画のエンドロールで協力としてクレジットされていた東海汽船の“さるびあ丸”、さるびあ丸の到着する竹芝埠頭の3つに分けています。先ずは伊豆諸島神津島から。

【神津島】
1.東京都立神津高等学校
DSC_0884.jpgDSC_0889_2019072119250727a.jpg
敷地外から撮影可能な登場カットはこの2枚だけだったと思います。左は校門前の道路、右は体育館と校舎です。
あの体育館の中で、卒業式が行われていたわけですね。
神津高校のホームページに、卒業後の進路が掲載されているのですが、それによると平成30年度の卒業生は8人の様です。
作中でもかなり人数の少ない卒業式でしたが、全校生徒合わせても20~30名程度しか在校生はいないようですね。

2.はるか展望台 東屋
DSC_0879.jpg
神津高校の校門のすぐ西側の道路沿いにあります。Googleマップには「はるか展望台」と記載されていて、地元の方のツイートなどでもこの表現が見かけられたので、はるか展望台と記載しましたが、現地に行ったところ、特に名称の入った看板などはなく、観光マップにも記載はされていません。
いずにれせよ、前浜海岸の白いビーチを眼下に望む素晴らしい眺望の展望台であることは間違いありません。そこにある東屋なのですが、訪問時には立ち入りが禁止されていました。3名ほどの地元の方が作業をしておられ、周辺全体が工事中といった感じです。東屋ごと解体されるということはないと思いますが…
DSC_0876.jpgDSC_0882.jpg
この東屋では卒業式の後、後輩に帆高が告白!?されていたわけですが、もうちょっとアップのカットも幾つかあったような記憶ですが、どんなアングルか曖昧です。

3.多幸湾
DSC_0618_201907211952549ca.jpgDSC_0587.jpg
神津島には船が着く港が2つあり、メインの集落に近いのが神津島港(前浜港)。この港の反対側にあるのが多幸湾三浦港です。作中に登場していたのはこのメイン集落と離れた多幸湾だったように思います。港の向き的に北風が吹く冬場は多幸湾に就航してたりしそうですが、帆高が家出した6月の時期っていうのはどうなんでしょう。どちらかというとレアなんじゃないかという気がするんですが、実際、私が訪問した日も“さるびあ丸”と下田と神津島を結ぶ“フェリーあぜりあ”は多幸湾に入港しました。
ちなみにですが、同日、高速船は全て前浜港に就航してましたので、単純に風や波などの気象条件だけの影響ではないのかもしれません。

ちなみにですが、このこちらの港に到着した場合、集落まで歩いていける距離ではないので、前浜の集落まで村営バスで移動することになります。バスは200円の前払いで、船に接続していますが、時間ロスと余分な経費がかかるのも事実…ですが、多幸湾海水浴場の白いビーチと青い海は前浜とはまた違う美しさがあって良いですよ。それに、作中の再現をしようと思うと、多幸湾に就航してもらわないとなので、手間は増えますが、喜ばしいことと思って受け入れましょう。

4.千両池への道
DSC_0946.jpg
帆高が雨に濡れながら走っていた道です。こちらは似てる…というところで、本当にここがモデルかはちゃんと検証しないと何ともですね。先に現地を訪れた探訪者の方々もここだろうとおっしゃっているほか、私も事前のストリートビューの下調べでも、モデルがあるとしたら、この辺りしかないかなと思いました。
千両池は島を代表する観光スポットのひとつですので、そのままご覧になるのが良いと思います。

【さるびあ丸】
天気の子PV1a
東海汽船の大型客船「さるびあ丸」です。さるびあ丸に関しては、トレーラーで登場していた2カット分だけ、比較画像があります。
といいながら、こちら、きちんとした回収が出来ていません。作中では帆高が東京に上ってくるシーンが描かれているので、作中のシーンを再現するには、東京行きのさるびあ丸に乗船する必要があります。今回は神津島に行く際はさるびあ丸、戻りは高速船を使用しました。そんなわけで、こちらはレインボーブリッジに合わせて撮影したものです。

天気の子PV1b
同じカットですが、こちらは船に合わせて撮影したものです。この船の一番上のデッキは、さるびあ丸では航海船橋甲板と呼称されています。いずれにせよ、私のカメラでは広角が足りませんでした。

天気の子PV2g
アンテナ?避雷針?なのか分かりませんが、航海船橋甲板の後部です。これも広角が全然足りません。これ以上後ろに下がれないので、広角が確保できないのです。全体的に作中では航海船橋甲板がすごく広く描かれていたような気がするのですが、実際はあまり歩ける場所がありません。

DSC_0391.jpgDSC_0497_20190721210912783.jpg
須賀に助けられた帆高が定食とビールをおごらされていた船内のレストランです。こちら致命的なミスを犯し、作中で出てきたのは4番テーブルだったのですが、そこは回収できませんでした。こういった客船ではよくあるのですが、レストラン営業時間外は休憩スペースとして開放されるものかと思っており、いざレストランの営業が終了する朝7時30分過ぎに向かったところ、見事に準備中となっており入室できませんでした。4番テーブルの位置は、外部からだと見えない位置です。作中の再現をしたければ、レストラン営業中に食事を取りに行くことをお勧めします。ちなみに1200円もする定食は扱っておらず、一番高いジャンボエビフライカレーでも1150円です。また、作中では980円もしたビールですが、実際は600円ですね。さすがにビール一杯で980円も取る客船のレストランは、探してもないのではw

DSC_0444.jpgDSC_0451.jpg

DSC_0434.jpgDSC_0421_2019072121164508b.jpg
あとは、なんとなく登場した様な気がする場所を…
なお、現在のさるびあ丸(2代目)は2020年6月5日に退役することになっており、現在、新造船(3代目のさるびあ丸)が建造中です。というわけで、作中に登場した現さるびあ丸に乗船できるのは、来年6月までなので、作中の雰囲気を味わい方はお早めに。ということで、帆高同様に6月12日に神津島から東京に向かうということは映画公開から一度もチャンスが無いというわけなのです。

【竹芝客船ターミナル】
P_20190720_222920_vHDR_Auto.jpgP_20190720_222923_vHDR_Auto.jpg
船を降りた帆高と須賀圭介が会話していたのが、竹芝埠頭の竹芝客船ターミナルです。
うろ覚えですが、数カット出てきただけだったように思います。

以上です。
まだ、比較用に用意できる画像がないので何となく…というレベルになってしまうのですが。
神津島、『天気の子』の舞台どうこうとは無関係に、とても美しくて面白い島ですので、是非、訪れて欲しいです。
ちなみにですが、今回、舞台となる場所を巡るのには、レンタルバイクを活用しました。徒歩で多幸湾まで行くのはちょっと厳しいですし、起伏もあって自転車もしんどいと思います。その他の観光スポットを巡るのにも、原付が最強でしょう。
島には「レンタルバイク・スズキ」と「神津島オートサービス」という2つの店があり、料金体系などはいずれも同じようです。
3時間3300円(税・ガソリン代込み)で、「天気の子」の登場箇所と主要観光スポットは回れるかなという感じですが、私がレンタルした日は、片方のお店が満車、もう一方も自分が借りたのが最後の一台だったので、夏期はまず原付確保するのに苦労するかもしれないですね。島旅好きとしては、とにかく原付レンタルをオススメします。
今回は日帰りだったので、ちょっと物足りなかったので、次は天上山登山に挑戦したいものです。
P_20190721_115002_vHDR_Auto_HP.jpg
プロフィール

スカイDJ

Author:スカイDJ
※2015年春頃までに作成した記事についているMAPがGoogleの何らかの仕様変更で現在閲覧不能になっております。申し訳ございません(_ _)作成者である私自身も地図にアクセスできない状態なのです。

アニメや漫画の舞台を巡って旅する旅行中毒者。B級スポット・離島・神社・水族館なども好物です。

・BTC舞台探訪者コミュニティ関西支部所属
・リンクはご自由に

カウンター
聖地巡礼:アニメ別一覧(五十音順)
最新記事
最新コメント
リンク