FC2ブログ

BUNGO -ブンゴ-(富士宮)【舞台探訪・聖地巡礼】

週刊ヤングジャンプで2015年から連載されてる二宮裕次先生の野球漫画「BUNGO -ブンゴ-」の舞台は、主人公の石浜文吾が所属するチームの名称が静央シニアで、静岡の地名や富士山などが出てくる静岡県が舞台の作品です。

第1話で富士宮市街と富士山の風景が描写されているので、富士宮あたりが舞台なんだろう…ということは分かっていたのですが、それ以降、あまり具体的なモデルがはっきり分かるような描写はあまりありませんでした(富士山と市街地の絵は幾度も出てきていましたが)。富士宮の地名も多分出てきていなかったですし、ブンゴの通う中学校の名称は桜ノ宮中学になっており、富士宮をモジったもの?っといった感じで、富士宮であることを匂わせながらも、どこか架空の都市での出来事のような描き方をしていたように感じます。

しかしながら、第139話にして、ついに、誰が見ても富士宮!と分かる絵が登場したものですから、現地に行ってカットを合わせてきたというわけです。139話が掲載されたのは、折しも富士宮が舞台として登場している「ゆるキャン△」にアニメ版1期がOAされていた、2018年3月の話です。

【富士宮駅】
139話比較
139話より。JR身延線富士宮駅の北口です。もうそのまんまですね。

【富士宮市役所からの風景?】
1話比較
1話より。こちらは私が撮影した写真ではありません。実は富士宮市が市役所の屋上から撮影した写真をフリー素材として、市のHPで提供しており、それを作中のカットと合わせてみたものです。
⇒富士宮市HP 富士宮市役所からの富士山
フリー素材の一枚と合わせてみたところ、完全一致!ということで、この描写はこの富士宮市が提供しているフリー素材を元に作画したのではないか、と推察しています。
ちなみに、市役所の屋上には当然ながら入ることはできませんが、7階に展望ロビーがあるので、そこから同じアングルで写真を撮ることはできると思います。

ということで、ワンカットだけでしたが、「BUNGO -ブンゴ-」の舞台、富士宮の訪問記でした。
ヤンジャンの中でも一番楽しみにしている漫画のひとつなので、今後も静岡がモデルとして登場していたら、静岡まで行ってみたいと思っています。

富士宮は「ゆるキャン△」にのっかろうとしている場合じゃないんですよ!正真正銘、メイン舞台が富士宮である「BUNGO -ブンゴ-」でファンを呼ぶことを是非、考えて欲しいですね、ファンとしては。(勿論、ゆるキャン△も買ってるしファンだけど)。
無題aef
スポンサーサイト
プロフィール

スカイDJ

Author:スカイDJ
※2015年春頃までに作成した記事についているMAPがGoogleの何らかの仕様変更で現在閲覧不能になっております。申し訳ございません(_ _)作成者である私自身も地図にアクセスできない状態なのです。

アニメや漫画の舞台を巡って旅する旅行中毒者。B級スポット・離島・神社・水族館なども好物です。

・BTC舞台探訪者コミュニティ関西支部所属
・リンクはご自由に

カウンター
聖地巡礼:アニメ別一覧(五十音順)
最新記事
最新コメント
リンク