FC2ブログ

海辺のキュー(沼津)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
キャッチャー・イン・ザ・ライム(沼津・御殿場)【舞台探訪・聖地巡礼】

月刊ヒーローズに連載中の背川昇先生の“ガール・ミーツ・エイリアン in 沼津”な漫画『海辺のキュー』の舞台を訪ねてきました。
背川先生は前作『キャッチャー・イン・ザ・ライム』でも、舞台モデルを沼津に設定しており、沼津市の出身…?かわは分かりませんが、静岡県出身であることは公表されています(前作のインタビュー記事のプロフィールに静岡県出身と書いてあったので)。

というわけで、現地との比較画像です。あらかたの場所は行きましたが、千本松中学校のモデルが分かりませんでした。
コメントに原中学校ではという情報が寄せられたのですが、「千本保安林 皆で守ろう」の看板があるので、この中学校がモデルのひとつであることは間違いなさそうです。校舎の形状は違っているので、別のモデルもあるのかもしれません。

【県道17号線沿い 長浜市民公園近く】
表紙
1巻表紙。主人公千穂は千本松中学校に通っているという設定になっていますが、何故か表紙になっている場所は『ラブライブ!サンシャイン!!』でもお馴染みの“三の浦総合案内所”の近くの風景でした。海の向こうに見える風景を全て入れようとすると、かなり広角なカメラでないと足りない感じです。

海辺のキュー1話1
1巻表紙。表紙の半分部分で比較するとこんな感じ。写真で撮った風景、そのままという形で作画している雰囲気ではありません。カーブミラーはこの県道17号線沿いに幾つかあるのですが、この場所で再現したのはミラーに映り込んでいる白いアパートのような建物が一致しそうだったからです。写真には角度的に映り込んでいませんが、植え込みもちゃんとあるので、この場所がモデルだろうと思います。

【伊豆・三津シーパラダイス】
7話1
7話。内部も登場していますが、今回は時間と予算の関係から、外観だけ。

【千本浜海岸】
1話4
1話。千本松原のある前の海岸です。

1話5
1話。結構、人は沢山いる海岸なので、こんなことになったら目立ちますw

3話3
3話。堤防の上。

4話3
4話。右手に手摺があるのは、北側の方です。右に手摺がある辺りは、海側に下りるための手摺は見当たらなかったので、まあ適当な場所で撮影しました。

4話4
4話。ところどころ、こういう手摺があります。

5話6
5話。作中では吹き出しに隠れていますが、あの位置には天気が良ければ富士山が見えています。訪問時も残念ながら富士山は見えませんでしたが。


【香貫山公園 香陵台】
6話2
沼津市街からも近い香貫山にある公園です。五重塔みたいなのは慰霊平和塔です。

6話3
背川先生は取材写真そのままに作画をするというタイプではありません。Twitterにて本ブログへの言及を頂きまして、「実在の土地をモデルにして漫画を描くときはあえて位置関係とか距離感をズラして描くことが多い」とおっしゃっていました。というわけで、ここであることは間違いないですが、アレンジされていますね。

6話4
ブランコの反対側。

6話5
街頭もしっかりモデルになっている感じでした。

6話6
慰霊塔。演出上、手前の線香置くみたいなやつは消えてます。

6話7
独特の滑り台も雲梯も参考にされています。

6話8
駐車場側。この香陵台までは車で来ることができます。

6話10
この場所から沼津市街と駿河湾が一望できます。気持ちのいい場所です。

6話11
夕方に行きましたが、景色眺めている人、2グループ位いました。

6話12
善子…もとい、ヨハネの住んでいるマンションも見えていますね。

6話14
方角的に片浜・原の方面ですね。

6話15
そういえばこの香陵台は『キャッチャー・イン・ザ・ライム』にも登場していました。車で気軽に沼津の風景を楽しめる、地元住民の憩いのスポットでもあります。そういえば、千穂がこの場所に来る途中に自転車で駆け上がってくる途中にある建物は実際には廃墟で、麓近くにあります。道路が狭くて停める場所がなかったので、撮影はしませんでしたが。

ということで、今回は以上です。まだまだ沼津の色々な場所が今後も登場しそうなので、今後が楽しみですね。

スポンサーサイト



プロフィール

スカイDJ

Author:スカイDJ
※2015年春頃までに作成した記事についているMAPがGoogleの何らかの仕様変更で現在閲覧不能になっております。申し訳ございません(_ _)作成者である私自身も地図にアクセスできない状態なのです。

アニメや漫画の舞台を巡って旅する旅行中毒者。B級スポット・離島・神社・水族館なども好物です。

・BTC舞台探訪者コミュニティ関西支部所属
・リンクはご自由に

カウンター
聖地巡礼:アニメ別一覧(五十音順)
最新記事
最新コメント
リンク