fc2ブログ

=アニメ版= 星屑テレパス(富士市・富士宮市)【聖地巡礼・舞台探訪】

▼関連記事
=原作漫画= 星屑テレパス(静岡市)【聖地巡礼・舞台探訪】
=アニメ版= 星屑テレパス(静岡市)【聖地巡礼・舞台探訪】
=アニメ版= 星屑テレパス(富士市・富士宮市)【聖地巡礼・舞台探訪】

「まんがタイムきらら」に連載中の大熊らすこ先生の漫画『星屑テレパス』がアニメ化され、2023年10~12月に放送されました。アニメ版の舞台モデルは原作の静岡市駿河区の安倍川右岸側から清水区側に移っており、モデルロケットの大会の会場もはっきりと富士宮市の朝霧高原が描かれるなど、多少舞台モデルに変更があります。
本記事は、アニメにおいて登場した静岡市以外の場所について取り上げています。静岡市内についてはこちらをご覧下さい。

【富士市立少年自然の家】
星屑テレパス5話17比較
5話。宿泊学習でバスに乗って赴いた施設。アレンジはあるが、宿泊・管理棟をモデルにしものと考えて間違いなさそう。敷地外から撮影しているので合わせはこんなものです。

【あさぎりフードパーク】
6話4
6話。モデルロケット大会の会場になっていた「富士山スカイグラウンド」の脇にあるのが「あさぎりフードパーク」・・・というより、 「道の駅 朝霧高原」「富士山スカイグラウンド」「あさぎりフードパーク」は一体となった施設といった感じです。富士山スカイグラウンドはドローンの練習場として2023年3月まで営業していましたが、今はただの原っぱとなっています。

6話5
6話。奥に見えるのが富士山スカイグラウンドです。

星屑テレパスアニメ8話5
8話。 「道の駅 朝霧高原」側から「あさぎりフードパーク側」に入る入口あたりにこの看板があります。

6話26
6話。看板より少し進んだあたりです。

6話24
6話。ということは、反対向きなので、こうなるはず。

6話36
6話。さらに歩道を進んだところ。富士山の手前にある建造物は「芋工房 かくたに」です。

6話37
6話。「ビュッフェレストランふじさん」の前あたりを歩いています。駐車場に向かって歩いている感じですかね。

6話38
6話。。「ビュッフェレストランふじさん」と一体になったあさぎりフードパークのインフォメーション・売店の間あたりにある溶岩樹型のオブジェです。

6話39
6話。右手に見えるのはインフォメーション・売店。

6話40
6話。あさぎりフードパークのインフォメーション・売店前あたりの通路。

6話41
6話。同じく。フードパーク内は6話で秋月彗先輩と話していた場所だけいまいち一致せずよくわかりませんでした。

【富士山スカイグラウンド】
6話20
6話。6話・8話・9話に登場するのがこの「富士山スカイグラウンド」という旧ドローン練習場です。

6話22
6話。富士山が見える側から紹介します。

星屑テレパスアニメ8話10
8話。あの左奥の構造物はこの照明?

星屑テレパスアニメ8話12
8話。

星屑テレパスアニメ8話20
8話。富士山が実際よりもかなり急峻な山になってますね。

星屑テレパスアニメ8話22
8話。ちらは北側を向いたもの。写真では分かりにくいですが、作中同様、建造物が奥に見えており、参考にしているのが分かります。

星屑テレパスアニメ8話23
8話。こちらは逆に南東側だと思います、多分。

星屑テレパスアニメ8話24
8話。冬に訪問したのですが、作中では雪の一切ない夏富士ですね。

星屑テレパス9話19
9話。かつてドローン練習場が営業していたときはこういう柵があったと思いますし、利用者しか入れなかったような記憶です。ロケハン時にはあったのだと思います。

星屑テレパス9話20
9話。こちらは南側を向いたもの。

6話21
6話。ここからは、あさぎりフードパークの建造物が見える側、つまり西側方面を向いたカットになります。

星屑テレパスアニメ8話14
8話。右に見えるのが「お茶工房富士園」、左にみえるがの「芋工房かくたに」となります。

星屑テレパスアニメ8話18
8話。「お茶工房富士園」、アレンジはありますが、しっかりと参考に作画されています。

星屑テレパス9話4
9話。「芋工房かくたに」の方はかなりアレンジが強めです。

星屑テレパス9話15
9話。こちらも「芋工房かくたに」と考えられます。

星屑テレパス9話16
9話。こちらも「芋工房かくたに」。

星屑テレパス9話21
9話。こちらは「お茶工房富士園」です。

以上、富士市・富士宮市に登場のカットでした。
訪問場所については下記のマップを参考にして下さい。
スポンサーサイト



=アニメ版=星屑テレパス(静岡市)【聖地巡礼・舞台探訪】

PXL_20210920_042045404-01.jpeg
▼関連記事
=原作漫画= 星屑テレパス(静岡市)【聖地巡礼・舞台探訪】
=アニメ版= 星屑テレパス(静岡市)【聖地巡礼・舞台探訪】
=アニメ版= 星屑テレパス(富士市・富士宮市)【聖地巡礼・舞台探訪】

「まんがタイムきらら」に連載中の大熊らすこ先生の漫画『星屑テレパス』がアニメ化され、2023年10~12月に放送されました。原作では静岡県静岡市が舞台とは明示されていないものの、同市の風景が多数登場していてます。原作ではどちらかというと静岡市駿河区の安倍川右岸あたりが学校や居住地という設定だったのですが、アニメ版においてはメイン舞台は静岡市清水区に移っているます。そのモデル地を巡ってきました。

こちらはアニメ版の記事なので、原作漫画についてはこちらの記事をご覧ください。
また、カット数が膨大なので、静岡市と静岡市外(富士市・富士宮市)と記事を分割していますので、静岡市外の舞台モデルについてはこちらをご覧下さい。

【藤野岬高校】
星屑テレパス1話10
1話。主人公・小ノ星海果、明内ユウらが通う高校です。原作漫画では静岡市駿河区にあるとある学校がモデルとなっていましたが、アニメ版では静岡市清水区の学校を位置モデルに変更したようです。

星屑テレパス1話10あ
1話。一方で校舎の外観自体は原作漫画の学校をモデルに描いているように見受けられます。

星屑テレパス5話9比較
5話。四芒星っぽい形をした校章も原作漫画でモデルになtっている静岡市駿河区の学校に似ています。

星屑テレパス1話11
1話。高校の俯瞰カットが登場しましたが、静岡市清水区にある高校が明らかにモデルとなっていることが分かります(画像引用:Googleマップ)。学校の奥に見える団地のようなものもそのまんまですね。つまり、アニメ版の藤野岬高校は静岡市内の2つの学校チャンポンしたものだというわけです。

星屑テレパス1話15
1話。学校の前の道路もかなりデフォルメされていますが、位置モデルとなっている清水区の学校の前のものをモデルにしていると考えて良さそうです。

星屑テレパス1話16
1話。フェンスは高さが実際よりもかなり高くなっています。

星屑テレパス1話18
1話。通学路などにある道路の路側帯を緑色に塗ったいわゆるグリーンベルトもありますし、この学校前の道路がモデルにしたこと自体は間違いないでしょう。

星屑テレパス1話12
1話。こちらは位置モデルになっている清水区の学校の近くの海岸線から駿河湾沖に伊豆半島を眺めたものです。特に右手のガクっと落ち込んでいるような部分などではっきりしていますが、伊豆半島の稜線をモデルに描いているように見えます。

7話30比較
7話。学校自体は毎回のように登場していましたが、7話で再び学校の周辺が登場。

7話32比較
7話。こちらは上記のカットを反対側からみた感じですね。

7話31比較
7話。緑のフェンスは実際もそこにありますが、やはり実物は小さめ。

星屑テレパスアニメ8話1比較
8話。校庭側の角です。ここもモデルにして描いている感じですね。

【久能海岸】
img01.jpg
キービジュアル。静岡市で海に面した道路沿いでビニルハウスが並ぶ風景と言えば、石垣いちごで有名な久能海岸沿いです。後述する清水灯台は、少なくとも原作では「立地の参考にした」との言及が作者からありましたが、アニメ版では原作時と違い、ユウの暮らしている灯台は明らかに久能海岸に立地しています。ちなみに写真を撮った「マルトヨ苺園」近くのこの場所は、ちょうど歩道が広くなる場所で、手前に向かって広くなるので、演出上のデフォルメで手前に向かって広がっているキービジュアルの場所の雰囲気にとても良く合います。

OP10OPas.png
OP。OPを見てみても、静岡市の上空らしきところから下りて来る場所のカットはこのようになっており、海岸沿いに中央分離帯がある片側2車線の道路があって、その陸地側にあるもう1本の道路らしきものとの間にビニルハウスが並んでいるように見えます。こうした特徴はまさに久能海岸です。原作漫画はさておき、少なくともアニメ版では久能海岸沿いらしきところに灯台の位置を持ってきていることは間違いないように思えます。ちなみにOPの上空で浮いているシーンは、デフォルメされた三保半島らしきものはもちろんですが、コマ送りでみてみると富士山や大瀬崎まで描かれており、静岡をモデルにしていることはここで明らかになっていたりします。

2話9比較
2話。キービジュアルの場所は本編でも同様のカットが出てきています。私としては、一番作中に似た雰囲気を再現できる場所は上述の通り、「マルトヨ苺園」近くのこの場所だと考えており、。こちらはアニメ版のメイン舞台になっている静岡市清水区ではなく、静岡市駿河区側です。清水側に行くと片側2車線になり雰囲気が大きく異なります。

3話16
3話。山の稜線なども一致はしませんし、このような照明も実際には存在しませんが、こうやってみると、やはり海と歩道の間の白い柵、歩道と車道の間のガードケーブルという構成含め、久能海岸以外にはありえないなと思えてきます。ただ、久能海岸っぽいどこか…という感じで諸々アレンジされている感じなので、それぞれがそれぞれの灯台を久能海岸で探せばいいと思います。

2話5比較
2話。また、この久能海岸沿いを走る150号線沿いの歩道は、以前から回収工事が続いていており、ガードレールの形状が異なったり、そもそも立入が禁止されているところばかりです。Googleストリートビューなどで以前の状態を確認すると、広い区間で作中と似たようなガードレール等が確認できますが、現在は上述の場所付近くらいしかこうした雰囲気の場所は見当たらないです。

7話40比較
7話。夕暮れ時にも登場したので、時間を合わせて訪問。作中同様、灯台側が西側となり日が落ちます。

7話37比較
7話。やっぱり作中と同じ時間帯に訪問すると、より作品の世界の中に入り込めて楽しいです。

7話45比較
7話。ガードケーブルの感じなど、こうしてみるとやっぱり久能って感じです。作中のようなきれいなトワイライトにはなりませんね。

【ユウの暮らす灯台(清水灯台&久能海岸)】
星屑テレパス1話31
1話。灯台の立地が久能海岸をイメージしていることは上述の通りですが、実際の久能海岸には灯台はありませんし、作中と似た立地や構造の灯台は静岡市内には見当たりません。一部のファンの間で、清水灯台がモデルというようなことが云われていので、モデルのひとつというような扱いを受けていましたが、これについて2023年10月22日のYouTubeの配信で大熊らすこ先生が言及、清水灯台を立地の参考にしたということでした。ただし、それは原作漫画においての話であり、アニメ版のモデルは詳らかにはなっていません。

星屑テレパス1話26
1話。形状も全く一致していないことが分かります。ではどの灯台がモデルなのかということですが、同配信によると原作漫画では、ニュージーランドにある「エグモント岬灯台」を外観の参考にしたということです。また、千葉県銚子市にある「犬吠埼灯台」のレンズ室のガラス構造、1等フレネルレンズ、島根県出雲市の「出雲日御碕灯台」 の内部の吹き抜け螺旋階段を参考したということで、いくつかの灯台を混ぜて本作の灯台を描いていることが明らかになりました。大熊らすこ先生曰く、「私が私好みに星屑テレパスに合う最強の灯台をデザインしている」とのことです。この配信の中で、なぜか「出雲日御碕灯台」の写真提供がアニメ版のかおり監督だったので、アニメ版でも「出雲日御碕灯台」が参考になっている可能性は高そうです。

星屑テレパス1話23比較
1話。灯台の入口。清水灯台は敷地内は立入禁止なのですが、年に1回、清水海上保安部による特別公開があります。こちらは2023年11月11日の特別公開の際に撮影したものです。

星屑テレパス1話29比較
1話。こちらも特別公開の際に撮影したものです。この特別公開では、内部の螺旋階段を登ってレンズも目の前で見る事ができました。アニメ版はもちろんですが、原作漫画でも内部はモデルになっていないので無関係なのですが、当日少なくとも十数人が星テレ関係でのこの特別公開に来ていました。なお、ユウの暮らす灯台と比べると、清水灯台の内部はかなり狭いです。

星屑テレパス1話21
1話。立地は上述の通り久能海岸沿いがモデルですし、清水灯台は海とセットで撮ろうと思ったら、南側から見るとこんな感じです。富士山とも合わせられて美しい灯台ですし、別途この付近の海岸が出てきてもいます。作者公認の立地モデルにはなったので、三保方面に行った時には合わせて寄りたい場所ですね。

OP11比較
OP。こちらは駿河湾フェリー上から撮影したものです。三保半島の先端の方にありますので、山はありませんし、周囲に民家もありません。やはり、作中の描写をみると、久能海岸の方が雰囲気として近いということがよく分かります。

【三保半島東側の海岸】
3話1
3話。ペットボトルロケットを打ち上げていた場所です。富士山との位置関係や左側のブロック状の構造物などをみると、三保の松原~清水灯台の間あたりの海岸線でロケハンをして描いたものではないかと思います。

3話4
3話。三保の松原からは富士山はこのようには見えないですし、そもそも海岸からは見えるのは松原で、ブロック塀のようなものはありません。

3話3
3話。一方でブロック塀に、作中のような感じで土が法面に積み上がっているような場所は三保海岸にはありません。堤防をアレンジして描いたものなのだろうという理解でいます。

4話66比較
4話。といいつつ4話の方では堤防ではなく、ブロック塀って感じなんですよね。

4話64比較
4話。そんな感じで3話の富士山の見える海岸と、なぜか微妙に違う描き方をされているので、それぞれ参考にした具体的な場所があるかのかもしれませんが、いずれにしてもアレンジがある中で、この辺りのイメージ…というところで良いのではと思います。

4話74比較
4話。作中で富士山の右に見えるのは、愛鷹山ですかね。

4話65比較
4話。富士山の反対側、南方向を向いたカットです。

4話68比較
4話。この辺りの海岸には、消波ブロックもあります。

4話79比較
4話。三保の海岸は作中の俯瞰カットでみると分かりやすいように、海際が一段下がっています。何気にそういう部分も再現されていたりします。

7話2比較
7話。7話でも三度登場。富士山がきれいに見えていると画になる海岸です。

7話5比較
7話。

【清水マリンパーク】
4話7比較
4話。買い出しの待ち合わせ場所となっていた場所です。このあと買い物に行くエスパルスドリームプラザの横にあり、こちらはその通称ドリプラです。

4話8比較
4話。訪問日は、こちらで「静岡痛車天国2023」というイベントが行われており、人で溢れかえっていたため、写真撮影のアングル等に制約があり、あまり再現度が高くない点はご容赦下さい。こちらの時計ですが、写真は向きが作中とは異なっています。

4話10比較
4話。マリンパークの前から西側方向を向いたものです。周辺は現在、改修が続いており、作中とは合いません。改修が始まる前にロケハンしたものと思われます。

4話11比較
4話。時計の位置は少し、改変がありますね。

4話12比較
4話。花壇や配電盤もやはり改変があります。

4話13比較
4話。こちらは何の建物なのかはよく分かりませんが、公衆トイレの隣にあります。

4話14比較
4話。イベント最中でなかったもう少し合わせられたかもしれませんが、いずれにしろ改変はあるので、あまり細かいことを気にしてもしょうがないといったところです。

4話15比較
4話。痛車イベントで大盛り上がりでした。なお、この「静岡痛車天国2023」では、冠協賛であるユピテルの「羽衣6」の声優トークショーがあったのですが、“遠藤ともこ”役の飯田ヒカルさん、“金田さん”役でEDテーマの『天体図』を歌うサンドリオンのメンバー汐入あすかさんが来ていて、本作で清水マリンパークが登場したその週末に、作品に出ている声優2人が登場するという奇跡が起こりました。当然ですが、トークショーでは本作への言及はありませんでした。

【エスパルスドリームプラザ】
4話26比較
4話。既述の清水マリンパークの横にある「ドリプラ」の略称で親しまれるシネコンなども入る清水の商業施設です。こちらは2階の外通路です。私有地にある施設内ですが、外通路やデッキならば社会通念上、写真撮影は許されると考えるので、店内(屋内)以外のカットを掲載します。

4話27比較
4話。ペットボトルが置いてあった場所は実際には何も置いてありません。

4話28比較
4話。出入口横のガラス部分などが改変されていることが分かります。

4話30比較
4話。そういうわけで、きっちりとカット合わせをすることはできません。

4話34比較
4話。柱も省略されています。

4話31比較
4話。こちらは方角でいうと南側、観覧車の乗り場などがある方向です。竜岡科学技術高校宇宙研究開発部の秋月彗部長の初登場シーンですね。

4話36比較
4話。作中に登場している3つ並んだ縦長の案内看板は、11月3日に1枚の大きな看板に張り替えられてなくなりました。もともと、実際のものより作中では小さく描かれている感じなので、きっちりとは一致しませんが。

4話比較
4話。作中では「MarineLland」となっていますが、実際には「Marina circus」という遊園地的な施設がこの通路の向こうにあります。

4話44比較
4話。海側のデッキの3階部分にある「CHERRY BEANS POTATO エスパルスドリームプラザ店」の前のスペースです。チェリービーンズは1982年に静岡市を中心に複数店舗を展開するハンバーガー店です。チェリビの愛称で親しまれ、フライドポテトは静岡市民のソウルフードと言っても過言ではない存在です。

4話45比較
4話。作中ではポテトではなく、きんぴらバーガー的なものを食べてはいましたが…。実際にはこのようなハンバーガーは扱っていませんし、せっかく静岡市に赴いたなら、チェリビのポテトは一度は食べておいた方が良い存在です。なお、奥に見えるのは「ドリームスカイ」という名の観覧車で、1人700円で利用できます。

4話57比較
4話。ここから4枚は3階海側のデッキです。ドリプラの中にはタピオカを扱っている店舗はあるので、そこで購入して再現してみても良いかもしれませんね。

4話58比較
4話。3階海側デッキの南よりの場所です。

4話59比較
4話。3階海側デッキ。1つ上のカットの場所から、北東側をみるとこんな感じなのですが、これはどうやれば作中のような再現ができるのかよく分かりませんでした。改変?だとは思いますが。

4話61比較
4話。3階海側デッキ。これは俯瞰カットなので、一致はさせられません。ドリームプラザにはシネコンも入っていますが、映画の案内はこの場所にはありません。というかガラス張りです。

4話41記事用
4話。店内なので写真は撮影していませんが、これらのカットも実際のドリプラ内にモデルとなる場所が存在します。左は、2階の北西側(第1駐車場との連絡橋側)のエレベーターの前。右は、3階にあるアミューズメント施設「アミュージアム清水店」です。クレーンゲームやプリクラは作中とは一致しませんでした。

7話35比較
7話。1階南側のSEA-sideへの入口です。ドリプラの作中での名称は「SPACE PLAZA」だったんですね。原作でもそうでしたが、宇宙にちなんだ名前に変えるのが本作の特徴。

【ケーヨーデイツー清水店】
星屑テレパス9話22比較
9話。海果が買い物に来ていた「MARS MARKET」という小売店。原作漫画では静岡市駿河区にある「マックスバリュ静岡丸子店」というスーパーマーケットであったが、アニメでは高校などメイン舞台が旧清水市に移ったことで、この店舗のモデル清水区に移った模様。

星屑テレパス9話25比較
9話。店の入口。アレンジがあるが、ロケハンして書いてそうな位には参考にされている感じです。

星屑テレパス9話30比較
9話。店を出た海果が秋月慧が邂逅したのがこの駐輪場。

星屑テレパス9話26比較
9話。右手のバイクに隠れて見えまえんが、作中にあるように、実際に「自転車置き場」という掲示もあります。

星屑テレパス9話27比較
9話。駐輪場前の色のついた歩行者通路なども再現されていることが分かります。右手の街灯も。

星屑テレパス9話29比較
9話。奥に見えるフェンスもアレンジが大きいですが、参考にはしています。

星屑テレパス9話31比較
9話。左手奥の街灯もきっちり再現されています。なお、この奥に見える街灯や木々が見える場所は公園です。ただし、訪問してみたところ、作中の公園とは似ても似つきませんでした。また、本ホームセンターの内部は、4話で登場したホームセンターとは全く一致しません。

【浜田踏切】
星屑テレパス10話10比較
10話。静岡鉄道静岡清水戦の入江岡駅と清水駅の間にある柳宮通り沿いにある踏切です。原作では、静岡市駿河区の用宗踏切でしたが、こちらも例によって清水に舞台が移ったことで、この踏切に変更されました。結構重要なシーンでカット数も多いので、踏切の北側から順に並べています。

星屑テレパス10話6比較
10話。踏切の北側で、北側を向いたカットです。アレンジは大きいですが、この場所をモデルにしたということが自転車走行レーンなどからもはっきり分かりますね。

星屑テレパス10話5比較
10話。踏切の北側で、東側を向いたカットです。

星屑テレパス10話1比較
10話。踏切の北側にある踏切警報器の警報灯。

星屑テレパス10話15比較
10話。踏切の南側だが見えている背景が北側。右手の民家がモデルになっていることが分かります。通りの東側の歩道で、南から北方向を見たカットになります。

星屑テレパス10話23比較
10話。踏切の南側だが見えている背景が北側。

10話先行場面カット1比較
10話。踏切の南側だが見えている背景が北側。こちらは先行カットで出ていたもの。背景の民家から10話放送前に、浜田踏切であることがはっきりと分かるカットでした。

星屑テレパス10話9比較
10話。ここからは静岡鉄道の軌道周辺です。

星屑テレパス10話25比較
10話。東側、つまり新清水駅方面の架線柱です。

星屑テレパス10話17比較
10話。東側にある電柱と遮断棹。

10話先行場面カット2比較
10話。西側、つまり入江岡駅方面の架線柱。

星屑テレパス10話13比較
10話。ここからは踏切の南側です。こちらは西側の歩道から東を見たもの。

星屑テレパス10話8比較
10話。踏切のすぐ南側にある民家。

星屑テレパス10話7比較
10話。同じ家です。

星屑テレパス10話3比較
10話。ここまで3カットほぼ同じあたり。

星屑テレパス10話14比較
10話。車道側から民家の植え込みをみたもの。

星屑テレパス10話12比較
10話。やや南西側をみたもの。

星屑テレパス10話37比較
10話。踏切の南側で、南側を見たカット。

星屑テレパス10話34比較
10話。完璧には位置関係は合わないとは思いますが、道路の反対側の民家もモデルになっている感じです。

星屑テレパス10話27比較
10話。黄色い印象的な看板は「MDちとせ薬局」という調剤薬局の看板。

星屑テレパス10話24比較
10話。カット違い。

星屑テレパス10話16比較
10話。微妙なカット違いも回収したくなるやつ。

星屑テレパス10話39比較
10話。ここからは踏切の南側で地面側に目線の向いたカットです。

星屑テレパス10話28比較
10話。歩道のブロックもしっかり参考になっていました。

星屑テレパス10話26比較
10話。

星屑テレパス10話21比較
10話。

星屑テレパス10話18比較
10話。暗渠なのか電気等の設備なのかは不明ですが、こんな蓋までモデルにされていました。

星屑テレパス10話29比較
10話。俯瞰カットですが、踏切南側の辺りがしっかりモデルになっています。

【ホームセンター】
4話18比較
4話。エスパルスドリームプラザ内には、こうしたホームセンターのような店舗は入居していません。ちなみに作中で出てきたこちらは、アクリサンデーの「知っておきたいプラスチックの特性」の説明パネルだと思われますが、大手のホームセンターでは結構、扱われている商品です。

4話24比較
4話。レジがアップになる描写がありますが、こちらはカインズホームのセルフレジで使用されているものと同一です。写真は、静岡市清水区にある「カインズ清水店」の外観ですが、こちらの店舗とは売り場の様子が一致していません。ドリームプラザ内に店舗のモデルがない以上、清水のホームセンターをモデルにする必然性はないので、制作会社のスタッフの行動範囲、つまり関東のどこかの店舗で撮った写真を資料に作画したものなのだろうと推察します。

【東静岡駅】
星屑テレパス11話2比較
11話。静岡駅のひとつ上り側の隣にあるJR東海の駅です。

星屑テレパス11話10比較
11話。竜岡科学技術高校のモデルとなっている静岡県立科学技術高校に赴く際に待ち合わせ場所として登場しました。

星屑テレパス11話3比較
11話。こちらのカットでは奥にコインロッカーが見えていますが実際にはありません。駅員さんに訊ねたところ、1年位前まではコインロッカーがラッチ内にあったとのことだったので、それかもしれません。もしそうだとすると1年以上前にロケハンをしていたということになります。

星屑テレパス11話6比較
11話。待ち合わせの場所となったのは、改札を出て正面にあるグランシップのインフォメーションの掲示板の前あたりです。

星屑テレパス11話5比較
11話。駅方向を見たカット。

星屑テレパス11話4比較
11話。奥に見えているのは東静岡駅北口公園の車止め。

星屑テレパス11話15比較
11話。俯瞰カットも結構合いますね。

星屑テレパス11話14比較
11話。

星屑テレパス11話13比較
11話。

星屑テレパス11話11比較
11話。床のタイルは作中では正方形になっていますが、実際には長方形でした。

【東静岡駅北口】
星屑テレパス11話27比較
11話。南口は科学技術高校への行きには登場せず、帰りに登場しました。

星屑テレパス11話28比較
11話。奥に見えているのはマークス・アネシスタワーというビルだと思われます。

星屑テレパス11話30比較
11話。こちらも同じビルだと思いますが…右手の端に見えている2本の線は静岡マツダ東静岡駅前店の壁の模様を参考にした?

星屑テレパス11話29比較
11話。路面もしっかり参考になっています。

星屑テレパス11話31比較
11話。駅方向をみたカットです。

星屑テレパス11話32比較
11話。奥に見えているのは東静岡駅北口公園の車止めです。

星屑テレパス11話33比較
11話。俯瞰カットも結構合いますね。

星屑テレパス11話34比較
11話。駅方向を見たもの。左奥に見えるのが南口側に立地しているグランシップです。

星屑テレパス11話1比較
11話。北口の外観は冒頭のカットと帰りのカットで登場。アニメ版では舞台が清水区に移っていることを考えると、科学技術高校の最寄り駅は静岡鉄道の長沼駅なのですが、原作と変更無しとなりました。

【静岡県立科学技術高等学校】
星屑テレパス11話16比較
11話。静岡市葵区にある県立の高校です。原作同様、竜岡科学技術高校のモデルになっています。一見、高校には見えない特殊な校舎の外観がそのまま再現されています。敷地外の通り沿いから撮影しています。

訪問した場所については、下記のマップを参考にして下さい。
漫画版を「赤」、アニメ版を「青」でプロットしてあります。

星屑テレパス(静岡市)【聖地巡礼・舞台探訪】

PXL_20231014_013302676-02.jpeg
=関連記事=
星屑テレパス(アニメ)【聖地巡礼・舞台探訪】
星屑テレパス(原作漫画)【聖地巡礼・舞台探訪】

「まんがタイムきらら」に連載中の大熊らすこ先生の漫画『星屑テレパス』の舞台モデルとなっている静岡県静岡市を訪ねてきました。作中では、舞台が静岡市であることは明示されませんが、主人公らの通う「藤野岬高校」や、ライバル的な扱いのモデルロケットの強豪校「竜岡科学技術高校」が静岡市内の学校をモデルとして作画されており、その他にも市内の風景が登場していることから、静岡市をモデル地として描いている作品であることは疑いがありません。

2023年10月からアニメの放送が予定されていますが、本記事は原作漫画に登場した場所を巡ったもので4巻(第44話)分までを収載しています。概ね西側から東側の順に紹介しています。アニメ版については記事を分けてあるのでこちらをご覧ください。

【藤野岬高校】
ぼかし丸_20230513_180519
第1話「彗星エンカウント」より。主人公、小ノ星海果らの通う高校です。実は1話からいきなり登場していて、外観もそのまんま、校章までそのまま参考に作画されているので、本気で特定しようと思えば、連載1話目から特定は可能だった…というわけです。静岡市駿河区内にある学校がモデルになっています。
アニメ版では、静岡市清水区にある学校が位置モデルとして登場し、校舎の形状はこちらの学校をモデルとし、2つの学校を混ぜたような形になっていました。

ぼかし丸_20230513_175957
第19話「勝敗チキンエッグ」より。校庭と校舎です。この学校が校舎正面だけでなく、学校全体でモデルになっていることが分かります。

ぼかし丸_20230513_175849
第19話より。グラウンド側の校舎外観です。細かい部分は排除して作画していますが、きちんとこの学校をモデルに描いています。

【用宗踏切】
ぼかし丸_20230513_174038
第25話「踏切チョーカー」より。用宗駅近くにあるJR東海道線が長田街道(県道366号)とクロスする場所にある踏切です。多少アレンジはありますが、道路標識が全く同じになっているので、特定は難しくなかったです。

ぼかし丸_20230513_174132
第25話より。踏切の南東側です。描き方が写真から作画したような感じですね。

ぼかし丸_20230513_174158
第25話より。踏切の北西側です。

ぼかし丸_20230513_174322
第25話より。踏切の北西側の歩道から、用宗駅方向を見たものになります。

ぼかし丸_20230513_174420
第25話より。踏切の北西側を踏切の側から北西に見たものです。これはちょっとアレンジが多い感じですね。奥に見えるのは東海道新幹線です。

ぼかし丸_20230513_175350
第25話より。同じく、踏切の北西側です。

ぼかし丸_20230513_174231
第25話より。東海道線の架線柱。

ぼかし丸_20230513_174059
第25話。踏切警報器。こちら、警報灯と方向指示器は作者が参考にした時のものから更新されているかもしれないですね。

【マックスバリュ静岡丸子店】
ぼかし丸_20230513_180025
第22話「惑星グラビティ」より。海果が穂波に言われて買い物にきたスーパーマーケットです。作中では「MARS MARKET」となっています。宇宙を目指す本作のテーマを意識して“火星”と名付けた感じですかね。作中ではかなり簡略化されて描かれていますが、柱の位置やガラス窓の構造などがそのままなので、ストリートビューで確認し、ここだろうという確信はありました。

ぼかし丸_20230513_180111
第22話より。海果と秋月慧が邂逅した駐輪場です。スーパーの外観自体はアレンジがありましたが、現地でこの駐輪場を見たら、このスーパーがモデルであることは疑いがなくなりました。

ぼかし丸_20230513_180148
第22話より。ひとつ上のカットとは逆方向、スーパーの建物側を向いたものです。

【東新田公園】
ぼかし丸_20230513_180608
第22話より。海果と慧がスーパーから移動してやってきた公園です。ここは現状、参考まで…という場所です。ただ、主人公らの通う高校があり他にも複数個所がモデルとして登場している安倍川右岸側にあり、鉄棒とカバの遊具の位置関係が一致しているので、参考にした可能性は結構あるかなと。

ぼかし丸_20230513_180608B
第22話より。作画を見るに、写真から起こしたもののように見えるのですが、奥の木々の様子などが一致していません。ただ、位置関係は合いませんが、この公園には、鉄棒・カバの遊具・丸太の様な遊具という3つの要素が揃ってはいます。カバが移動した可能性もありますが…。なお、2人が腰かけていた木を囲んだ円型のベンチはこの公園にはありません。いずにしても、モデルがあるとすれば、複数の公園を参考に描いているのではと考えています。

【青葉シンボルロード】
ぼかし丸_20230513_180436
第9話「胸裏シークレットベース」より。ロケット研究同好会のメンバーがロケットの資材を買い出しにきた際に集合場所としていたスポットのモデルと思われる場所です。青葉公園などと呼ばれている静岡市役所から西に延びる中心市街地の憩いの場ですが、呉服町通りの西に面した区画に、特徴的なコの字型のオブジェが並んでいてます。時計の形状も違いますし、参考程度ですが、買い出しにわざわざ行くにふさわしい場所と考えられる静岡駅周辺で、こうした形のオブジェはほかにないので、モデルの可能性は結構あると思います。

ぼかし丸_20230513_180347
第9話より。コの字型のオブジェの周辺がチェーンで囲まれているという点も一致はしています。

【JR東静岡駅】
ぼかし丸_20230513_174619
第27話「約束ミッション」より。竜岡科学技術高校のモデルとなっている静岡県立科学技術高校のJRの最寄り駅で、北口が竜岡科技高校を訪問する際の集合場所となっていました。

ぼかし丸_20230513_174458
第27話より。同じく北口付近です。

【静岡県立科学技術高校】
ぼかし丸_20230513_174649
第27話より。作中では「竜岡科技高校」となっています。何気に“竜”を“静”に帰れば、そのまんま静岡なんですよね。同校の「宇宙研究開発部」はモデルロケット選手権の強豪という扱いで、科技高の外観がそのまんま描かれています。集合場所の東静岡駅からは600m程度の場所にありますが、最寄り駅は静岡鉄道の長沼駅です。

【あさはた緑地】
ぼかし丸_20231015_161025
35話より。モデルロケット大会の会場となっていた場所です。背景を見るに富士宮ではないことは明らかだったので、静岡市内のそれなりに開けた大きめな公園で撮った写真を元に作画したのだろうなと睨んではいましたが、まさか麻機だったとは。

ぼかし丸_20231015_160815
35話より。公園だろうなと思っていのたは東屋もそうですが、こういう微妙に後ろに見えている構造物ですね。数々のアニメ・漫画の舞台を特定してきたsgoさんがこのカットなどから場所を見出しました。相変わらず凄いです。

ぼかし丸_20231015_160734
35話より。山の稜線も一致してます。奥に見える構造物は民家です。なお、ここは遊具等もあるような公園のような場所で、実際にモデルロケットの大会をするのは難しいでしょう。

ぼかし丸_20231015_160926
35話より。これも東屋の左手に黒い街灯らしきものがあることが一致しています。その奥に見えているのは新東名です。

ぼかし丸_20231015_160835
35話より。ただ、東屋の屋根の裏側の構造をみると、いまいち一致しない感じです。

ぼかし丸_20231015_160902
35話より。東屋も本エピソード内で微妙に屋根にアールがあるような描き方のものも混在しているので、写真から描き起こしたものと、そうでないものがあるのかなという印象です。

【ルルエミネット】
ぼかし丸_20230930_200014
17話より。作中でケーキビュッフェを食べていたフレンチレストランです。静岡県立美術館に向かう坂の途中にあります。

ぼかし丸_20230930_200138
17話より。カラフルな3つのドアを持つ特徴的な外観を持ったお店なのですが、あえてなのかドアの部分側は描かれていません。と言っても連載はモノクロですが。外観はしっかり一致しています。

ぼかし丸_20230930_200212
17話より。ランチタイムに地元産ポークを使った肩ロース肉のローストをいただきました。時間が早かったためか他に誰もお客さんがいなかったので、店員さんに許可をいただいてモデルと思しきテーブルの写真を撮ってみましたが、内部も参考にはなっていそうな感じですね。

ぼかし丸_20230930_200314
17話より。お店の前のシーンも恐らく店の付近の前の歩道だと思われます。

【幸せの黄金鯛焼き県立美術館前店】
PXL_20230928_103836259-01.jpeg
37話より。上述のルルエミネットのすぐそばにあるたい焼き屋です。作中ではアイスクリームとアボカドみかん味、抹茶大納言味のたい焼きを食べていました。

F8Yd3GnawAA-Zv2.png
アニメ放送の始まった2023年10月上旬頃から作中に登場した「抹茶大納言」味が再現され、ラインナップに加わっていました。

F8Yd4i0bYAAjqda.png
ポスターはアニメ放送前から貼られていました。

【久能海岸】
ぼかし丸_20230513_174910
28話「再戦シーサイド」より。海果らと雷門瞬のロケット勝負の舞台となった海岸です。こちらのカットに描かれている山の稜線と、堤防の法面の構造物が一番のヒントになりました。山の稜線の形から久能海岸沿いであろうと考えていましたが、衛星写真でみてみると、この穴の開いた堤防の構造物がある場所はここ位なのです。

ぼかし丸_20230513_174757
28話より。もう1つの大きなヒントがこのカット。右奥に大きな建築物が写っています。久能海岸は民家はたくさんありますが、こうした大きな建物は少ないので、ひとつ上のカットともに、概ねの場所を導きだすことができました。具体的には、久能山東照宮の参道を海側に向かい国道150号線とぶつかる「久能山下」という交差点の少し東側です。ちょうどこの辺りは海岸に下りることができるようになっています。

ぼかし丸_20230513_175606
28話より。現地に来るまで確信の持てませんでしたが、上記のカットともにこうしたカットをみると、この場所がモデルであるということは疑いがなくなります。右半分の家屋の屋根や柱上の構造物が、作中と同じです。

ぼかし丸_20230513_175003
28話より。久能海岸は「石垣イチゴ」や徳川家康の眠っていた「久能山東照宮」などが有名な、日本平の南側に静岡市駿河区から清水区にかけて延びる長い海岸です。こちらは清水方向に向いています。

ぼかし丸_20230513_175228
28話より。こちらは静岡市駿河区方面を向いたカット。

ぼかし丸_20230513_175112
28話より。本作のメイン舞台となっている、安倍川右岸から高校生が来るには、ちょっと遠い場所ですね。藤野岬高校のモデルとなっている場所からは、10㎞以上離れています。

【三保松原】
ぼかし丸_20230928_202221
41話より。宇宙人から届いた数字を座標値だと考え訪れた松林。付近の地図も作中に登場しており、三保松原付近であることが示唆されています。後述の三保灯台からは2㎞ほどの場所です。Y字に見える二股の松は、根本近くが別方向に曲がった2本の松が重なってそう見えており、最初、全然場所が分かりませんでした。

PXL_20230928_104732874-01.jpeg
41話より。ひとつ上の場所と近くの場所にあります。こちらは真ん中付近にある右に延びた枝がある松を頼りに探し歩きました。その松と左右の松との位置関係などからも、この場所で撮った写真などから作画したことは間違いないかと思います。

【三保灯台(清水灯台)】
ぼかし丸_20230930_195401
本作で最も印象的な場所といえば、第2話以降、頻繁に登場する自称宇宙人・明内ユウが暮らす灯台です。3巻の表紙や、アニメ化が発表された際のキービジュアルも飾っています。この灯台に関しては静岡市内に清水灯台以外にこうした灯台が存在しないことや、ほかに三保地域のカットが登場していることなどもあり、一部の方が清水灯台がモデルというようなことをネットで発信していたためか、いつの間に清水灯台か“聖地”的な扱いを受けるにようになりました。

ぼかし丸_20230930_195334
こうした状況を見かねてか、2023年10月22日に大熊らすこ先生がYouTubeの配信で、モデルにした灯台について言及、この清水灯台について、立地の参考したことを明らかにしました。ただ、立地といっても実際の清水灯台の立地と作中の灯台はかけ離れており、舞台モデルたる静岡市の中では、まあ、一番これが近いところにあるよね…程度のものかと思います。実際、大熊らすこ先生も「清水にある灯台ということで、これが一番近いのかなと思います」という様な微妙な表現でした。というわけでご覧の通り、形状は全く一致しません。

ぼかし丸_20230930_195420
こちらは灯台の正面が見えるところまで回り込んで撮影したものです。では、実際どの灯台がモデルかといえば、ニュージーランドにある「エグモント岬灯台」を外観の参考にしたということです。また、千葉県銚子市にある「犬吠埼灯台」のレンズ室のガラス構造、1等フレネルレンズ、島根県出雲市の「出雲日御碕灯台」の内部の吹き抜け螺旋階段を参考したということで、いくつかの灯台を混ぜて本作の灯台を描いていることが明らかになりました。

ぼかし丸_20230930_195456
なお、清水灯台は1995年に無人化されていますが、作中のようにすでに使われていない灯台ではなく、現役となっています。ちなみに、作中に1895年と読み取れる看板があるのですが、三保灯台が竣工したのは1912年です。

ぼかし丸_20230930_195302
立地している場所も上述の通り作中とはかけ離れていることが分かります。まあ、これで作者公認のモデルのひとつということにはなったので、本作の雰囲気を静岡市内で楽しむには良いかもしれませんね。

【清水西里温泉「やませみの湯」】
ぼかし丸_20230928_202513 (1)
44話より。学校をサボって入っていた温泉です。静岡市清水区の山間部に立地し、学校のモデル地からは凄まじく離れています。

ぼかし丸_20230928_202541
44話より。源泉を汲み上げるポンプが故障しているらしく、現在は井戸水を温めて営業しているそうです。

ぼかし丸_20230928_202633
44話より。 本施設については2023年7月8日に大熊らすこ先生がモデルにしたとX(旧ツイッター)でポストしており、特定作業は必要ありませんでした。

ぼかし丸_20230928_202659
44話より。内部の写真は当然ありませんが、しっかり参考にされていますね。一行が入っていたのは窓の形状から入って左側の浴場。男湯…?とか思ったけれど、ここの温泉は男女の入れ替えしていたような。

ぼかし丸_20230928_202513 (1)
44話より。少し俯瞰気味のカットなのでちゃんとは合いませね。モデルにしたというだけあってほぼほぼそのまんまですが、多少アレンジはある感じです。

PXL_20230928_110234838-01.jpeg
44話より。ひものののぼりが主張しすぎでしたね。

以上、星屑テレパスの舞台をめぐる旅でした。
記事に掲載の場所は、以下のマップを参考にして下さい。
アニメに登場の場所を「青」、漫画に登場の場所を「赤」でプロットしてあります。
プロフィール

スカイDJ

Author:スカイDJ
※2015年春頃までに作成した記事についているMAPがGoogleの何らかの仕様変更で現在閲覧不能になっております。申し訳ございません(_ _)作成者である私自身も地図にアクセスできない状態なのです。

アニメや漫画の舞台を巡って旅する旅行中毒者。B級スポット・離島・神社・水族館なども好物です。

・BTC舞台探訪者コミュニティ関西支部所属
・リンクはご自由に

カウンター
聖地巡礼:アニメ別一覧(五十音順)
最新記事
最新コメント
リンク