京騒戯画(第8話編)【舞台探訪・聖地巡礼】&アニメイト京都イベントレポート

=関連記事=
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼OP編 (高山寺・伏見稲荷大社・渋谷・南禅寺水路閣・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼1話編 (高山寺・鞍馬寺・辰巳大明神・源光庵)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼2話編 (伏見稲荷大社・旧遷喬尋常小学校)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼3話編 (高山寺・鞍馬寺・平安神宮・大徳寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼4話編 (高山寺・京都駅・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼5話編 (高山寺・京都駅・南禅寺水路閣・辰巳大明神)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼5.5話編 (源光庵・知恩院・鞍馬寺・高山寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼6話編 (高山寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼7話編 (高山寺・辰巳大明神・鞍馬寺・東寺・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼8話編 (高山寺・辰巳大明神・京都駅・鞍馬寺・山手西洋館)&感謝祭イベントレポート
※9~10話はモデルのありそうな京都の風景が出てこなかったので記事はありません。

京騒戯画8話1
2013年10月~12月放送の『京騒戯画』第8話「あっちとこっちでもめる話」の舞台探訪です。
放送も後半になるに連れて、新規スポットの登場が少なくなり、8話ではあえて再訪問してカットを取り直すほどのものはありませんでした。とはいえ、話数毎に分けて探訪記を作成してきたので、8話もこれまで通り記事を作成致します。

京騒戯画感謝祭チラシ
また、8話の放送週(東京では水曜日・全国は金曜日)の週末である2013年12月7日に、東京と京都で開催された『TVアニメ京騒戯画 感謝祭 ~京都と東京に鏡都~』というイベントに関しても本記事で報告したいと思います。

【高山寺】
お馴染み、高山寺。一家の住んでいたところのモデルです。今のところ2話以外では毎回登場してますね。
京騒戯画8話3
庭には降りることができないため、縁側から撮影して何とかこのレベルです。

京騒戯画8話4
これはカメラを床すれすれにして撮らなければダメでしたね。

京騒戯画8話6
何度登場すんだ、このアングルw季節毎の窓の外の景色の移ろいから時間の経過を感じさせる演出なのかな。

【辰巳大明神】
京騒戯画8話9
こんなに鳥居は大きくないです。あまり一致せず。というか、1話など過去で登場した際よりやたらでかくなってますw作画ミスかな。比べてみてく下さい。

京騒戯画8話12
@2013 Google
俯瞰したカットですね。周りの様子が全然違います。作中では白川がありませんね。

【二代目京都駅】
京騒戯画8話14
後述する感謝祭イベントの際に京都にある『梅小路蒸気機関車館』を訪問して、展示パネルを撮影して来ました。
その画像を引用させて頂きました。引用画像は昭和20年代の2代目京都駅です。

【鞍馬寺】
京騒戯画8話18
5.5話で出ていた鞍馬寺のカットと同じもののようです。

【山手西洋館】
京騒戯画8話18
八瀬の本拠地のモデルです。
横浜にある「山手西洋館」の外交官の家がモデルです。[※背景坊主(high__k)さんが特定]

【不明のところ】
京騒戯画8話2
過去に幾度も登場しているのですが、やはりモデルらしきものが見つかりません。洛中でお城というと二条城くらいのものかと思いますが、全然一致しませんね。

京騒戯画8話7京騒戯画8話8
これに関しては「北大路地区は全滅」ということで、具体的な単語が出ていましたが、これが北大路界隈ということなのでしょうか。現在の北大路は閑静な住宅街というイメージで、さすがにこんな町屋が並んでいる様な場所はないと思います。

京騒戯画8話13
この松が描かれている部分は能舞台の“鏡板”というものらしいです。京都の能舞台を探してみましたが、あまり似ているものがありませんでした。東京にある梅若能楽学院会館の能舞台が、探した中では一番似ていました。枝のしなり方なんかが全く同じですね。といっても鏡板に描かれている松は、似たようなものばかりでして、モデルがあるかは不明です。


◆『TVアニメ京騒戯画 感謝祭 ~京都と東京に鏡都~』於:アニメイト京都 イベントレポート◆
2013年12月7日(土)に、東京と京都の2都市でイベントが開催されました。
イベントと云っても、アニメガ新宿アルタ店とアニメイト京都の店内に特設コーナーが設置されたというだけなのですが。
CIMG2571.jpg
訪問してきたのは、アニメイト京都です。
ありがたいことに撮影OKだったので、紹介しようと思います。

CIMG2532.jpgCIMG2535.jpg

CIMG2536.jpgCIMG2537.jpg

CIMG2534.jpgCIMG2539.jpg
絵コンテですね。入り口入ってすぐ左側が特設コーナーになっていました。


CIMG2551.jpg

CIMG2542.jpgCIMG2543.jpg

CIMG2540_20131209200147684.jpgCIMG2544.jpg

CIMG2555.jpg
今回のイベントでは、会場で関連商品を購入すると、キャストサイン入りの林祐己氏特別描き下ろし色紙などが当たる抽選に参加できる一番くじの抽選サイトのIDをもうらことができました。その景品の色紙ですね。
全部で6名様に当たるとのことだったので、残り3枚は東京会場に展示されていたのだと思います。
CIMG2558.jpgCIMG2557.jpg
もちろん、はずれましたw

CIMG2560.jpg
また、会場で1,000円以上購入するごとに『狐面紙細工』『イベント限定湯呑み』の当たる抽選会に参加することが出来たのですが、当たったのは狐面紙細工でした。壁に掛かっているやつです。
CIMG2564.jpg
関連グッズの展示コーナーです。

CIMG2565.jpgCIMG2566.jpg

CIMG2568.jpg
3月に一番くじが発売されるみたいですね。
今回は、イベント限定の300円の一番くじがあったので4回引いてきました。
全部、末等(3等)だったw
その戦利品がこちら↓
CIMG2643.jpg
この300円のイベント限定一番くじは、京まふ2013でも販売してましたね。

CIMG2572.jpg
イベントはこんな感じでした。
驚いたのは、特設コーナーに来てグッズを購入していくのが、女性ばかりだったということです。
15分位現場にいたと思いますが、男性で特設レジに並んでいたのは私だけでした。
アニメイトという場所柄もあるのかもしれませんが、これはかなり意外でした。

以上です。なんとか、各話毎の記事を書きあげることができました。9話~10話は京都の風景は出てこなかったので、8話の本探訪記事が京騒戯画探訪の最終記事になります。
京都だけでなく、東は渋谷・横浜、西は真庭まで、思いの外広範囲の訪問が必要な作品となりました。
一作品をここまで詳細に記事にしたのは実は初めてでした。カット数がそんなに多くないので、ちょうどいい感じで愉しかったです。


より大きな地図で 京騒戯画(舞台探訪・聖地巡礼) を表示
スポンサーサイト

京騒戯画(第7話編)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼OP編 (高山寺・伏見稲荷大社・渋谷・南禅寺水路閣・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼1話編 (高山寺・鞍馬寺・辰巳大明神・源光庵)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼2話編 (伏見稲荷大社・旧遷喬尋常小学校)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼3話編 (高山寺・鞍馬寺・平安神宮・大徳寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼4話編 (高山寺・京都駅・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼5話編 (高山寺・京都駅・南禅寺水路閣・辰巳大明神)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼5.5話編 (源光庵・知恩院・鞍馬寺・高山寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼6話編 (高山寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼7話編 (高山寺・辰巳大明神・鞍馬寺・東寺・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼8話編 (高山寺・辰巳大明神・京都駅・鞍馬寺・山手西洋館)&感謝祭イベントレポート
※9~10話はモデルのありそうな京都の風景が出てこなかったので記事はありません。

2013年10月放送スタートの『京騒戯画』第7話「母が帰還してついでに父も帰還した」の舞台探訪です。
今回も割と沢山の場所が出てきました。
当ブログの記事としては、東寺のカットが新規のものとなっています。

【高山寺 石水院】
一家の住まいのモデルになっている高山寺石水院。
再三登場している場所なので、今回は3カットのみの比較としておきます。
京騒戯画7話20
今回は夜のシーン。春夏秋冬、色々な風景で描かれているカットですね。

京騒戯画7話31
障子が作中では右に寄せられています。形も微妙に違う。

京騒戯画7話26
これは、作画ミス発見!ってやつです。何故か、縁側の外側に柱があるのです。そんな構造の建物はさすがにないでしょうw 
↓他のカットを見ても、ちゃんと柱は縁側の内側に位置してます。
京騒戯画7話33

【辰巳大明神】
伝統的建造物群保存地区である祇園新橋の巽橋近くにある神社です。
京騒戯画7話35
かなりアレンジされてます。右手の町屋が並ぶ雰囲気などは似ていますね。

【鞍馬寺】
京騒戯画7話7
鞍馬寺の仁王門ですね。5.5話の聖地巡礼企画で、角度違いのカットが“京騒戯画なりのアレンジ”で描かれた鞍馬寺と紹介されていたので、間違いなく鞍馬寺がモデルです。しかしながら、全くもって一致しませんねw
モデルといわれて、改めて見ても、やっぱり別物にしか見えないのですが…

【東寺】
五重塔で有名な真言宗系のお寺です。京都駅から歩いても15分位じゃないでしょうか。
京騒戯画7話1
五重塔は本作では1話から幾度も登場していました。京都には幾つか五重塔があるので、何処のお寺のものかなぁとは思っていたのですが、周辺部分がはっきりと登場して、東寺だなと確信が持てました。

京騒戯画7話5
壁の形もよく似ています。そもそも、こういう開けた平地部分にある五重塔は京都では東寺だけですね。
作中では、路面電車が走っていますが、実際この位置は京都市電の軌道があった場所になっています。
上が東になっています。右下に東寺があります。
Shiden.jpg
※画像引用元 ウィキペディア 「京都市電 路線図 昭和6年」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Shiden.jpg


京騒戯画東寺塀京騒戯画東寺歩道橋
こんなところに横断歩道はありませんし、周辺の様子は大分違っています。
南側の塀の外側にお堀があったりします。

【山手西洋館】
京騒戯画7話9
横浜にある山手西洋館の外交官の家ですね。ここも幾度も登場しています。
八瀬の住んでいる洋館のモデルです。
京騒戯画7話11
残念ながら外観のみで、内部は一致しません。外観も結構改変されてますけどねw

以上で、7話の比較は終わりです。


より大きな地図で 京騒戯画(舞台探訪・聖地巡礼) を表示

京騒戯画(第6話編)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼OP編 (高山寺・伏見稲荷大社・渋谷・南禅寺水路閣・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼1話編 (高山寺・鞍馬寺・辰巳大明神・源光庵)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼2話編 (伏見稲荷大社・旧遷喬尋常小学校)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼3話編 (高山寺・鞍馬寺・平安神宮・大徳寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼4話編 (高山寺・京都駅・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼5話編 (高山寺・京都駅・南禅寺水路閣・辰巳大明神)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼5.5話編 (源光庵・知恩院・鞍馬寺・高山寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼6話編 (高山寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼7話編 (高山寺・辰巳大明神・鞍馬寺・東寺・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼8話編 (高山寺・辰巳大明神・京都駅・鞍馬寺・山手西洋館)&感謝祭イベントレポート
※9~10話はモデルのありそうな京都の風景が出てこなかったので記事はありません。

2013年10月放送スタートの『京騒戯画』第6話「二人が計画し一人が悩む話」の舞台探訪です。
5話までに数多くの場所が登場しましたが、6話では高山寺石水院以外の登場はありませんでした。
石水院と思しき場所では今までにないカットが結構出てきておりましたけども。

【高山寺 石水院】
京騒戯画6話20
これは作中登場のカットが架空のものだと思います。ただし、斜めの格子が石水院をイメージしてつくられているということだと思います。

京騒戯画6話22
ひとつ上のカットと同じで、石水院を正面から見て左手あたる部分を写真に収めてます。
あくまで、イメージした程度というところですね。石水院に台所はありませんのでw

京騒戯画6話6
石水院内で大きな改変といえば、この部分ですね。

京騒戯画6話1

京騒戯画6話2

京騒戯画6話3

京騒戯画6話8

京騒戯画6話18

京騒戯画6話11

京騒戯画6話29

京騒戯画6話31

京騒戯画6話27
このカットなんですが、多分、この廊下の部分を庭側から見たものだと思うのです。
石水院では下に降りることができないので、回収のしようのないカットなのですが。

京騒戯画6話9
「仏眼仏母像」です。掛けてある位置が全然違うんですよね。

京騒戯画6話25
「鳥獣人物戯画」です。



より大きな地図で 京騒戯画(舞台探訪・聖地巡礼) を表示

京騒戯画(第5.5話編)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼OP編 (高山寺・伏見稲荷大社・渋谷・南禅寺水路閣・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼1話編 (高山寺・鞍馬寺・辰巳大明神・源光庵)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼2話編 (伏見稲荷大社・旧遷喬尋常小学校)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼3話編 (高山寺・鞍馬寺・平安神宮・大徳寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼4話編 (高山寺・京都駅・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼5話編 (高山寺・京都駅・南禅寺水路閣・辰巳大明神)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼5.5話編 (源光庵・知恩院・鞍馬寺・高山寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼6話編 (高山寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼7話編 (高山寺・辰巳大明神・鞍馬寺・東寺・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼8話編 (高山寺・辰巳大明神・京都駅・鞍馬寺・山手西洋館)&感謝祭イベントレポート
※9~10話はモデルのありそうな京都の風景が出てこなかったので記事はありません。

2013年10月放送スタートの『京騒戯画』第5.5話「京都実録篇」の舞台探訪です。
この回は5.5話という話数設定からも分かる通り、本編とは関係ないナビ番組のようなものです。
作中に登場した場所を声優さんが紹介しながら巡るという内容で、公式サイト曰く「アニメ史上初の実写!」の聖地巡礼番組というわけです。
京騒戯画5半4
私の知る限りだと「夏色キセキ」を放送していた静岡の放送局SBSが、番組終了直後に水島監督と舞台となった下田の地を訪ねるという舞台探訪番組がローカルで放送されたことがありましたが、本編と同様扱いで、しかも放送中にこういった番組内容のものが放送されるのは、史上初のことだと思います。
京騒戯画5半2
本作では様々な場所がモデルとして登場していますが、5.5話の中で紹介されたのは「源光庵」「知恩院」「鞍馬寺」「高山寺」の4カ所でした。
5.5話内での紹介カットと共に、各お寺を紹介しようと思います。

【源光庵】
京騒戯画5半5
第一話に登場。一家が住んでいた場所のモデルは高山寺ですが、その内部にあるという設定なのが、源光庵の「悟りの窓」と「迷いの窓」です。重厚感のあるBGMと共に、明恵と古都の心象を上手く表現した巧みな演出でした。
京騒戯画1話追加14

京騒戯画1話追加15

【知恩院】
京騒戯画5半12
ここはPVで登場してたと番組内で云われていたので、本編では未登場かと思われます。本作はTVシリーズとは別にウェブアニメ版もあるので、そちらの登場のものと、どうもこの5.5話は一緒くたになって紹介している感じがあります。ここは、モデルだとこの番組の中で紹介されたので、間違いなくモデルということになりますが、言われなければ絶対に気付かないと思います。実際に並べても見ても、これがモデル?という感じで全然一致してませんw
京騒戯画5半15

知恩院比較
“京騒戯画なりのアレンジ”だと紹介されていました。舞台探訪者泣かせのモデルですねw
全景はこんな感じです↓
知恩院比較2
実写と比較写真を並べるのははじめてのことですw
左が吽役の白石涼子さん、右が新人声優の中山恵梨香さんです。

【鞍馬寺】
京騒戯画5半16
鞍馬率いる科学集団の本拠地が鞍馬寺という設定になっています。本殿と山門が作品で登場します。

鞍馬寺比較1
山門ですね。これもTV版本編では未登場カットですね。ウェブ版かPVだと思われます。
“京騒戯画なりのアレンジ”で描かれているそうですが、全然一致しませんw

京騒戯画5半19
これも本編未登場カット。5.5話という扱いなのに本編で登場しないカットが登場するってどういうことなんでしょうね…。ここは他のカットもあって、3話で登場していますが、本殿はそれなりに一致します。

【高山寺】
京騒戯画5半23
一家の住んでいた場所のモデルで、実在の明恵上人ゆかりのお寺です。1話から再三にわたって登場する場所です。
石水院比較
国宝に指定されている石水院。
京騒戯画5話21
参道です。

京騒戯画5半26
石水院にある「明恵上人樹上座禅像」。石水院は受付に確認しましたが撮影OKでした。

京騒戯画5半29
高山寺から宮司役の矢尾一樹さんが合流します。思っていたよりファンキーな方ですw

京騒戯画5半30
仏眼仏母像です。明恵上人の描いたウサギを古都へと変えた存在ですね。
作中では下記の様なキャラになっていました。
京騒戯画5半31

京騒戯画5半33
鳥獣人物戯画です。本作のモチーフのひとつとなっている絵巻物です。

アニメの“聖地巡礼”というものが注目されるようになって5年以上が経つのでしょうか。
まさか、作り手側が意識して、アニメ本編の放送中にこうした番組が作られることになるとは思いもしませんでした。
非常に興味深い放送内容でした。

この5.5話では、3日間にわたってロケが行われたそうですが、実際この4つのお寺を廻るだけでも1日では足りないと思います。
特に高山寺は洛中から大分離れており、バスもそう本数がないという場所にあります。
主要スポットを軽く巡るだけでも、1泊2日はかかるものと思ってスケジューリングして頂いた方がいいかと思います。
結構カット数の多い辰巳大明神なんかは街中にあって訪問しやすいのでオススメです。


より大きな地図で 京騒戯画(舞台探訪・聖地巡礼) を表示

京騒戯画(第5話編)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼OP編 (高山寺・伏見稲荷大社・渋谷・南禅寺水路閣・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼1話編 (高山寺・鞍馬寺・辰巳大明神・源光庵)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼2話編 (伏見稲荷大社・旧遷喬尋常小学校)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼3話編 (高山寺・鞍馬寺・平安神宮・大徳寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼4話編 (高山寺・京都駅・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼5話編 (高山寺・京都駅・南禅寺水路閣・辰巳大明神)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼5.5話編 (源光庵・知恩院・鞍馬寺・高山寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼6話編 (高山寺)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼7話編 (高山寺・辰巳大明神・鞍馬寺・東寺・山手西洋館)
「京騒戯画」舞台探訪・聖地巡礼8話編 (高山寺・辰巳大明神・京都駅・鞍馬寺・山手西洋館)&感謝祭イベントレポート
※9~10話はモデルのありそうな京都の風景が出てこなかったので記事はありません。

2013年10月放送スタートの『京騒戯画』第5話「若き三男の悩みと始まりと終わり」の舞台探訪です。
5話では1~4話に登場済みの場所の周辺しか出てきませんでした。
アングル違いなど新規カットは勿論ありますけれども。

【高山寺】
1話から登場のお馴染みの高山寺。一家の住んでいたところのモデルです。
紅葉シーズンの高山寺は超ハイシーズンなので、訪問にはご注意ください。
京騒戯画5話21
OPでも登場している参道の階段。

京騒戯画5話22
一枚目の比較でもそうなのですが、作中の方が階段部分が実際より横に長くなっている様に感じます。というか、木も実際より太めに描かれている感じでうまく合いません。

京騒戯画5話46
国宝の石水院。実は、現在の場所に移ったのは明治22年のことで、結構最近です。

京騒戯画5話47
というわけで、後ろの山々の風景はモデルとは云えないのかもしれません。

京騒戯画5話48
本作の聖地という意味では、この石水院が登場回数、カット数とも一番多いですね、今のところ。


【2代目京都駅】
4話で初登場となった、2代目京都駅(1914~1950年)です。
今回は駅ホームや駅周辺、さらに列車のカットも登場しました。
京騒戯画5話5
※右画像引用元 ウィキペディア 「Kyoto Station Early Showa」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kyoto_Station_Early_Showa.jpg
2代目京都駅舎。4話でもほぼ同様のカットが登場しています。

京騒戯画5話25
※右画像引用元 ウィキペディア 「Kyoto station and C10steam rocomotive in 1938」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:JGR_Kyoto_station_and_C10steam_rocomotive_in_1938.jpg
2台目京都駅のホームです。雰囲気はかなり近いですね。

京騒戯画5話3
列車内。写真は大阪にある交通科学博物館で撮影しました。「昭和30年代の旅」というコンセプト展示のとこにありました。まあ、雰囲気だけw

京騒戯画5話29
※右画像引用元 ウィキペディア 「京都市電Img547」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E9%9B%BBImg547.jpg
京都市電です。これ、凄く似ているんですが、たまたま同じ系統の車両なんですかね?自分は鉄男さんではないので、よくわからないのですが。それより、周辺の建築物が当時を再現しているのか気になるところです。

なお、比較用として用いた駅舎・ホーム・京都市電の画像は、著作権フリー又は著作権法の定めるところにより、著作権が失効しているものを、ウィキペディアから引用・編集致しました。問題があれば削除します。


【南禅寺水路閣】
水路閣自体はモデルになっている感じですが、周辺の様子は全く一致しないです。
こちらはOPに1カットだけ登場していましたが、5話で本格的に登場したことにより、水路閣をモデルにしたのだろうと確信できました。
京騒戯画5話45
南禅寺はこんなに広大なところではありません。

京騒戯画5話38
橋脚と人の大きさから比べると、作中の水路閣は実際より大分大きめに描かれている感じがします。

京騒戯画5話40
このカットのデザインを観ると水路閣のそれとよく似ていることが分かります。

京騒戯画5話42
作中の再現はできませんねw

京騒戯画5話43
水路閣自体もかなり長めになっている感じがします。

【辰巳大明神】
1話で登場済みの場所です。作中でも「辰巳大明神」の文字があるので間違いなくここがモデルですが、大まかな形しか一致しません。
京騒戯画5話16
う~ん、やっぱなんか違うw

京騒戯画5話19
まあ、周辺の風景が違うのは仕方ないですかね。神社の左側は実際はこんな感じです。有名な「巽橋」が見えていますね。

京騒戯画5話11
と思うと、神社右手側の町家は雰囲気が現在の辰巳大明神と近いのです。

京騒戯画5話16
まあ、こんな感じ。

京騒戯画5話17
実際には腰掛けているところの段差は存在していません。

京騒戯画5話13
アップになってみると、本当に細かい部分が全然違っているのが分かります。

京騒戯画5話14
全体の雰囲気だけ見ると、似ているんですけどね。

京騒戯画5話10
神社周辺は、こんな感じです。

【5話:未特定の場所】
京騒戯画5話34
未特定というか、これはモデルなんかないと思いますけれども。
京都でこの感じで堤防があるとすると、桂川しか思いつかないので、近くを通りかかったら比較して並べてみたいと思います。



より大きな地図で 京騒戯画(舞台探訪・聖地巡礼) を表示
プロフィール

スカイDJ

Author:スカイDJ
※2015年春頃までに作成した記事についているMAPがGoogleの何らかの仕様変更で現在閲覧不能になっております。申し訳ございません(_ _)作成者である私自身も地図にアクセスできない状態なのです。

アニメや漫画の舞台を巡って旅する旅行中毒者。B級スポット・離島・神社・水族館なども好物です。

・BTC舞台探訪者コミュニティ関西支部所属
・リンクはご自由に

カウンター
聖地巡礼:アニメ別一覧(五十音順)
最新記事
最新コメント
リンク