FC2ブログ

プラネット・ウィズ(浜松)【舞台探訪・聖地巡礼】

2018年7月~9月に放送された水上悟志先生原作のオリジナルアニメーション『プラネット・ウィズ』に登場したモデルを訪ねて来ました。
本作では具体的な都市のモデルはなかった…ということで良いかと思いますが、いくつか静岡…というか、遠州地域ネタが盛り込まれておりました。
それ自体は、モデルで間違いないでしょうが、浜松が舞台の作品かというと、そういう感じではなかったです。
あくまで、参考までですが、以下、比較画像です。

【浜松アクトタワー】
プラネット・ウィズ5話0
浜松駅前にある複合施設、アクトシティ浜松の中核を成すタワーです。作中では、国民安全管理局の入っているビルとなっていました。こちら、楽器の街、浜松らしくハーモニカをイメージした建物になっています。

プラネット・ウィズ5話1
さすがにこの建物自体はアクトタワーがモデルで間違いないと思いますが、周辺の様子なんかは、仮にアングルを同じにしても合わないと思います。

【炭焼きレストランさわやか】
プラネット・ウィズ2話2
静岡県内にしか展開していないものの、知名度だけはすっかり全国区になった静岡のローカルレストラン“さわやか”です。
作中では“やわらか”になっていました。さわやかの発祥の地は菊川ですが、現在の本社は浜松市にあります。
これが、上述の建造物がアクトタワーであることを指示する理由になっていますし、プラネット・ウィズの舞台、浜松説が序盤で巻き起こった原因でしょう。

プラネット・ウィズ2話1
しかしながら、全店舗グーグル先生のストリートビューで検索しましたが、こちらの外観に一致する店舗はありません。
写真は掛川市にある店舗でとりあえず代用しました。

というわけで、浜松風のものが2点、序盤から出てきていたので、浜松市が舞台モデルの作品なのかと色めき立ちましたが、特にほかには浜松要素はなかったですね。
作品の性質上、特に具体的な町をモデルにする必然性もなかったですし、これで良かったのだと思うのですが、だとすると、なぜ、アクトタワーとさわやかが登場したのか、とても気になります…と先生はおっしゃっている。

ローカル女子の遠吠え(静岡県)【舞台探訪・聖地巡礼】

作成中…

=関連記事=
きっと愛され女子になる!(沼津)【舞台探訪・聖地巡礼】

「まんがタイムスペシャル」にて、2014年10月号より連載中の4コマ漫画『きっと愛され女子になる!』の舞台を訪ねて来ました。本作の著者、瀬戸口みづき先生は焼津のご出身で、静岡を舞台にした静岡あるある満載の作品になっています。

比較画像は東から順に紹介します。

■静岡県東部
【三島スカイウォーク】
作中では「三島の大吊橋」3巻

【河津七滝】
2巻。大滝

【東海道新幹線新富士駅】
3巻109P下りホーム

【富士山本宮浅間大社】
3巻。初詣に行った場所。4巻の表紙にもなった。

■静岡県中部
【三保の松原】
1巻・2巻

【久能山東照宮】
2巻

【登呂遺跡】
3巻あとがき

【JR静岡駅新幹線改札】
2巻。名々伏との待ち合わせ場所。

【JR静岡駅新幹線ホーム】
1巻下りホーム。

3巻、「模型の世界首都へようこそ」の看板。

【竹千代君像】
3巻。

【徳川家康公之像】
3巻。

【葵タワー】
3巻。

【新静岡セノバ】
2巻。七間町の映画館がシネコンになったことを述べているカット。

【駿府城】
3巻84P

2巻のあとがき。徳川家康像。

【静岡浅間神社】
3巻。楼門

【青葉公園】
2巻。戦後、おでんの屋台がたくさん並んでいたとのこと。

【青葉横丁】
P_20181128_160947_vHDR_Auto.jpg

2巻。作中ではおでん横丁とだけ表記されている。こちら側の入口のカット。

【駿府銀座発祥の地】
2巻。

【七間町通り】
P_20181128_161041_vHDR_Auto.jpg

2巻。この辺りから信号の反対側を眺めたカット。

2巻。映画館が立ち並んでいた頃の回想シーン。現在はその景観は失われている。

【丸子紅茶】
4巻69P

【焼津黒潮温泉足湯】
1巻あとがき。焼津市は作者の出身地。

【焼津さかなセンター】
1巻。作中では「さかなセントラル」

【牧之原台地
1巻。具体的な場所は不明。

【大井川】
1巻。牧之原台地に向かう途中で登場。どの橋を渡っているところかは不明。

【大井川鐡道新金谷駅】
3巻101P

【川根温泉】
3巻102P。SLが見える温泉。

【寸又峡夢の吊り橋】
3巻104P

■静岡県西部
【粟ヶ岳】
3巻96P

【浜松城】
3巻84P

イングレス INGRESS THE ANIMATION (静岡県菊川市)【舞台探訪・聖地巡礼】

2018年10月からフジテレビのアニメ枠『+Ultra』の第一弾として放送中の『INGRESS THE ANIMATION』に登場した静岡県菊川市の舞台を訪ねて来ました。
3話では、ヒューロンによる陰謀の証拠があると思われる京都に新幹線で向かうわけですが、刺客に追われ新幹線を緊急停止させた誠とサラが降り立った地が静岡県菊川市でした。

【菊川市吉沢79付近】
3話1
誠とサラが新幹線を飛び降りたあと、最初に登場するのがこの場所です。

3話2
そのあと登場する神明神社のすぐ東側あたりの場所になり、このカットの左先に神明神社が見えています。
車道に出ないと正確なカット合わせはできませんが、かなり忠実に再現されていることが分かります。

【立ヶ谷橋付近】
3話4
誠とサラを追って新幹線を出たジャック・ノーマンが潜んで、ニヤリとしていた場所。誠とサラが出てきたいひとつ上のカットより、少し東側に位置しています。

【神明神社】
3話6

3話7

3話8

3話9

3話14
強力なポータルであるという神社。ここに社を建てた人はXMの存在を感じていたらしいです。
ここまで見てお分かりの通り、かなり忠実に再現されています。登場した菊川のスポット、いずれもストリートビューでも確認できる場所ですが…ロケハンまでしてるなんてこと、ありますかね。

【矢田部橋】
3話15
サラがヒッチハイクをしようとした場所です。ここから少し場所が変わります。神社から1kmほど離れた場所で、県道79号線というこの付近では一番、車通りが多いであろう道です。神社からの位置関係からいっても、自然な流れだと思います。

【WindSocks・セブンイレブン菊川倉沢店付近】
3話10

3話11

3話12
ジャック・ノーマンが次に現れた場所は、なんと5km以上離れた場所でした。移動手段の確保のため…ということでしょうが、5kmも西側に徒歩で戻ったんですかねwそして、登場しているこのお店「WindSock」さんですが、実際にバイク屋さんでした。作中のカットからすると、バイクは購入?したんでしょうかね。

ということで、菊川のカットは以上です。
菊川って今まで、何かの漫画やアニメに登場したことありましたでしょうか。
特に何もないですが、山と茶畑に溢れた、素敵な町ですので、興味があったら強力なポータルを見にいってみて下さいな。
DSC_0254.jpgDSC_0268.jpg

新幹線変形ロボ シンカリオン(熱海)【舞台探訪・聖地巡礼】

=関連記事=
新幹線変形ロボ シンカリオン(大宮)【舞台探訪・聖地巡礼】
新幹線変形ロボ シンカリオン(熱海)【舞台探訪・聖地巡礼】

平成30年1月よりTBS系列で放送されている『新幹線変形ロボ シンカリオン』の第31話、エヴァンゲリオンとのコラボで話題になった「発進!!シンカリオン 500 TYPE EVA」に登場した熱海を訪ねてきました。
本作では29話「海へ!!敵の電波信号を探れ」でも熱海が登場しており、2度目の登場となります。

それでは、作中登場順に比較画像です。

【熱海駅】
31話17
平成28年に新しくなった駅舎ですね。ちょっと撮影の角度がよく分からず。

31話19
改札を出たところ。

31話21

31話20

31話22
駅前の看板の色、現在の看板と同じですね。

31話23
熱海にキングシトエル…キング使徒エルが出現するというわけですね。

31話27

31話28

31話29
あの看板のモデルはスルガ銀行だったのですね…

31話30
このシーン、作画が何か妙です。右の案内看板の付き出た部分、作中ではなぜか券売機の様なものになってしまってますね。

31話43
エヴァの世界観ということで、東海道本線の起点は国府津駅になっているみたいです。

ということで、熱海は以上です。
31話では熱海以外にも静岡県が登場しており、沼津市にある妙泉寺というお寺裏にある跨線橋なんかも出てきますので、近い内に行ってみたいものです。

深海少女(沼津)【舞台探訪・聖地巡礼】

『少年マガジンR』で連載され完結済みの稲葉誠先生の漫画作品「深海少女」の舞台たる沼津市を訪ねて来ました。
本作品の舞台は日本一深い湾“駿河湾”に面し、深海魚グルメや海水族館など、深海生物を町おこしをに活用している町でもあります。

メインの舞台であり、聖地とも言うべき場所は、タケルとヒカリが再開する静浦漁港の堤防かと思いますが、静浦漁港は関係者以外立入禁止ってでかでかと書いてある場所なので、訪問していません。
立入禁止の筈ですが、有名な釣りスポットだったりするので…Googleマップの360° パノラマ写真でも堤防の様子を見ることができますが、こちらがモデルになっていること自体は間違いないでしょう。

ということで、沼津の市街地エリアだけですが、比較画像です。

【沼津駅】
P_20180729_134338_vHDR_Auto.jpg
駅舎です。そのまんまですが、意外とアングルが合わせ切れませんでした。

P_20180729_134358_vHDR_Auto.jpg
沼津駅前の再開発ビル“イーラde”です。

P_20180729_134422_vHDR_Auto.jpg
駅前のロータリー、バス乗り場がある場所です。

P_20180729_134348_vHDR_Auto.jpg
南口を出た正面の横断歩道を渡ったあたりにある国鉄C58形蒸気機関車の動輪と記念碑。

【沼津港】
P_20180729_134704_vHDR_Auto.jpg
沼津港の二番線、「魚河岸丸天 沼津 魚河岸店」の前あたりから南方向を見た図ですね。

ということで、回収してきたのは以上です。
他にもちらほらと沼津のあすこかなぁ…という場所が出てきてはいますが。

沼津が主要舞台のコンテンツがここ最近、やたら多いですが、一体なぜなんでしょう…
「深海少女」
「ラブライブ!サンシャイン!!」
「キャッチャー・イン・ザ・ライム」
「きっと愛され女子になる!」
数年の間にここまで沼津がモデルになるなんて、何か理由があるんでしょうね…
DSC_0427.jpg
プロフィール

スカイDJ

Author:スカイDJ
※2015年春頃までに作成した記事についているMAPがGoogleの何らかの仕様変更で現在閲覧不能になっております。申し訳ございません(_ _)作成者である私自身も地図にアクセスできない状態なのです。

アニメや漫画の舞台を巡って旅する旅行中毒者。B級スポット・離島・神社・水族館なども好物です。

・BTC舞台探訪者コミュニティ関西支部所属
・リンクはご自由に

カウンター
聖地巡礼:アニメ別一覧(五十音順)
最新記事
最新コメント
リンク